新着情報
Let's!アクセス
会報「明日へ」
リンクと総合情報
バリアフリーBoard

トップページに戻る

「ガンバ湖北」 元駐日イスラエル大使との交流会
5月下旬、「ガンバ湖北」は思いがけない「虎姫町子育て支援協会」より、元駐日イスラエル大使、アシェル・ナイム氏との交流会の話が舞い込んできました。
6月11日、会員17名、関係者15名、総勢32名と元駐日イスラエル大使との交流会を開崔することができました。
英語には自信のある私ですが、英語の方言が多く、結局通訳のお姉さんにお願い
して楽しいひとときを持つことが出来ました。イスラエルという国は、ドン・パチが激しく、治安が不安定というイメージが強く感じられますが、アシェル・ナイム氏のトークとビデオで改めて、イスラエルの素晴らしさがイメージチェンジされました。
砂漠に近い無草の地を緑ゆたかに変え、米以外は自給自足の国にも出来るようにもなった。果物、野菜は勿論、食べ物に事欠くことがないそうです。
そこには、さまざまな要因があるようです。毎年、ノーベル賞が幾人もの方が受賞されますが、ほとんどの方がユダヤ系の方だそうです。暮らしが豊かであれば、自然と世の中が安定し、子供の教育も充実してきます。アシェル・ナイム氏はイスラエルのユダヤ式教育の秘話を話されました。
日本人は常に仕事が優先するが、イスラエル人は「家族・子供」が最優先とし子育てに対する姿勢が日本と異なることを指摘されました。「国づくり、すなわち、人づくり」子育てがいかに重要かを熱弁され、我々、会員もうなづくばかり・・・

前のページに戻る 目次に戻る 次のページに進む

記事に関するお問い合わせは
sekison@fukushi-shiga.comまで。