日本盲人福祉研究会(文月会)の事業概要

文月会とは

 昭和36年7月、大阪で誕生しました。「7月」にちなんで、略称「文月会」としました。


目的は

 「盲人に対する大学の門戸解放」、「学習上での問題解決」、「就職の相談」、「学術の研究」、「親睦と相互扶助」等です。


主な活動は

  1. 全国を対象に、盲人の大学進学希望調査、ならびに合格者の把握。
  2. 「盲人に全ての大学の門戸解放」運動。
  3. 入試時や学習上での、物心両面にわたる問題解決の為の援助。
  4. 盲大生や専門職に従事しようとする人たちのテキスト等、学術専門書保障の為に、専門の点訳・朗読ボランティアの養成。
  5. 盲大卒者の、就職相談や援助。
  6. 盲人ならびにその関係者に、視覚障害に関する研究や情報を提供する為の雑誌、『視覚障害 − その研究と情報』(年6回、点字・墨字[編集者注:一般の文字のことを点字に対してこのように呼びます]・テープ・フロッピー)の同価格・同時発行。
  7. 盲人の文化向上と社会の啓発の為の、点字や墨字図書の収集と出版、ならびに各種講演会の開催。
  8. 盲人の、教育・福祉の向上発展に寄与する、独創的・実践的研究に対し、研究費の助成を行い、その成果の普及。
  9. 必要に応じて、各種の資料収集や調査研究活動。
  10. 盲人の職域拡大をはかる為、「視障雇用連」等、友好団体との協力。
  11. 大学の学内試験や、公的機関からの点訳・朗読の受託。
  12. 「富士点訳等介助盲大生」の推薦とその運営、ならびに「聖明・朝日盲大生奨学生」の推薦。
  13. 国等、公的機関やマスコミ、社会への情報の提供と資料の収集。
  14. 視覚障害者支援総合センターに所属する、ボランティアグループ「視覚障害者支援総合センターを支える会」の運営。
  15. 毎年、7月例会(総会と研修会)の開催。
  16. 会員の親睦を深める為の、各種会合の開催。
  17. 会報、会員や学生の名簿の作成。

会員は

正会員と賛助会員があります。正会員は、本会の主旨に賛同される方。賛助会員は物心両面にわたって協力して下さる方で、いずれの場合も、晴・盲に関係ありません。

会費は

正会員は、年額5,000円。但し、学生とそれに準ずると認められた人は、3,000円です。賛助会員は、年額5,000円以上です。

入会方法は

郵便振込用紙に住所、氏名、使用文字、学校・学部(学生の場合)電話番号を書いて会費をご送金下さい。

〒167  東京都杉並区上荻 2-37-10 Kei ビル3F
TEL 03-5310-5051
FAX 03-5310-5053
振替口座 00160-4-16103

ここをクリックすると文月会ホームページにもどります。