岡山県盲導犬友の会

 このホームページを見てくださったみなさん、ありがとうございます。
会としての集まりができていなかったり、
イベントに参加するチャンスも少なくなっていることで、
ホームページの更新ができていなくて、ごめんなさい。
 今回は、トップページだけでもと思い書き込みをします。

 今年は、補助犬法成立20年です。
5月22日で20年になりました。
国会議員さんや、補助犬のユーザーさん、補助犬にかかわっている方々など、
100名余りが議員会館に集まり、シンポジウムが5月20日に開催されました。
法成立から、20年間の歩み、そして未来へ向かってのユーザーさんのメッセージが
発表されました。
スムーズに受け入れをしてくれた医療機関の紹介や、
受け入れてもらった時の医療機関との交渉の経過などの報告もあり、
拒否事例ばかりでなく、スムーズに受け入れてもらえた時の体験談も
学びになりました。
わたしは今回初めて、シンポジウムに参加しました。
参加できたこともよかったことではあるのですが、
久しぶりにユーザーさんとお会いできたことも良かったことです。
コロナ禍での生活の様子や、近況報告など、
話題は尽きることなく、時間切れになってしまうくらい話しました。
その中でも、共通の話題になったのは、コロナの中でも、親切に声をかけてくれたり、
誘導をしてくれるみなさんには感謝したいねえということでした。
暮らしている地域は違っていても、
障碍者や補助犬に理解を持ってくれる人がいらっしゃることはわたしたちユーザーが
暮らしていく上で、安心できることです。
これからも理解していただくための努力をしていきたいと思いました。
 以上、最近の出来事でした。

岡山県盲導犬友の会


私たち岡山県盲導犬友の会は、岡山県における盲導犬の普及、並びに盲導犬に対する県民の理解を促進するとともに、会員相互の親睦を図るために活動しています。
これらの取り組みを通じて、全視覚障害者の自立に貢献することを目指しています。
この会は、岡山県在住の盲導犬使用者をはじめ、この会の趣旨に賛同し、目的を達成するために活動しようとする者によって構成されています。

盲導犬7

昭和55年3月よリ高梁ライオンズクラブ主催でレストランやその他の施設を会場に、
行われてきた「岡山県盲導犬を語る会」に出席していた盲導犬使用者が、互いに親睦を
図り共に活働していける会を作ろうということになり、話し合いを重ねた結果、
平成2年6月に「岡山盲導犬友の会」として発足しました。
当時7頭だった県内の盲導犬も現在で20頭近くになり、会の名称も
「岡山県盲導犬友の会」と改め、会員相互の親陸会や研修会、地域のみなさんに盲導犬や目の不自由な人への理解を求める活動などを行っています。


岡山県盲導犬友の会へのお問い合わせは、
fuliizia2000@yahoo.co.jp
にお願いします。

   このページへのご意見 お問い合わせ は、
airy.maie@gmail.com
にお願いします。







メニュー   ここから、このページのメニューです。
    お知らせ
    活動報告            
盲導犬使用者の声
身体障害者補助犬法について
    盲導犬の一生
     盲導犬使用者に出会ったら
    全国の盲導犬協会
    音声ガイドマップ