その他

9)その他

(1)平成19年度から20年度継続審議事項について

◎「これからの全日聾研大会の方向性について」協議を重ね平成20年度以降の大会の指針とする。

・開催時期、会期 ・授業の公開、授業研究協議会の持ち方 ・全体会、分科会の精選 ・大会運営予算、研究費、研究大会費等
・「家庭教育を考える部会」等の保護者との連携

(2)平成19年度実施・確認事項

◎ホームページの維持管理

15年度より正式開設した。情報の内容に関しては、会報の内容に準じ、各地区研の活動状況、地区研究会の様子等の情報交換の場となっている。今年度も従来通り会報は発行した。−平成20年5月28日現在アクセス数28,800件−

*ホームページのURL http://www.normanet.ne.jp/~zenichro/

APCD2006のホームページも全日聾研ページの中に記録として残した。

◎全日聾研大会研究発表題目一覧について

昭和26年から平成18年までの全日聾研大会研究発表題目一覧の編集を本部事務局が第40回記念事業として準備し出版しも平成18年度、全会員に配布しました。1年の経過を待って、第9回APCD資料と共に在庫を希望の会員にお配りした。

*今後も会員よりのご要望があれば配布いたします。

*第9回APCD・第40回全日聾研関係出版物一覧 (総頁 1,547ページ)

  1. Abstract Book(全 275ページ)
  2. 開催要項(全 170ページ)
  3. 筑波大学附属聾学校 学習指導案集(全 116ページ)
  4. 筑波大学附属聾学校 資料集(全 272ページ)
  5. 筑波技術大学 資料集(全 37ページ)
  6. 全日聾教育研究会 発表題目一覧 (全 210ページ)
  7. 研究集録(全 263ページ)
  8. 事後集録(全 121ページ)
  9. 大会報告書(全 83ページ)

◎全日本聾教育研究会の英語名確認

* Japanese Association of Educational Research for the Deaf. J.A.E.R.D

* Annual Conference of the Japanese Deaf Education Association.(研究大会)

◎OB・OG会員の所属いについて

*当該校の会員として登録し、各地区研究会に所属する。


会報のトップへ戻る