会のあゆみ


会 の あ ゆ み (2013年4月現在)

《会の結成まで》
 1963(昭和38)年4月、東京で心身障害者をもつきょうだいが数人
集まり、きょうだい会を作ろうと、5月19日付の朝日新聞の「読者の
欄」に次のような主旨で呼びかけました。
 そして、この呼びかけが、会の活動の基盤となっています。


    
 ひとりだけで苦しむのはよそう
    ひとりだけでボソボソ言うのはよそう
    なぜならそれは皆の苦しみだから
    “生きていて本当に良かった”と
    きょうだいと障害者が
    ともに言える社会を創ろう!!



 この呼びかけに、全国から、いろいろな障害者をきょうだいにもつ
人や、賛同者が集まり、結成大会及び第1回総会を東京都社会福祉会館
において開催し、正式に 

「全国心身障害者をもつ兄弟姉妹の会」

として結成され、スタートしました。

《あゆみ》

1963年(S38)
 4月 「全国心身障害者をもつ兄弟姉妹の会」結成
 9月 機関誌「つくし」第1号発行
10月 5日「映画(五つの銅貨)と音楽鑑賞の集い」開催
後援・朝日新聞厚生事業団  於:朝日講堂
    目的=会の活動資金と盲精薄児の楽団“青い風”への援助資金
    を集める為で、金五桜さん、島倉千代子さん、水上勉氏、永六輔
    氏達が無料で出演して下さり大反響でした。
    結成当時のメンバーの熱い思いが感じられます。
1964年(S39)
 5月 愛知県支部結成「名古屋テレビ出演呼びかけを行なう」
 8月 神奈川県支部結成
1965年(S40)
4月 東京支部結成
 8月 魚沼学園兄弟姉妹の会(新潟県)結成
11月 兵庫県支部結成
1966年(S41)
  6月 静岡(浜松)支部結成
1967年(S42)
 11月 ボランティア啓蒙大会開催
1968年(S43)
  8月 第1回兄弟姉妹のキャンプ開催 於:相模湖
1971年(S46)
  3月 新潟県支部結成
1972年(S47)
  3月 兄弟姉妹の会連絡協議会発足
1973年(S48)
  4月 千葉県支部結成
 12月 会結成10周年記念大会開催
1974年(S49)
  7月 兄弟姉妹の生の声「ともに生きる」出版
    =東京都支部編集=東京都支部ではきょうだいの声〔現実に
    どんなことを思い考え、生活しているのか〕を集め、初めて
    【本】という体裁にしてNHK出版より発行。
    絶版となっていたが、2003年に復刻
1976年(S51)
 8月 群馬県支部結成
1977年(S52)
  6月 機関誌「つくし」第100号発行
    =特集「国立コロニーの労使紛争を考える」
    ※記念臨時増刊「活動の記録」発行
1978年(S53)
8月 沖縄県支部結成
1980年(S55)
4月 国際障害者年日本推進協議会に加盟
1981年(S56)
3月 施設入所費用徴収金取消行政訴訟に勝訴
    〔会員の訴訟に対し支援〕 −内容は〔コラムT〕参照―
 7月 国際障害者年記念
    「障害者と家族の全国ふれあい交流会」各地で実施
     (81,7〜82,2)
1982年(S57)
 11月 本部資料室を東京渋谷区代々木に開設
1983年(S58)
 10月 京都きょうだい会結成
 11月 会結成20周年記念大会開催
 12月 講談社、週刊マガジンに抗議文を送る。
    連載マンガ「虹色タウン」の表現の中に障害者差別があることに
    気付き京都きょうだい会が抗議を行いました。

1985年(S60)
2月 「 施設と家族 」創刊
     < 障害者の施設の問題を考える機関紙 >
8月 施設問題研究会発足
1986年(S61)
  7月 施設における保護者の実態調査実施
1988年(S63)
 10月 会結成25周年記念会報「つくし」発行
=特集=『座談会―25年たった「つくし会」の今とこれから―』
1989年(H 1)
1月 結成25周年記念「活動レポート集」発行
1990年(H 2)
4月 講演会「障害者の人権は守られているか」開催
新潟県支部主催
1991年(H 3)
 4月 講演会「障害者と地域福祉」開催
         神奈川県支部主催
5月 つくし会の販売部を独立させ、販売事業会社(有)マインド・
ネットワーク設立。1996年5月からはつくし会より独立し、
独自に運営している。
1992年(H 4)
4月 講演会「絵本の里からのメッセージ」開催千葉県支部主催
1993年(H 5)
4月 「つくし会30周年」記念総会開催 京都きょうだい会主催
シンポジウム「きょうだいに何ができるのか」
1994年(H 6)
1月 機関誌「つくし」第200号発行
     =特集=「私のきょうだいと家族」
  1月 《 国際家族年記念キャンペーン 》 シンポジウム開催
  1月 第1回シンポジウム〔於:本部〕
        テーマ「わたしときょうだい」
  2月 第2回シンポジウム〔於:東京都支部主催〕
        テーマ1「民法から家族を見てみよう」
        テーマ2「成年後見制度って何だろう」
  3月 第3回シンポジウム〔於:新潟県支部主催〕
        テーマ「施設と入所者の家族との関係は」
1995年(H 7)
4月 会の名称を変更、会則改正を決定する
   
「全国障害者とともに歩む兄弟姉妹の会」
     〔 略称:きょうだいの会 〕
会則改正委員会を設け、検討してきた結果を総会で議論し
会の名称を上記のように変更することを決定した。


  10月 障害者のきょうだいに関する調査を行う
1996年(H 8)
  12月 「ともに生きる パートU」=ぶどう社から発刊=
      【きょうだいは親にはなれない…けれど】東京都支部編集
1997年(H 9)
 3月 『障害者のきょうだいに関する調査報告書』発行
1998年(H10)
  7月 学習会「成年後見制度&社会福祉基礎構造改革」について
7月 『成年後見制度』について法務省へ意見書を提
1999年(H11)
  3月 ホームページ開設
  4月 講演会「障害者の権利擁護を考える」開催
9月 都知事の障害者差別発言に「障害者の家族と権利を守る
都民連合会」を通して抗議しました。
2000年(H12)
4月 講演会 『障害者の権利擁護を考える』
      1部 成年後見制度について
2部 権利擁護制度につい
於:みやこ荘(裁判所共済組合東京宿泊所)
2001年(H13)
  7月 学習会「支援費制度」について
 11月 シンポジウム「新しい時代のきょうだいの関係を求めて」
       於:川崎市教育文化会館
2002年(H14)
  4月 シンポジウム「新しい時代のきょうだいの関係を求めて」
       パートU  於:千葉県青少年女性会館
7月 シンポジウム「新しい時代のきょうだいの関係を求めて」
       パートV  於:東京都障害者福祉会館
2003年(H15)
  3月 「ともに生きる」復刻版発行
    ―心身障害者をもつ兄弟姉妹のこえ―東京都支部編集
2004年(H16)
4月「きょうだいの会40周年記念パーティ」於:日本青年館
5月 報告書(つくし臨時増刊号)発行
=シンポジウム=『新しい時代のきょうだい関係を求めて
        ―私の人生・きょうだいの人生―』
  7月 学習会「障害のある人の生活と今後の福祉制度のゆくえ」
       ―支援費制度と介護保険との統合はどうなるのかー
        於:日本青年館
9月 京都「障害者」をもつ兄弟姉妹の会20周年記念祭
於:京都でてこいランド
2005年(H17)
3月 家族支援パンフレット
   『家族が家族であり続けるために』
      =子供に障害があると疑われたとき=
     みずほ福祉助成財団助成事業の助成金にて作成
    〔このパンフレットは、きょうだいも含めた家族への支援の
大切さと、主に知的な障害がある子供たちの将来のことなどを
説明したものです。福祉関係の諸団体、養護学校・親の会等に
送付しました。〕 
 4月「神戸市・きょうだいの会40周年記念パーティ」
             於:神戸市タワーサイドホテル
7月 一泊学習会「 障害者自立支援法 」と地域生活の構築について
於:ウィリング横浜
7月 こどもきょうだい支援「 子どもきょうだいキャンプ
(30日〜31日)」開催 於:埼玉県野外活動センター
11月 シンポジウム「 家族が家族であり続けるために 」
   −きょうだいに必要な支援を考えるー於:東洋英和女学院大学
《NHK取材あり、翌7日朝のニュースにて流れる》
12月 内閣府主催の障害者週間連続セミナーに参加
   テーマ「 障害児・者のきょうだいが求める家族への支援 」
12月 こどもきょうだい支援・第2弾「 こどもきょうだいクリス
マス会 」開催 於:深谷コミニテイセンター
2006年(H18)
2月 学習会「 障害者自立支援法 」
     =扶養と利用者負担の問題等を中心に考える=
      於:タワーホール船堀
  2月 婦人公論2月22日号「きょうだい特集」に掲載さる
         『障害のあるきょうだいを持つということ』
5月 8日付、朝日新聞「天声人語」欄に
        きょうだいの声掲載される。
 8月 『きょうだいだって愛されたい』=本部編集=
      〜障害のある人が兄弟姉妹にいるということ〜
    =家族が家族であり続けるために
          親やきょうだいに必要な支援とは…?!=
           ―東京都社会福祉協議会発行―
 9月 機関誌「つくし」第250号発行
     シリーズ・リレーエッセー
    「きょうだいの会(つくし会)の40年をふりかえって」開始
11月 「国際育成会連盟世界大会(8〜10日」に参加
     於:メキシコ・アカプルコ
12月 座談会「障害のあるきょうだいへの支援について」
   内閣府〔障害者週間・連続セミナー事業〕に参加
   −ナイスハート基金&本部 共催―
2007年(H19)
 3月 子どもきょうだい支援・第3弾「子どもきょうだい遠足」
    2007年春“東京タワーへ行こう”開催
 4月 「障害者の福祉制度に関する要望書」厚生労働省に提出
6月 シンポジウム「きょうだいの会シンポジウム」
   24日於:深谷・深谷公民館
11月 アンケート調査=障害者自立支援法について=
12月 シンポジウム「きょうだいの思い」
    9日 於:仙台市青年文化センター
 12月 きょうだいの実情調査アンケート
ナイスハート基金と共同にて
2008年(H20)
  6月「会の中長期構想を考える会」開催
    於:ウィリング横浜

2009年(H21)
  独立行政法人福祉医療機構
  「長寿・子育て・障害者基金」助成事業(WAM基金)
  の助成を受け会の事業を行った。
@ 啓発パンフレット
 「若い お父さん お母さん へ
        障害のある人の“きょうだい”の ホンネ」
     〜大人になった“きょうだい”からのメッセージ〜
    発行と配布―22万部
A シンポジウム開催
 *関東ブロック 11月29日  於:東京都・大田区民プラザ
       ・ケアルーム開設(障害児とその子どもきょうだいの
        一時預かり)
 *東北ブロック 12月 9日  於:宮城県・仙台青少年文化センター
       ・音楽バンド「荒川知子とファミリーアンサンブル」
*近畿ブッロク 2010年2月2日  於:大阪府・エル大阪(府立労働
センター)
       ・落語家露の団六師匠(きょうだい)講演
B 事業報告書の発行と配布
  会議等
  ・準備委員会5月17日 於:都・障害者福祉会館
  ・第一回全体企画委員会&啓発パンフレット編集委員会
   5月24日 於:都・江東区総合区民センター
  ・第二回啓発パンフレット編集委員会
   9月 6日 於:都・江東区カメリアホール
  ・第二回全体企画委員会
   2010年2月13日於:都・障害者福祉会館
2010年(H22)
  12月「成年後見制度研究会」発足
2011年(H23)
  *全国総会中止=3月11日の東関東大震災の為
   6月 学習会「緊急事態が起きた時私たちきょうだいのできる事」
     26日 於:東京都・すみだ産業会館
  10月 秋の全国交流会
     29日〜30日 於:神奈川県・横浜ワールドポーターズ
2012年(H24)
   9月「全国きょうだいの会50周年記念総会」に向けて…スタート
     第一回実行委員会開催 29日 於:都・障害者福祉会館
2013年(H25)
   1月 シンポジウム「きょうだいにとっての成年後見制度」開催
      〜知的障がいを持った本人ときょうだいが
幸せでいるために〜
     27日 於:東京都・日比谷図書文化館
           (日比谷コンベンション大ホール)
2013年(H25年)
 4月28日 創立50周年記念総会 前日交流会
   29日  第49回総会開催
      創立50周年記念パーティー開催 

 


↑このページのトップへ