全国脊髄損傷者連合会 山形県支部 脊損山形

ホーム>>プロジェクト活動>>平成30年度実施分

令和元年度【全面青色プロジェクト】活動報告

 山形県支部会員の発案で始まり、平成17年から山形県条例の「さらに望ましい基準」(PDF『駐車場整備基準』参照)になっている障害者用駐車場の「前面青色」活動を今年も行っております。

 

8/24 八栄島地区地域活動センター

 この日は活動センター職員と公民館長・ボランティアで参加してくれた子供たちとその父兄で2台分の青色駐車場の塗り替えを行いました。

 


 

9/5 鶴岡市中央児童館

 駐車場のラインや青色駐車場は施設管理者が塗り替えを行うのが当然と思うが、日常業務の中で行うのはなかなか大変。

 この施設も例外ではなく、前回まで高校生に声がけし再塗装を行ってきましたが、今回は障害者団体『鶴身連』に協力をお願いし、原田久民さん、佐藤武さん、佐藤義昭さんの3名の方に来て頂き再塗装を行いました。

 



 

9/5 産直あさひグー

 ここは山菜やキノコなど山の幸が豊富な産直施設で定期的に行っている「やまのごっつおまつり」が大人気の産直です。

 この日は施設組合員の伊藤文一さん、ボランティアでお願いした渡部秀一さん、帯刀春男さんの3人で2台分の駐車施設を再塗装しました。

 

 


 

9/19 櫛引福祉センター

 積雪の多い地域の青色駐車場は隔年ごとに再塗装していますが、ここも例外ではなく極端に薄くなっていました。

 当日は櫛引身障協役員の蛸井喜市さんと福祉センター職員で身障協会事務局を担当している鶴巻さんの2人で塗り替え塗装しました。



 

10/6 王祇会館

 国の重要無形民俗文化財に指定されている『黒川能』(http://kurokawanoh.com/)関連のお面や装束等が常時展示されているこの施設は、多目的ホールや研修室があることで、地域の方だけでなく、県内県外問わず多くの方が来られる施設です。

 そんな施設にある駐車場のラインと青色駐車場の塗り替え作業を、櫛引地区高校生ボランティアサークル『NO-SIDE(ノーサイド)』メンバー7人と車いすユーチューバーMacoさん(https://www.youtube.com/channel/UCMdx4o_DamjWCX0wKqs7Gwg)で塗り替えをしました。