電話でのお問合せ
018−864−2780
ファックスでのお問合せ
018−864−2781
































第33回秋田県身体障害者福祉大会の開催について
(平成26年5月21日掲載、6月12日更新、7月24日更新)




記念事業2



 日時


 平成26年7月24日(木)10時30分から12時00分まで




 場所


 秋田県民会館(秋田市千秋明徳町2番52号)



 参加範囲


 県内に居住する身体障害者、身体障害者相談員、民生児童委員、社会福祉関係者、青年会議所関係者、ロータリークラブ関係者、ボランティア等



 その他


 第33回大会は、式典(第1部)と体験発表、大会宣言・決議採択(第2部)の2部構成で、昨年度まで開催した芸能大会(第3部)は実施しません。



 画像
































 スローガン


 一、障害者差別解消法により社会的障壁をなくし、障害者の権利の実現と尊厳の推進を求めよう

 一、障害者雇用の場の確保と就労支援施策の充実を求めよう

 一、地域活動への積極的な参画で自立促進と組織強化を図ろう



 大会宣言


 国連の採択からおおよそ7年の月日を経て、障害者権利条約の締約国(ていやくこく)となった今、県内各地から参加した多くの皆様とともに、第33回秋田県身体障害者福祉大会を盛大に開催することができた。

 平成18年に障害者権利条約が国連で採択され、批准(ひじゅん)に向け障害者基本法の改正、障害者総合支援法及び障害者差別解消法の成立など国内法の整備が着実に進んだ。本年1月20日に条約が批准(ひじゅん)されたことは大きな喜びであり、障害者運動の弾みとなった。

 障害者権利条約の発効(はっこう)は、ゴールではなく、新たなスタートであり、条約理念に基づく障害関連のあらゆる分野が着実に施行され、障害者福祉の向上をめざさなければならない。

 秋田県身体障害者福祉協会に結集する私たち障害者は、障害者権利条約批准(ひじゅん)を機とし、障害者施策のさらなる前進と、障害の有無に関わらず、個人の尊厳を尊重し認め合い、差別のない共生社会の実現のため、一致団結して行動することを誓い、ここに宣言する。


 平成26年7月24日


 第33回秋田県身体障害者福祉大会



 大会決議


 私たちは、本大会を契機に、より一致団結を図るとともに、自立と共生の社会づくりの実現を目指し、この大会において次のことを決議する。

 一、障害者差別解消法により社会的障壁をなくし、障害者の権利の実現と尊厳の推進を

 一、障害者雇用の場の確保と就労支援施策の充実を

 一、地域活動への積極的な参画で自立促進と組織強化を図る

 以上決議する。


 平成26年7月24日


 第33回秋田県身体障害者福祉大会



 ダウンロード


 ・開催要綱 (掲載終了)
 ・大会次第 (掲載終了)
 ・参加申込書 (掲載終了)



 リンク


 ・秋田県身体障害者福祉大会の概要[秋田県身体障害者福祉協会]

 ・開催会場[秋田県民会館]



 問合せ


 社会福祉法人秋田県身体障害者福祉協会

 〒010−0922
 秋田市旭北栄町1−5
 TEL 018−864−2780
 FAX 018−864−2781
 E-mail infoakita@mua.biglobe.ne.jp



ホームに戻る | お知らせに戻る | このページのトップに戻る




ホーム | 法人の事業 | お知らせ | 会報「身障秋田」 | 市町村協会 | ダウンロード

御下賜金 | 秋田県身障福祉大会 | 軽スポレク大会 | ジパング倶楽部

法人の概要 | 情報公開 | 関係リンク | アクセス

Copyright (c) Akita Prefecture handicapped Welfare Association All Right Reserved.