視覚障害者が障害を意識せず暮らすことが出来る社会の実現を目指します。

東京都盲人福祉協会
ここから本文

活動報告

令和2年1月15日〜令和2年2月14日までの活動報告


1月16日から2月6日
板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、墨田区、台東区、港区、小平市の各支部ならびにNPO法人TOMO、都身連の新年会に正副会長が出席、新春を寿ぐとともに会員との交流を深めた。

1月17日
千代田区のアルカディア市ヶ谷で受賞者祝賀会ならびに新年交流会を開催、都知事賞を受賞した榛葉千津子さんと視覚障害者陸上で早々とパラリンピックの出場権を獲得した高田千明さんをご招待するとともに会員多数が参加し、盛大な交流会となった。

1月21日
東京体育館バリアフリー検討会に笹川会長が出席し、改修状況を確認した。

1月23日
正副会長は、JR東日本東京支社を訪ね、去る1月11日に日暮里駅で発生した視覚障害者のホームからの転落死亡事故について、事故防止を確認するとともに今後の事故防止を推進するための要望書を提出した。

1月27日
故平山様から本会への一部寄贈について、本間司法書士らと会合し、今後の取り扱いについて協議した。

1月27日
聖明園の本間会長が来所され、来る3月23日に有楽町の朝日ホールで開かれる小林ハルさんの映画試写会へのご招待を受けた。

1月31日
女性部会ではバスハイクを兼ねた新年会に橋副会長が出席、新春を寿ぐとともに部会員との交流を深めた。

2月2日
都盲福祉センターで常任理事会を開催、当面する諸問題について協議した。

2月2日
シルバー部会では、港区の東京都障害者福祉会館で研修会ならびに新年交流会を開催、参加者が定員をオーバーするような盛会ぶりだった。

2月4日
北区の遠藤、神長、鈴木の正副会長は、笹川会長とともに北区区役所区長室で花川区長と面会し、今年10月12日に開催される第52回東京都盲人福祉大会について、名誉大会長へのご就任と大会へのご協力を依頼し、ご了承を得た。会場は王子駅前の北とぴあ。

2月7日
吉田副会長は、有明アリーナのバリアフリー検討会に出席し、多くの問題点を指摘し改善を求めた。

2月12日
例年タンデム事業にご協力いただいているau損保から伊藤副会長が来所され、10万円のご寄付をいただいた。本会からは笹川会長、担当の伊藤理事、山本事務局長が出席した。なお本年はオリパラ大会のため11月以降に開催される予定。

2月15日
都盲福祉センターで正副会長会を開催、今後のスケジュール等詳細について協議した。

2月16日
都盲福祉センターで、はり、きゅう、マッサージの療養費支給申請について研修会を開催、会員有志多数が出席、今後の取り組みについて研修した(はり、きゅう、マッサージの療養費支給申請制度が抜本的に改正されたことから、今後の取り組みや推進について意見交換した。)

2月23日
川崎市のかながわサイエンスパークで開かれた、日視連関東ブロック協議会川崎大会に役員ならびに会員有志が参加し、生活、バリアフリー、職業、青年、女性の各分科会に出席し、活発に活動した。なお同大会は当初23、24の両日に開催予定だったが、コロナウイルス問題で急遽1日に短縮され実施された。次回は千葉市で開催の予定。

3月5日
都盲福祉センターで、故 時任基清氏をしのぶ会を開催、関係者多数が参加し、在りし日の面影をしのびご冥福を祈った。

3月7日
都盲福祉センターで理事会を開催、1.臨時代議員会開催の件 2.令和2年度運動方針・事業計画ならびに予算案について審議決定した。

3月11日
都盲福祉センターで支部長会を開催、1.臨時代議員会開催について、2.令和2年度運動方針・事業計画ならびに予算案について協議した。

Copyright © 2012.Tomoukyou. All Rights Reserved.