特定非営利活動法人 支援技術開発機構

ユニバーサルデザインと支援技術で実現する知識と情報の共有


多様なニーズの児童生徒に対応するマルチメディア教科書等の研究開発

総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度 地域ICT振興型研究開発

目的

教科書の情報を認識解析しDAISY化することで、視覚障害や発達障害を持った多様な生徒が、すべての教科書にアクセス可能とする。さらに表・グラフ・図等のマルチメディア化の標準規格を提案し、DAISY規格として国際的に普及させることを目的とする。

年次目標

既存のDAISYオーサリングツールおよびDAISY再生ツールによって日本語の教科書(理科・算数)を事例に製作し、DAISY規格の問題点とそれぞれのツールの問題点を切り分けて、
  1. 次世代DAISY規格への要求事項
  2. DAISY Consortiumが開発しているオープンソースの製作ツールであるOpen XML to DAISY XML Translatorおよび DAISY Pipelineへの要求事項
  3. DAISY規格およびDAISY製作ツール開発への要求事項
の規格要求事項を明確化する。また、理科と数学の教科書サンプルを評価用に製作する。

実施内容

現在日本で最も普及しているDAISY規格であるDAISY 2.02、最新の規格であるANIS/NISO Z39.86-2005の到達点、および現在DAISY Consortiumが進めている規格改定作業の内容を精査して、新規研究開発が貢献すべき課題および効率的に開発成果をDAISY規格に反映する方法を具体化する。

特定非営利活動法人 支援技術開発機構
info@atdo.jp