HOME > 金沢市のサービス

金沢市では市内の聴覚に障害がある方向けに様々な事業を行っています

金沢市では聴覚に障害がある市民を対象とした生活訓練のほか、手話や要約筆記について学びたい一般の市民を対象とした手話奉仕員養成講座、要約筆記奉仕員養成講座を開催しています。
聴覚障害者相談事業として当協会事務所に相談員がいます。日常生活の安定を図るために各種相談に応じ、適切な助言、指導を行います。

からだでつたえあう サイレントワールド

11月3日(日・祝)に金沢21世紀美術館で開催するアートコンプレックスにてワークショップを開催します。
その名も「からだでつたえあう サイレント ワールド」
音の全くない空間で、ことばを使わず、手やからだの動き、表情で伝えあってみるワークショップです。
手話学習経験がない人も、手話が上手な人も、聞こえない人も楽しめる内容となっています。
是非、11月3日、市民美術の日は金沢21世紀美術館へお越しください。
 
ワークショップの詳細についてはこちらをご覧ください。
 
市民美術の日 オープンまるびぃ 2019アートコンプレックスについては、
金沢21世紀美術館公式サイトからご確認ください。


ページのトップへ戻る

サービスメニュー

各種生活訓練を行っています。
(一般・高齢・手芸教室・難聴者・中途失聴者)
手話奉仕員(入門・基礎・指導者)、要約筆記奉仕員(基礎)養成講座を開催しています。


手話通訳者・要約筆記者を派遣します。
金沢市内の関係施設に手話通訳者がいます。
(市立病院、泉野・駅西・元町福祉健康センター)


金沢市公式ホームページ「いいね金沢」にある関係サービス

金沢市障害福祉課
市長定例記者会見(手話通訳付き)
テレビ広報番組(手話通訳付き)
金沢市議会傍聴における手話通訳者の配置、パソコンによる要約筆記の実施
金沢市消防局 Net119 ・FAX119


ページのトップへ戻る