視覚障害者が障害を意識せず暮らすことが出来る社会の実現を目指します。

東京都盲人福祉協会
ここから本文

活動報告

令和1年11月15日〜令和2年1月14日までの活動報告


11月28日
笹川、遠藤両役員は、日視連スポーツ協が企画している来年5月5日の視覚障害者スポーツのイベント・グランドソフトボール開催会場を確保するため、北区の教育委員会をたずね、十条富士見中学のグランドと体育館使用について申し入れを行った。

11月30日
都盲福祉センターで理事会を開催、新年交流会や関東ブロック大会への参加、来年6月に仙台で開かれる全国大会、令和2年度運動方針・事業計画に対する意見聴取などを行った。

12月3日
女性部会では都盲福祉センターで、常任委員会、部長会等を開き諸案件について協議した。

12月4日
橋副会長は北区支部の理事会に出席、第52回東京都盲人福祉大会の開催について協力を要請、北区支部の格別のご配慮により来年10月12日に王子駅前の北とぴあで開催することを了承してもらい、今後事業部と協議を推進することとした。

12月6日
品川区のきゅりあんで開かれた、関東運輸局東京支所の会合に笹川会長が出席し、視覚障害者の立場から交通安全確保について意見を述べた。

12月7日
日盲福祉センターで開かれた、日視連スポーツ協のイベント会議に遠藤組織部長が出席し、諸案件について協議した。

12月8日
笹川会長は講道館で開かれた、第34回全国視覚障害者柔道大会に出席し、パラリンピック参加の選手を激励した。

12月9日
荒川区のホテルラングウッドで、障害者の日記念第39回ふれあいフェスティバルが開かれ、長年にわたり朗読ボランティアとして活躍してこられた榛葉千津子さんが自立支援功労者として都知事賞を受賞した。なお今回は、自立生活者はゼロ、未だかつてない結果だった。

12月13日
都盲福祉センターで開かれた、日視連関東ブロック委員会に笹川、橋の正副会長が出席し、諸案件について協議決定した。

12月16日
東京地裁で開かれた、あん摩師等法第19条問題に対する判決に、笹川、古村、的野、河野の担当役員他、会員有志が出席し、「原告の訴訟却下」を確認した。

12月21日
都盲福祉センターで正副会長会を開催、当面する諸問題について協議した。

12月25日
笹川会長と山本事務局長は、京成電鉄からの要請を受け同社幹部職員を対象に視覚障害者に対する接し方や誘導法などについて研修した。

12月25日
会員有志は、NHK厚生文化事業団の招待を受け、NHKホールで開かれたベートーベン作曲の交響曲第9番を鑑賞し有意義な一時を過ごした。

12月26日
都盲福祉センターで、このほど中国で開発された読書機器「エンゼルアイ」の実証実験を行い、その実用性について研修した。
【この機器は眼鏡のふちに取り付けられた小型カメラで、A4版サイズの文字を読み取り、音声化する機器。価格は19万8千円で、よむべえと同価格。自治体によっては日常生活用具扱いとなっている。】

12月28日
事務所仕事納め

1月6日
事務所仕事始め

1月7日から12日
新宿区、足立区、世田谷区、北区、杉並区、練馬区の各支部で開かれた新年交流会に正副会長が出席し、新春を寿ぐとともに会員との交流を深めた。

「またもホームから転落死」
去る1月11日の午前0時50分ごろ白杖をついた視覚障害者がJR京浜東北線日暮里駅でホームから転落し入ってきた列車にはねられ死亡した。本会では事故現場確認のため同駅を訪ねたが現場は教えてもらえなかった。本会の会員ではなかったため詳細については新聞記事で知る程度だが足立区に住んでいる方でサラリーマン風の方だったという。本会ではJR東日本に面会を申し入れ抗議文を手渡す予定。
それにしてもこのところホームからの転落事故が頻発しており単独歩行をしている方はホーム上の歩行については慎重を期していただきたい。

Copyright © 2012.Tomoukyou. All Rights Reserved.