お知らせ[ACITA] 紹介[ACITA]の活動装用者の広場
人工内耳情報関連書籍人工内耳の病院関連リンク入会案内


広めて欲しい...  手話表現と要約筆記の略記号

 「人工内耳」の手話表現や要約筆記の略記号が決められていなかったため、地域毎、或いは手話通訳者毎に表現がまちまちで、どう表現するか聞かれる事が多かったので、[ACITA]運営委員会で検討し決めました。全難聴人工内耳部会にも働きかけ、この方法を普及させて行くという事にしました。

 手話は、アメリカ、オーストラリア、イギリスでの表現と同じですから、国際的にも通じるものと思います。

≪ 手話:右手(又は左)二指(人差指と中指)を伸ばし、側頭部に当てる。≫

 

≪ 要約筆記略記号:漢字の「人」を○で囲むものです。≫