JANNET 障害分野NGO連絡会

ここから本文

What's NEW

▼ JANNET研究会のお知らせ

ここまで来た、防災への障害のインクルージョン!
- 国連防災世界会議直前、新しい世界防災の枠組みと開発的視点での課題 -

日時:2015年2月27日(金) 18時〜21時
会場:戸山サンライズ 2階大研修室A
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
TEL 03-3204-3611、FAX 03-3232-3621
主催:障害分野NGO連絡会(JANNET)
後援:特定非営利活動法人国際協力NGOセンター(JANIC )

【趣旨】

第3回国連防災世界会議が3月14日から18日まで仙台で開かれます。この会議では兵庫行動枠組みが改定され、そこに障害が含まれた内容になることは間違いありません。日本ではJANIC(国際協力NGOセンター)が中心となって、防災世界会議へのCSO(市民組織)のネットワークができ、NGOの声を集約して提言してきています。

この度JANNETは2名の講師をお招きし、研究会を開催します。防災世界会議に向けてCSO全体の動きはどこまできているのかについてJANICの堀内 葵さんに、そして、障害者が含まれる防災計画、準備の活動については、アジアで実践してきたNGOマルティーザ・インターナショナルの可児さえさんにお話しいただきます。可児さんはDiDRRN(障害インクルーシブな災害リスク削減ネットワーク)という国際ネットワークの中心的な一人としても国際的に知られています。

防災と一言で言っても先進国と途上国とでは現実が大きくかけ離れています。途上国での防災は開発という視点抜きには語れません。また、国レベルの防災政策と地域・コミュニティレベルの防災とでも視点が異なります。草の根レベルでのインクルージョンが起こらなければ、いくら世界レベル、国レベルでインクルージョンを語っても実際に救える命は救えないのではないか、そのような観点から、可児さんには現在ベトナムで行っている障害インクルーシブなコミュニティ防災に関するプロジェクトについても語っていただきます。

この機会に障害インクルーシブ開発を、防災を切り口として考えてみませんか。皆様のご参加をお待ちしております。

◆参加費:会員500円、非会員1,000円、学生500円
◆情報サービス:日本手話通訳、要約筆記(ノートテーク)、点字プログラムなどを用意しますのでお申込みの際お知らせください。(参加申込書にて)

★会の内容と申込方法については下記をご覧ください。

JANNET研究会(2月27日)


3月11日に東北・関東地方は未曾有の大地震に見舞われ、たくさんの貴重な命が奪われました。被災された皆様、そのご家族様には心よりお見舞い申し上げます。


■ Head LINE

障害のある人の権利に関する条約 仮訳

■ What's JANNET

JANNETは、障害分野の国際協力に従事するネットワーク型NGOです。

JANNET規約

JANNET役員

総会報告

JANNETでは、会員団体・個人を募集しています。ご連絡をお待ちしてます。

■ NGO Members

JANNETには、障害分野で国際協力活動に従事している日本のNGOが正会員・賛助団体として 34団体加盟しています(2013年4月現在)、また、JANNETの活動は個人会員の方にも支えられて います。

JANNET加盟団体リスト

Library

過去のJANNET NEWS LETTERを読むことができます。

Links

障害分野の国際協力に関係する機関などのリンク集です。