第38回摂食指導講習会案内

「食べること」は、単に生命維持のための栄養を確保するだけでなく、身体的・精神的・社会的発達にも深い関わりがあります。
本講習会は、特別支援学校等に在籍している障害の重い子どもの摂食指導に関して、基礎的・基本的な知識と指導技術、評価方法等についての研修を行うものです。
最初に、長年にわたり日本肢体不自由教育研究大会のセミナー「障害の重い子どもへの摂食指導」の講師を務められ、現在も障害のある子どもの歯科治療を実際に行っておられる 芳賀 定先生 の講義を通じて、摂食・嚥下機能の発達過程や摂食・嚥下障害についての基礎的・基本的な理論を学びます。また、特別支援学校等において、障害の重い子どもの摂食指導に中心的にかかわってきた経験豊富な教員等を講師に迎え、摂食指導の具体的な内容・方法についての講習を行います。
感染防止のため受講者同士が接触しての実習は行わず、感染症対策を十分に行った上で、実施いたします。食べることに困難のある子どもにかかわる方々を対象とした研修です。ぜひご参加下さい。

◆主  催 

特定非営利活動法人 日本肢体不自由教育研究会
社会福祉法人 日本肢体不自由児協会

◆後  援
 (予定)

全国特別支援学校肢体不自由教育校長会

◆期  間

令和3年8月27日(金)9:45〜18:30、28日(土)9:00〜16:30

◆会  場

国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟会議室
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3番1号  TEL:03−3649−2525

◆受講資格

全期間受講でき、食べることに困難のある子どもにかかわる方

◆定  員

55人(先着順)

◆受 講 料

日本肢体不自由教育研究会 会 員:11,000円(資料・教材費を含む。)
                   非会員:14,000円(資料・教材費を含む。)

受付締切

8月20日(金)

講  師
(予定)

【特別講師】
芳賀  定 芳賀デンタルクリニック湘南院長
【講  師】
阿部 晴美 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
吉川 知夫 国立特別支援教育総合研究所総括研究員・言語聴覚士
木村 直美 東京都立北特別支援学校主幹教諭
武井 純子 東京都立墨東特別支援学校主幹教諭
                上記のほか、特別支援学校教諭等、複数名

日   程

8月27日(金)
@受付・開講式、
A特別講義(摂食指導の基礎知識)、
B講義(過敏と脱感作・鼻呼吸)、
C実習(姿勢の取り方・介助の基本)
8月22日(土)
@講義(固形物摂取・液体摂取・バンゲード法・食物形態、
A演習(児童生徒の実態の評価と指導計画の作成・事例研究)、
B講義(リスク管理)、
C閉講式


詳細については、年度末に本研究会のホームページ等でお知らせします。


リンク:ページトップ