第43回総合リハビリテーション研究大会

コロナ危機下での障害のある人

−総合リハビリテーションの視点から−

大会チラシのダウンロード (PDF 2,156kb)

日時 2021年10月2日(土) 9:30〜17:00
会場 オンライン開催(Zoomウェビナー)
参加費 1,500 円

※手話通訳、要約筆記、テキストデータ(視覚障害・読字障害等のある方) あり
主催 公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
後援 (順不同・申請中を含む)
内閣府、厚生労働省、文部科学省、国土交通省、経済産業省、(福)全国社会福祉協議会、(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構、日本障害フォーラム、(公社)日本リハビリテーション医学会、(公社)日本理学療法士協会、(一社)日本作業療法士協会、(一社)日本言語聴覚士協会、全日本特別支援教育研究連盟、(公社)日本社会福祉士会、(公社)日本精神保健福祉士協会、(公社)日本介護福祉士会
生涯学習 日本作業療法士協会生涯教育制度ポイント
日本言語聴覚士協会生涯学習ポイント
開催趣旨 昨年度は開催が延期された本大会では、本年は「コロナ危機」をテーマに、障害者権利条約などに基づく国際的な動向も踏まえながら、障害当事者の方々の暮らし方へのインパクト、ならびに、リハビリテーション分野の専門職の方々による対応などについて話し合います。ポストコロナに向けて、障害当事者の方々のニーズにより適切にこたえ得る、総合リハビリテーションのあり方について、次に繋がる一定の方向性が見いだせることを願っています。

■お申込み・お問い合わせ

お申込み方法などについては、こちらをご覧ください。

<お申込み方法について>


公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会
「第43回総合リハビリテーション研究大会事務局」
162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
TEL:03-5273-0601 FAX:03-5292-7630
Mail:rehab@dinf.ne.jp


プログラム (順不同・敬称略)
第1部
09:30〜09:40 主催者あいさつ
 (公財)日本障害者リハビリテーション協会会長 炭谷 茂
09:40〜10:00 本大会の経緯と趣旨について
 実行委員長 松井 亮輔 日本障害者リハビリテーション協会副会長
10:00〜10:50 基調講演 国連における新型コロナウイルスと障害者に関する対応など
 伊東 亜紀子 国連経済社会局 障害者権利条約事務局チーフ

11:00〜12:30

パネル1「コロナ危機と障害者:その暮らし方がどうかわったか」

パネリスト
 篠原 三恵子 NPO法人筋痛性脳脊髄炎の会 理事長
 藤原 久美子 DPI女性障害者ネットワーク 代表
 後藤 強   社会福祉法人ゆたか福祉会 理事・法人本部長
 久松 三二  一般財団法人全日本ろうあ連盟 事務局長
 家平 悟   障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会 事務局次長

コーディネーター
 藤井 克徳 NPO法人日本障害者協議会 代表

12:30〜13:30 昼休み

第2部

13:30〜15:00

パネル2「コロナ危機とリハビリテーション」

パネリスト
 松矢 勝宏 東京学芸大学 名誉教授
 丹羽 真一 福島県立医科大学会津医療センター精神医学講座 特任教授
 吉川 一義 金沢大学人間社会研究域学校教育系 教授
 矢本 聡  東日本国際大学健康福祉学部 教授
 高岡 徹  横浜市総合リハビリテーションセンター センター長

コーディネーター
 大川 弥生 元(独)国立長寿医療研究センター生活機能賦活研究部長

15:00〜15:10 休憩

15:10〜16:25

パネル1・2のパネリストによる対話

共同コーディネーター
 藤井 克徳  大川 弥生

16:30〜16:55 総合リハビリテーションのあり方に関する検討会 中間報告
 伊藤 利之 横浜市リハビリテーション事業団 顧問
16:55〜17:00 閉会あいさつ
 日本障害者リハビリテーション協会常務理事 君島 淳二
閉会

 

<TOPページに戻る>