令和元年度 主任相談支援専門員養成研修資料について

公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会では、令和元年12月9日から12月13日の5日間、厚生労働省の委託事業として、「主任相談支援専門員養成研修」を開催しました。2018年3月22日厚生労働省告示第115号及び第116号に基づき、外部委員を加えた検討委員会において研修内容の協議を重ね、都道府県から188名の参加者を推薦いただき研修会を開催することができました。関係各位のご協力に感謝いたします。
本研修会で使用した資料を掲載いたしますので、今後開催が予定されている都道府県での「主任相談支援専門員養成研修」においてご活用ください。

1.資料ご使用の際の留意点

本資料は、研修終了後見直しを行い、語句等若干の修正を行っています。
本資料は、都道府県で研修を実施する上での参考資料であるため、転載や再配布は行わないでください。
本資料類から引用する場合には、出典(令和元年度主任相談支援専門員養成研修)を明記するとともに、任意の改編等を行った場合にはその旨を記載してください。

2.研修資料は以下からダウンロードしてください

プログラム 資料
【ガイダンス】本研修の獲得目標等について
【講義】主任相談支援専門員の役割と視点
【講義】障害福祉の動向
【講義】相談支援事業所における運営管理
【講義】人材育成の意義と必要性
【講義・演習】人材育成の地域での展開
【講義・演習】人材育成の地域での展開(演習資料)
【講義・演習】研修・グループワークの運営方法
【講義・演習】個別スーパービジョン(演習資料)
【講義】スーパービジョンの理論と実際
【講義・演習】グループ・スーパービジョン(演習資料)
【講義】地域共生社会の実現
【講義】基幹相談支援センターにおける地域連携
【講義・演習】多職種協働(チームアプローチ)の考え方と展開方法
【講義】地域援助技術の考え方と展開技法
【講義】地域援助の具体的展開
<都道府県職員>【情報共有及び意見交換】
巻末資料
事前課題