新着情報
Let's!アクセス
会報「明日へ」
リンクと総合情報
バリアフリーBoard

トップページに戻る
奈良にアクセス!
奈良地域路線図
奈良地域路線図 マーク解説
アクセスレポート
アシトド(マスコット)奈良地域の車椅子アクセス状況取材を通じて車椅子での移動が大変スムーズに出来る地域だとうらやましく感じています。それを実現しているのが、奈良県内ほぼ全域に鉄道ネットワークをもつ近鉄。一般通路がスロープ状になっている駅が多く、またエレベーターの設置にも熱心に取り組まれており、さらに駅員さんの介助レベルにもグレードの高いものを感じます。JRも桜井駅などで乗客用エレベーターを設置されていたりと幾つかの駅は利用可能ですがその差は歴然です。

奈良公園観光にはバスが便利奈良観光で注目すべきは近鉄奈良駅・JR奈良駅・大仏殿・春日大社前を循環する路線バスの一部にリフト付きのものが導入されていること。狭い範囲の循環のため本数も多く、坂の多い奈良公園観光には大変便利です。

主要駅のアクセス解説

<近鉄奈良駅>
駅ビルの一般エレベーターで地下のコンコース階へ、さらに駅員さんに誘導してもらって業務用エレベーターでホームに、車椅子対応トイレはコンコース階にあり。
<JR奈良駅>
駅員さんの誘導でホーム端の路線横断スロープ通路を利用できるが、かなり急な部分もある。車椅子対応トイレは改札口の外にあり。
<奈良交通リフト付路線バス>
近鉄奈良駅・JR奈良駅と大仏殿・春日大社前を循環する系統に導入されている。車椅子スペースは2台分。奈良観光にとても便利。
<JR天理駅&近鉄天理駅>
高架駅であるJR天理駅には荷物用エレベーターが有り、事前に駅に連絡すれば利用可能。近鉄天理駅は地上にあり水平移動でホームにアクセス可能。
<JR桜井駅&近鉄桜井駅>
JR桜井駅・近鉄桜井駅共に乗降客用エレベーター、車椅子対応トイレ有り。
<近鉄郡山駅>
上下線とも一般通路がスロープ状。近鉄にはこのような駅が多数見うけられ大変使いやすい。
<JR郡山駅>
東西を結ぶ連絡橋にエレベーターがあり、そのおのおのの入り口に車椅子用スロープ通路がありブザーを押して鍵を外してもらい利用できる。JR奈良線・城陽駅などでもみられる、エレベーターの設置数を少なくしようとするアイデアであるが、初めての方には分かり難いと思う。
<JR王寺駅>
改札口から平行に行けるホーム、路線横断型スロープ通路のあるホーム、階段のみのホームの3つのホームがある。階段のみのホームは主に和歌山線の列車に使われているそうだが時間帯によってまちまち。この駅を使わずに利用するならばそれなりの事前研究が必要では?
<近鉄王寺&近鉄新王寺駅>
両駅はJR王寺駅をはさんで少し離れているが、どちらの駅ともわずかなスロープでホームにアクセス可能。
<近鉄大和八木駅>
橿原線ホームは一般通路がスロープ状に、南大阪線・吉野線ホームには乗降客用エレベーターがある。改札口内に車椅子対応トイレ有り。京都方面か吉野へ行く場合この駅で乗り換えることとなる。
<近鉄生駒駅>
乗降客用エレベーター、車椅子対応トイレ有り。大阪地下鉄中央線にはこの駅で乗り換える。
*注意*
この記事は平成8年から平成9年にかけての取材データにもとづいています。地図はあくまで略図であり、すべてのアクセス可能駅を表しているわけではありません。今後工事等によって変わる所もあるかと思いますが、是非とも御自身の車椅子でお確かめ下さい。

右から選択してください目次に戻る滋賀にアクセス!
京都にアクセス!
大阪にアクセス!