広島大会 研究協議分科会

 


 

広島大会 研究協議会

 

 

(1)総合的諸問題

愛媛県立松山聾学校 井上 美穂

「特殊教育から特別支援教育への移行を踏まえ、聴覚障害教育の在り方及び聾学校の果たすべき役割について考える」というテーマの下、研究発表・研究協議が行われた。特別支援教育がスタートして2年目、このテーマへの関心は高く、50名を越える聾学校や難聴特別支援学級の先生方、関係諸機関の方々の参加で、9本の発表と6本の紙上発表という非常に盛りだくさんの実践報告が行われた。

今日、全国の多くの聾学校では幼児児童生徒の減少傾向が見られている。聾学校が置かれている危機的現状を認識し、聾学校だからできる取組を紹介していただいたのは、佐賀県立ろう学校、平江先生の読書感想画を通して自己肯定感をはぐくむ発表であった。また将来構想に向かって全教職員が共通認識を進め、教育活動やセンター的機能を展開した宮城県立ろう学校小牛田校の宇治先生。手話だから通じ合える日韓インターネットライブ交流を実践した愛知県立岡崎聾学校の古澤先生。聴覚障がい児のアセスメントについてWISC−Vの検査実施の工夫を考案した岐阜県立岐阜聾学校の吉田先生。生徒会活動を通して責任感・公共心・協調性を育てる指導を展開した愛知県立名古屋聾学校の山田先生の発表であった。継続して取り組むことで、すばらしい成果を挙げていると感じた。

地域の特別支援教育のセンター的機能について4校の発表があった。香川県立聾学校の大藪先生から難聴特別支援学級教員への支援について、鳥取県立鳥取聾学校の岡垣先生からは難聴児や難聴児を取り巻く人たちへの障害認識に向けての支援、千葉県立千葉聾学校の田原先生、また広島県立広島南特別支援学校の村上先生から地域への支援体制、校内支援、支援センターの取組について発表があった。支援体制が整い、組織化され、教員個人のつながりではなく、子どものニーズによって関係機関が密につながってきていることを感じた。

後半は3点((1)聴覚障害の専門性を維持し、その役割を果たすためにどうあるべきか。(2)センター的機能の充実。(3)交流及び共同学習について)の協議が行われた。参会の先生方から聾学校の専門性、研修内容、交流学習の取組等の意見や情報交換があり、また難聴特別支援学級の先生からも貴重な意見をいただいた。助言者の藤本裕人先生からは学校教育法の解釈から専門性、センター的機能をどう考えるか、またこれからの聴覚障害教育について聾学校が存続するためにどうするかについてお話があり、今後は自立活動を踏まえた聴覚障害児に対する指導方法の違い、センター的機能の中身についての研究、就学から大学・就労関係者からの外部評価を取り入れる等の指摘もいただいた。

多くの聾学校の特色ある取組、継続した実践を知ることができ、発表者の先生方に感謝している。学んだことを今後に生かし、本校ができること実践していきたい。


(2)コミュニケーション

山梨県立ろう学校 遠藤 けさみ

本分科会では,「言葉による意思の相互伝達が活発に行われるために,多用なコミュニケーション手段の選択と活用について考える。」をテーマに3校からの発表がありました。 始めは,山形県立酒田聾学校の「相手意識を持ち,伝え合おうとする生徒の育成を目指して〜中学部2年Aさんの変容を中心に〜」という報告でした。集会などでみんなに伝わるように話をすることは,本校でも課題となっている部分なので興味深い報告でした。子ども自身が伝える内容について重要性の意識を持っていること,またコミュニケーションは人間関係の広がりにつながっているという助言がありました。一方でコミュニケーションのスキルをきちんと教えていくことが必要では,という意見も出されました。

2本目は,高知ろう学校の「言語力を高め自己表現が出来るための効果的な指導方法について〜Aさんとの授業を通して〜」では,社会に出て行く手前の高等部において,就職を念頭に置き,自己の意思を表現できる言語力の向上を図るにはどのような指導をすべきかという研究の報告がなされました。状況に合わせてコミュニケーション手段を選び他者と積極的にかかわっていけるようになって欲しいとの願いは,どの学校でも共通であると思います。この発表によって,改めて活動にあわせて日本語をきちんと学習していくことの大切さが確認できました。

最後は,島根県立浜田ろう学校からの「ことば絵辞典づくり」の発表でした。語彙の拡充のための指導について意見交換がされました。絵辞典を使っての今後の取り組みとしてカルタをすることでお互いに学ぶことが出来るという意見などが出されました。

発表が3本と少ないこともあって,午後の休憩後からは,さらに発表を深めるためのディスカッションが行われました。助言者から1本目と2本目をメタレベルの活用という面からひとくくりにして,生徒自身がふりかえりを行い自分自身を客観的に観ること,これが社会に出たときに重要な力となるということが話されました。このことを糸口として,自己をふり返るための各校の実践が多く出されました。社会性を育てるための実践も出され,浜田ろう学校からの,生徒と教師の距離が近いために友達になってしまう。教師と子どもとの関係の見直し,例えば職員室にはいるときには,きちんとあいさつをするようにさせるという意見には,私自身反省するところがありました。3本目では,ボキャブラリサイズを広げるために既に知っていることを使って推論させることの大切さ,ことばのことば化ということについて資料を使いながら,助言者から指導がありました。

助言者の長南先生が「様々な情報交換・意見交換を行い山ほどのおみやげを持ち帰ってください」とおっしゃられたとおり,今後の指導のヒントとなる物をたくさんいただきました。ご発表いただいた先生方並びにご参加された先生方に,感謝申し上げます。


(3)教科指導(文系等)

岐阜県立岐阜聾学校 小島 嘉門

 「聴覚に障害のある児童生徒の興味及び関心を引き出す授業づくりの工夫について考える。(文系教科)」というテーマのもと、9本の発表がなされました。写真やビデオ、学習プリント等の具体物等を交えながらの発表であったため大変分かりやすかったと思います。

大塚ろう学校からは、叙述をもとに想像力を働かせることをねらいとした詩の指導に関する研究発表がありました。過去27年間の先行実践を文献調査、分析した結果をもとに工夫点を明らかにし、その上で実践を進められたことがすばらしいと思いました。

岡崎聾学校からは、書く力を楽しく身につけるために、例文作り、観察作文、会話作文に取り組んだ作文指導の実践報告がありました。実物資料が豊富でした。

静岡聴覚特別支援学校からは、実態把握に用いた教研式読書力診断検査の結果をもとに、ワーキングメモリーと統合力が指導上の課題であると設定して授業実践に取り組まれたことが報告されました。毎時毎時の板書記録写真や児童の補助プリントによる評価の累積などが、とても目を引きました。

久留米聾学校からは、語い力・読解力を高めるための国語科指導として国語辞典の利用指導、ワークシートを用いた指導等について報告がありました。研究の評価として日記文中の動詞、形容詞、形容動詞等の数の推移をまとめてみえました。

札幌聾学校では、子どもたちの「分かりたい」「伝えたい」という気持ちを育てるために、学習グループを日本手話グループと聴覚口話+日本語対応手話グループの2つに分けた実践の報告がありました。児童の人数だけで学習グループを設定するのではなく、教育上のニーズをもとに学習グループを編成されてみえることが特色でした。

広島南特別支援学校呉分校からは、小学部社会科における板書の工夫として視覚教材の活用、プロジェクターの活用だけでなく、どこの学校でも実践できる板書構成の基本について報告がありました。これは他教科での指導にも生かせる内容でした。

名古屋聾学校からは、英語学習の取り組み方として外国人留学生との交流会や海外の聾学校との文通を行ったこと、岡崎聾学校からは英語学習を通して日本語力を高める取り組みとして学習記録文の指導の報告がありました。

葛飾ろう学校からは、美術の授業実践でITを活用したこと,他教科や行事との連携に発展していったことの報告がありました。

谷本先生からは、教科を教える専門性、聴覚障がいに関する専門性の大切さについてご助言がありました。研究協議の中では、教科の内容を教える前段階、教科の内容を教える時、評価をする時の工夫の3点で意見が交わされました。

これらの発表で学んだことを、自校の職員に是非紹介していきたいと考えています


(4)教科指導(理系等)

岡山県立岡山聾学校 林 秀一

「聴覚に障害のある児童生徒の興味及び関心を引き出す授業づくりの工夫について」のテーマのもと5校からの研究報告および全体協議が行われたその概要について報告する。

愛知県立豊橋聾学校からロボット製作の取り組みについて発表があった。これは豊橋技術科学大の協力のもと、理科総合Aの探求活動の一環で行われたもので、取り組みの中から科学技術やものづくりに対する興味関心が高まり、大学進学の目的意識が明確になるなどの成果が強調された。

愛知県立千種聾学校からは小学部2年生で学習する「(1位数)+(1位数)の繰り上がりのあるたし算」の指導方法について発表があった。分解した加数と補助数をあわせて○で囲み「10のたまご」として説明をする方法や、数のイメージを広げる「ブロックたし算カード」の利用など具体的な方法の紹介がなされた。「10のたまご」のような手がかりの提示は思考過程を言語化していく前段階として有効であるとの指摘があった。

静岡県立静岡特別支援学校からは中学部教師や生徒の発話傾向から授業分析を行い授業改善に活かしていく取り組みについての報告があった。発話の内容をカテゴリー化して分析を行う量的分析、生徒の反応をどう解釈して次の展開に結びつけていったのかを振り返る質的授業分析の2面からのアプローチについての分析結果が述べられた。

鳥取県立鳥取聾学校からはクレペリン検査を参考にした計算力テスト、数学科においての課題研究の実践、数学検定への積極的な取り組みの報告があった。計算力テストは小学部4年から高等部3年まで一斉に実施することが特徴で、生徒の集中力が高まるとともに計算方法について自発的な学習姿勢が見られるなどの成果が発表された。

北海道高等聾学校からは重複障害児に対応した時計の読み方に関するコンピューター教材、高等部では携帯電話コンテンツを活用し2次関数の頂点の座標の演習についての報告があった。時計の読み方に関する教材では「○○分後」を強調するため時刻を戻す逆転キーをあえて作成しないなど様々な配慮について説明があった。発表された教材等はインターネット上で無償で公開されているため、多くの学校で活用できるものであると思う。

研究発表に関して東京学芸大学の澤先生から子供の興味・理解にあわせて教材を考えることや、ことばにして自分で考え直させる「言語化の力」の重要性などを含めた5つの観点から指導助言があった。

研究発表後「言語化」「子供の実態把握と個別指導」を討議の柱としてフリートーク形式で討論が行われた。澤先生から、量的概念を経験から学ばせる重要性、理系特有のことばを強調していく必要性などついて助言がなされた。

今回の分科会で貴重な実践報告を拝聴することができ、すぐに指導に活かしていきたいと感じた。


(5)自立活動(聴能)

神奈川県立平塚ろう学校 永井 正士

「幼児児童生徒の保有する聴力を最大限に活用し、可能性を広げる補聴機器及び情報システムを活用した効果的な教育方法について考える。」というテーマのもと、7つの発表があり、高橋信雄先生(愛媛大教授)の指導・助言をいただきながら、和やかな雰囲気の中で分科会は進んだ。

まず、大阪市立聾の中瀬先生から、「『聴力検査』で行う保護者支援−子どもの何を評価していくのか?−」の発表があり、最早期から聾学校で聴力検査を受ける子どもが増加している現状から、これまで以上に乳幼児の発達や行動の理解を深めること、聴性反応を読み取る力量を高めること、見通しを持った子育て支援をすること、保護者の不安を払拭するための対応ができることなどが必要であると、豊かな経験と実践に基づく提言があった。

愛知県立一宮聾・池山先生の「聴覚活用の意識を高める自立活動の支援の在り方〜ヒア・ウィークの実践を通して〜」の発表は、4年前から自立活動部が中心となって、全校で取り組んでいる自立活動の実践を通して、継続して取り組んできたことにより、幼児児童生徒及び保護者の聴覚管理に対する意識が改善され、職員側もきこえに対する意識と知識の向上が感じられているという報告であった。

日本聾話・石原先生の「感性を育てる聴覚活用−R&Bを楽しむ中学生−」の発表は、生後2ヶ月(1992年生)で補聴器を装用した子どもの、歌の場面に焦点を絞って振り返った15年間の成長記録。教育的環境とデジタル補聴器の発展により、年齢相応の言葉と感性の発達が促され、携帯電話から音楽をダウンロードして楽しむという、最先端の生活を送っている中学生(現在高校生)の事例であった。

徳島県立聾・樋口先生の「日本語聴取時における自声のフィードバック作用〜ことばの聴き取り調査から〜」の発表は、日常の指導の中で有効であると実感していることを、4〜5歳の幼児6名を対象として、単音・単語・無意味語を検査語として、応答時に復唱しない・復唱するという聴き取り検査を行い、復唱することが記憶の強化と情報処理を行っていることを実証したものであった。

筑波大附属聴覚特別支援・板橋先生の「小学部児童における聴覚条件と発話明瞭度の関係」の発表は、筑波校で毎年実施されている100音節発話明瞭度検査を、補聴器装用児と人工内耳装用児、親の聴覚障害の有無、男女差、裸耳聴力、装用時下の聴力等の条件で分析したもので、その結果から「聴覚を活用した教育実践と児童を取り巻く言語環境が、達成できる発話の明瞭性に大きく関与する。」ことを示唆した。

岡山県立岡山聾・石井先生・藤崎先生の「人工内耳装用児A児の指導−きこえとことばの力を伸ばすには−」の発表は、近年増えてきた人工内耳装用の乳幼児に対して、「人工内耳聴覚学習プログラム」を作成し指導してきた事例で、術後の初期リハビリの重要性、きこえとことばの力の発達段階をつかんだうえでの継続指導、定期的に指導を見直すケース会議の設定、一人一人の発達段階に応じた指導を引き継ぐにはチームで取り組むことが有効であると、4つの提言があった。

筑波大附属聴覚特別支援・両角先生の「169MHz帯FM補聴器の集団補聴器としての試用結果報告」は、フォナック社のFMシステムを試用してのもので、(1)各補聴器への適応、(2)使用感・装用間、(3)電波の到達距離、(4)設置に関わる費用についての報告であった。(1),(2)については、大きな問題はなさそうだが、(3)、(4)については、まだ改良すべき点が提示され、今すぐに導入することは難しいようである。しかし、今後「集団補聴システム」として活用できる可能性を感じさせるものであった。

どの発表も、経験豊富な先生方の事例を数多く話していただき、今後の活動に役立つものばかりでした。ぜひ、研究集録・配布資料・事後集録をお読みいただきたいと思います。最後になりましたが、発表の先生方、助言の先生、ありがとうございました。


(6)自立活動(言語)

富山県立富山ろう学校 藤本 圭子

本分科会では、「体験的な活動を通して的確な言語概念の形成を図り、思考力を育成するための方法や実践等の在り方について考える」というテーマのもと、7つの実践事例研究が発表されました。また、(1)体験的な活動を通して言語概念の獲得はどうあるべきか、(2)障害の状態や発達段階等に応じた体系的な言語の習得はどうあるべきか、(3)実態に応じた指導方法の在り方、学校、学部、学年の自立活動の内容について、3つの柱で討議が行われました。

広島県立尾道特別支援学校では、少人数の良さを活かして異年齢交流、体験的な活動、季節の行事等を通して言語が獲得できるように語彙表を作成して実践したという報告でした。

愛知県立千種聾学校では、「わたりの指導」に注目し、話し言葉を豊かにしつつ書き言葉につなげていくために4つの課題を設定し、実践を通して検討したという報告でした。

東京都立大塚ろう学校では、J.cossや自作動詞テストを用いた評価と指導、特に日本語の語彙が少なく読み書きの課題が大きい児童の書記日本語の指導について報告がありました。

新潟県立長岡聾学校では、小学部中学年の児童の複文理解のために「ことばのテスト」を使用し、実態把握や指導に役立てるとともに文理解に関わる自立活動の指導計画の基本的な構想の考察について報告がありました。

福岡県立久留米聾学校では、小学部の朝の帯自立活動を利用し、語彙リストに沿った品詞の活用、短文づくり等の指導を通した書記日本語の指導について報告がありました。

高知県立高知ろう学校では、中学部全体で「読む力」を高めるために読書力診断検査やケース研をもとに診断的評価を行い、それに即した形成的評価の項目を作成した取り組みについて報告がありました。

兵庫県立姫路聴覚特別支援学校では、中学部の生徒の対話を分析することで、読解指導の手がかりを得ようと試みた事例について報告がありました。

7つの報告についての質問や討議を進めながら、全国の学校から自立活動における実態把握の方法や指導内容、評価について報告があり、貴重な情報を交換することができました。

助言者の我妻先生からは、「学校全体で取り組むことは、必ずいいプログラムにつながる」「生活の中で言葉を学習させるときは、教師は子どもに積極的にかかわり、いろいろな側面から子どもたちに考えさせることで詳しく見る方法を教えておくことが大切である」等、様々なアドバイスをいただきました。この分科会では、音声を使った聴覚口話によるきめ細やかな言語指導、手指メディアを使った日本語の力を伸ばすための客観的な分析に基づく指導等、各々の視点からの方法を学ぶことができました。


(7)進路指導・職業教育

北海道高等聾学校 桑原 一哲

研究発表は、内容が大きく二つに分かれていました。一つは午前中に発表された岡山県立岡山聾学校木山先生の「進路指導・職業教育を充実させる支援の在り方とは」と筑波大学附属聴覚特別支援学校林先生の「学校設定科目『社会生活』の指導について」のように、キャリア教育に焦点をあてたものです。

午前中の最後に助言の林先生からもお話がありましたが、高等部や専攻科における教育というよりも、乳幼児相談から中学部までの一つの流れの中で、それぞれの発達段階に応じて、将来の職業生活を見据えた教育を行っていくことが大切であり、それが「キャリア教育」であると理解しました。キャリア教育という視点に立つと、全発達段階において必要な基礎学力の充実、生き方の指導、障害認識すべてが将来の職業生活における基盤となってきます。また、高等部においては学校特設科目として設けることのできる「産業社会と人間」があり、それがなぜ特筆されたのかの経緯を考えることで、よりキャリア教育についての理解を深めることができるのではないかと考えます。

高等部、専攻科における職業に関する専門教育とこれらの基礎的な事項が結びついたときに、初めて生き方と結びついた職業教育となっていくのだと考えます。岡山聾学校の発表にあった「移行支援会議」や筑波大学附属聴覚特別支援学校の発表にあった「特設科目『社会生活』」はそのためのツール、枠組みとして大変重要なものであり、「障害認識」「自立活動」「諸機関との連係」等が鍵となり、互いに結びつきあいながら実現されていくものなのだろうと理解しました。

もう一つは、午後からの愛知県立名古屋聾学校、北海道高等聾学校、東京都立立川聾学校の発表のように、高等部における専門教育そのものについて特化された内容です。地域性や歴史などを背景に、それぞれの学校における特色ある取り組みが紹介されました。最終的に高等部段階における職業教育がいかに魅力あるものになるのかは、社会と結びついた実践的で高い専門性を持った内容であるかどうかにかかっており、職業教育を語る上でやはり大変重要なものであると考えます。それぞれの発表を聞き、見通しを持って作る、系統的に考える力などが専門教育においても鍵になることが共通しているように感じました。そういう意味で、午前中のキャリア教育と、午後からの専門教育との関連をしっかりと教師が理解することが、職業教育において大変重要なものであると確認することができたように思います。


(8)早期教育相談(3歳未満)

鳥取県立鳥取聾学校 下田 浩美

本分科会は齋藤佐和先生を助言者にお迎えし行われました。今年度のテーマ「自他共に大切にする豊かな人間性を育むために、乳幼児期における子どもと保護者との関係をどのように支援していけば良いかについて考える」のもと、3校の発表がありました。

松江ろう学校の「聾学校のセンター的機能をもった地域支援」の発表では、新スクのフォローアップ体制が不十分な中、聾学校が中心となり支援連絡会を立ち上げたり、遠隔地区への「聞こえに関する出前相談」を開始したりする等、リーダーシップを発揮した積極的な取り組みを紹介していただきました。また「松江五輪ネット」では、他の特別支援学校とそれぞれの専門性をどのように生かし活動すると良いのか参考になる取り組みでした。

秋田県立聾学校の「聴覚障害の早期発見に伴う保護者の心情について」の発表では、新スク受検児の保護者の聞き取りを分析する中で、関係機関との連携の大切さ、医療機関へのフィードバックに関する課題がまとめられていました。精神的ショックを抱えた母親の生の声、父や祖父母の気持ちを聞かせていただく貴重な報告でした。

札幌聾学校の「心の通い合いを目指して」の発表では、作成した実践事例集を紹介していただきました。これは、実際の実践ビデオを検討・整理しまとめられたものです。その時々の子どもと担当者の会話をもとに、子どもの気持ちの受け止め方・関わり方のポイントが分りやすく記されていました。子どもの姿をしっかりと捉え地道に検討を重ねられた、先生方の熱心な研修の姿が窺える資料集でした。

午後は、情報交換を行い齋藤先生からご助言をいただきました。「地域の実情に立脚するネットワーク作りの中で、保健師や医療とどのように連携しているか」、「新スクのフィードバックで、課題を医師に伝えるのは難しいが良かったケースを報告すると効果がある」など各地の取り組みが聞かれました。その他にも、「ダウン症の幼児の補聴器装用の見極め」「家庭訪問支援の方法」「乳幼児の発達検査」「人工内耳装用の状況と集団活動時のコミュニケーション方法」などの話がでました。状況は様々ですが担当者の関心事は共通で、今後の取り組みに生かせるアイデアをたくさん持ち帰ることができました。

最後に齋藤先生が「新スクのフォローアップ体制が地域によって不十分な面があってもこうしてやっていけるのは先輩の先生方の作った道」「必要なものは残っていく、いらないものは消えていく」と言われました。今私たちが行っていることは長い歴史の中で培われてきた本当に必要なことであり、また、今後の道を作っていくは今やっている私たちなのだと気づかされ、それを心に刻み頑張ろうと思いながら分科会を終えました。


(9)早期教育(幼稚部)

熊本県立熊本聾学校 雑賀 美智

幼稚部教育の分科会は、「保有する聴力やコミュニケーション手段を十分に活用して言葉の習得と概念の形成を図る指導の在り方について考える」というテーマのもと、9件の発表がありました。絵本への取り組みに関するものが2件、個別的なかかわりについてが2件、集団に関するものが2件、保護者支援・コミュニケーション・言語発達に関するものが1件ずつと、多岐にわたった発表でした。聾学校の経験が浅い私にとっては、どの発表もとても貴重なものでした。その中で、特に自分自身と重ねて感じたことを報告させていただきます。

まず、「個別」指導についてです。どの幼稚部でも、集団活動とともに、「個別」指導を位置づけて取り組んでいると思います。一人ひとりの実態に合わせた丁寧な指導は、子どもの言葉の力を伸ばしていくためにとても大切だと私自身も感じています。フロアから、「個別指導のやり方に目を奪われているが個別指導の目的は何なのか、小学部へつなげるという視点だけでいいのか」、という意見が出されました。確かに、言葉の力をつけることは幼稚部の大切な目標の一つです。でも、将来、社会の中で自立していくために、幼児期に身につけるべき大切なことは他にもたくさんあります。言葉を教え込むことだけに目を奪われることなく、やりとりを大切にして集団の中で活かせる力を育てていくことが大切だということを再認識しました。

2つ目は、「集団」の活動についてです。集団活動の中で、子ども同士のやりとりを保障していく取り組みの発表がありました。給食や遊びの時間など、子どもたち同士の関わりの中に、教師が介入し過ぎてはいないかという投げかけでした。私も、給食や遊びのとき、常に積極的に子どもたちに関わっていかなくてはという意識が強かったと気づかされ、はっとしました。今まで、子どもたち同士のやりとりの邪魔をしていなかったのか、時には、子ども同士のやり取りを見守ることも大切だということをあらためて感じました。

最後に、県立広島大学の山崎先生からまとめをいただきました。まとめの中で、「幼稚部教育が就学前の日本語獲得のための準備として求められている現状があるが、その中で、幼稚部の子どもたちとどう関わっていくのか、幼児ということをどうとらえていくのか、私たちは考えていく必要がある」という話がありました。幼稚部教育は、確かに言語習得の基礎づくりという大きな目標がありますが、それだけでなく、幼児としての健全な心身の発達も保障していかなくてはなりません。そのことをもっと意識していきたいと思いました。そして、「小学部は教えることが主体だが、幼稚部はそれだけではいけない、小学部と幼稚部の専門性は同じではない」という言葉が心に残りました。

この分科会に参加して、幼稚部教育の難しさとともに、専門性がいかに高いものなのか、そして一朝一夕には身につかないことを痛感しました。より高い専門性を身に付けていくために、いろいろな経験を重ね努力していきたいと思います。


(10)重複障害教育

山形県立酒田聾学校 大塚 圭

本分科会では「一人一人の障がいの状態や発達段階等の実態把握を十分に行った上で、それに応じた指導の在り方について考える」というテーマのもと、4校からの実践報告がありました。

実践報告は、大きく分けて、聴覚障がいとともに(1)人との関わりや集団での活動・学習に課題のある子どもについて(2)自閉症や身体機能面で支援を要する子どもについて、それぞれ2校の発表がありました。

(1)については、大阪市立聾学校から、子どもの行動記録の分析をもとにして行動の特徴を捉え、それに応じた環境面からの支援を行ったという発表がありました。また、奈良県立ろう学校から、子ども自身と周囲の環境の相互作用からさまざまな困難点が生じると捉え、環境面の調整や望ましい行動の意識化に取り組んだという発表がありました。(2)については、広島県立広島南特別支援学校から、CARS(小児自閉症評定尺度)等によるアセスメントの分析と応用行動分析にもとづいて行った支援についての発表がありました。また、平塚ろう学校から、手指の巧緻性、動作性の向上のための教科学習や作業学習での取り組みについての発表がありました。

話し合いでは、各校で行っているアセスメントの種類やその活用の仕方、校内での連携や他機関との連携について話題となりました。昨今いろいろなタイプの障がいの子が増えてきており、教育現場での対応の難しさが言われています。今回の発表でも取り上げられた人との関わりや集団での活動・学習が難しいというタイプの子をどう捉えるかについては、しっかりとしたアセスメントが不可欠であるということが本分科会の中で確認されました。このような話題は今後も更に出てくるであろうし、その対応については研究を深めていく必要があると感じました。また、重複障がい学級を担任している先生方から、単一障がい学級と一緒に行う活動の適切な在り方や単一障がい学級の子どもと重複障がい学級の子どもとの関わらせ方等についての意見交換がありました。先生方は、目の前の子に今本当に必要なことは何なのか、日々悩みながら、必死に子どものことを考え支援している状況が切実に伝わってきました。重複障がいの子ども達に対する校内での理解や連携の大切さを改めて認識し、助言者の都築先生のおっしゃったように学校全体で子どもを育てていこうとすることの大切さを感じました。特別支援教育コーディネーターの役割も更に大切になっててくるものと感じます。新しい課題も出された本分科会に参加し、いろいろと考えさせられるとともに、先生方の熱意に私も強く共感しました。来年度の山形大会で、引き続き有意義な議論がなされればと思います。


(11)寄宿舎教育

宮城県立ろう学校 武田 智美

寄宿舎分科会では「寄宿舎における生活の中で、一人一人の生きる力を育てる指導の在り方について考える」というテーマにそって、7校の研究発表とそれに基づく質疑応答、最後に大森修平先生から指導・助言を頂くという形で進められました。

前半は、島根県立松江ろう学校から、生きる力をコミュニケーション力と捉え、感じた事や気づきなどの生活支援記録や話し合いを通して生徒の内面を知るという取り組みの発表がありました。島根県立浜田ろう学校の発表は、自閉傾向のあるA生を対象にコミュニケーションの定着を図るというものでした。いろいろな方法で人との関わり合いを持ち、感情をいかに育てるかということも含めて支援方法を探ってきたということです。子どもからの発信を待ちの姿勢で対応した点は参考になり、今後に生かしたいと思いました。群馬県立聾学校からは、寄宿舎の役割について現状報告と課題提起がありました。アンケートの実施、体験入舎の現状、学習時間の実態などの課題と改善点の報告があり、大森先生から寄宿舎の機能として生活・通学・学習の保障という側面から子どもや親のニーズに柔軟に対応して魅力ある寄宿舎作りを目指す必要があるというお話を頂きました。愛知県立豊橋聾学校からは、行事活動を通して舎生Aへの指導や支援の経過についての発表でした。経験不足の影響や活動内容が理解できていないことから写真提示などで内容の理解を図り、また、職員が本人の思いをしっかり受け止め気持ちを返すことで効果をあげた様子がよくわかりました。

午後は、北海道高等聾学校から「一人ひとりの社会自立に向けた指導方法の研究」というテーマで、個別目標の達成に指導項目表を活用したという発表がありました。指導者間の共通認識のもと、実践を通して指導項目表の拡充を図り細かな取り組みがなされていました。高知県立高知ろう学校からは、「自立を支援する生活活動」として調理実習を通しての取り組みの発表がありました。社会常識を含めた知識・技能の向上を目的とし調理の苦労や感謝の気持ちを視野に入れ、また、言葉の獲得を目指しているということでした。本校からは、必要な社会性を「集団の中で自分らしく生きる力」「他者と関わろうとする姿勢とその技術」と捉え話し合い活動を含む多くの活動を通して、仲間意識の高まりや互いを思いやる気持ちが得られたという実践報告をしました。

フリートークでは「生きる力」というテーマのもと、討議や情報交換を行い各校の様子を聞くことができ大変参考になりました。

助言者の大森先生から、寄宿舎の教育的意義についての話があり、学校と寄宿舎が連携をとりながら職員間で共通理解・共通認識し一人ひとりの目標達成を図ることが必要、寄宿舎は学校教育の一環として児童生徒の教育効果を徹底させ定着させる大事な指導の場になっていること、また、子どもたちの判断力や思考力、表現力を伸ばすために寄宿舎の中の様々な場面で言葉の指導が「生きる力」にもなるというお話をいただいたことが印象に残っています。

今回、研究会に参加して学んだことを今後の指導や支援に生かしていきたいと思います。