電話でのお問合せ
018−864−2780
ファックスでのお問合せ
018−864−2781
 障害者110番


 事業の概要

 障害者110番は、障害者の権利擁護にかかる相談に対応するため相談窓口を常設し、内容に応じて弁護士等による相談チームを編成し専門相談を行うほか、必要に応じて専門機関に依頼することにより、障害者が抱える問題を解決し、福祉の増進を図ります。

 なお、平成31年度からは障害者110番の機能は従来通りとしながら、障害を理由とする差別に関する相談にも対応することによって、相談機能の拡充を図っています。




 常設相談窓口の設置

障害者110番では、担当の相談員が来所や電話相談に対応します。電話相談は、祝祭日、年末年始を除く毎週月曜日から金曜日の午前9時から午後4時までです。

時間外は、留守番電話とファクシミリで対応しています。

専用電話 018−863−1290

専用FAX 018−863−1296




 相談内容の具体例

生命、身体に関する危害

財産に関すること

相続関係

金融、消費、契約関係

雇用、勤務条件関係

職場、施設での人間関係

隣人、知人との人間関係

家族、親族との人間関係

障害を理由とする差別に関すること

※これらは相談の一例です。障害者110番では、そのほか小さな悩みや問題にもプライバシーを守り対応いたしますので、お気軽にご相談ください。



 弁護士による専門相談

障害者110番では、毎月第3火曜日の午後1時から午後3時まで、秋田弁護士会に所属する弁護士による専門相談を実施しています。

専門相談は、事前の申し込みが必要です。詳しくは、秋田県障害者社会参加推進センターにお問合せください。

令和2年度の弁護士による専門相談日は次のとおりです。

期日 令和2年 4月21日(火)
令和2年 5月19日(火)
令和2年 6月16日(火)
令和2年 7月21日(火)
令和2年 8月18日(火)
令和2年 9月15日(火)
令和2年10月20日(火)
令和2年11月17日(火)
令和2年12月15日(火)
令和3年 1月19日(火)
令和3年 2月16日(火)
令和3年 3月16日(火)
時間 13時00分から15時00分まで
会場 県心身障害者総合福祉センター内秋田県身体障害者福祉協会相談室 アクセスはこちら



 リンク

秋田弁護士会ホームページ
障害を理由とする差別の解消の推進について[美の国あきたネット]



 お問合せ

 秋田県障害者社会参加推進センター

  〒010-0922
  秋田県秋田市旭北栄町1番5号
  TEL 018−864−2780
  FAX 018−864−2781

  E-mail suishin-c@akita.eeyo.jp



← 実施事業に戻る




トップページ実施事業障害者110番

心いきいき芸術・文化祭障害者福祉展サービス管理責任者研修書道・写真全国コンテスト障害者防災マニュアル

センター概要アクセス更新履歴

Copyright (c) 秋田県障害者社会参加推進センター All Right Reserved.