定期代議員総会議事録

平成20年5月28日(水)、午後1時30分より、筑波大学附属聴覚特別支援学校歯科技工科棟会議室に於いて、平成20年度全日本聾教育研究会定期代議員総会が催された。主幹校四日市校長挨拶から始まり、今期山口実行委員長の開会ことば、会長挨拶、総会の成立が確認された後、議長は、日本聾話学校の森 道興先生、副議長に川崎市立聾学校の北相模和枝先生が選出された。 総会の成立については、右表参照。代議員の出席については、「代議員名・会員数一覧」参照。以下の報告の通り、定期代議員総会においてすべて了承された。

総会成立の確認

出席 33

委任 66

未回答 0


総計 99


出席・委任状で3分の2を超えましたので総会は成立しました。

<総会次第>

1.開会の言葉(山口副会長)

2.会長挨拶 (秋谷会長)

3.議長選出  −総会成立の確認−

4.議事

 1)平成19年度事業報告

 2)平成19年度決算報告(略)

 3)平成19年度会計監査報告(略)

 4)平成20年度役員の選出

 5)平成20年度事業計画

 6)第42回広島大会について

 7)平成20年度予算案(略)

 8)平成21年度以降の会場校

 9)その他

5.19年度新役員代表挨拶(四日市会長)

6.閉会の言葉(今井副会長)

<議事について>

1)平成19年度事業報告 2)平成19年度決算報告 3)平成19年度会計監査報告 4)平成20年度役員選出 5)平成20年度事業計画 6)第42回広島大会について 7)平成20年度予算案については、すべて承認された。

*名簿にあります四日市会長、秋谷顧問、監査のお二人、常任理事、理事の方々を事務局が紹介して、就任が承認された。(11頁名簿参照)

7)平成20年度予算案については、すべて承認された。

8)平成19年度の熊本大会については山中常任理事より資料に基づき最終報告された。

9)平成20年度の広島大会については沖大会事務局長より資料に基づきに述べられた。

10)平成21年度の山形大会については花輪副会長より開催要項案の説明があった。

11)平成22年度の北海道大会については川橋理事より基本構想の説明があった。

12)事務局より本誌16頁のその他についてが説明された。

13)会長より21年度継続審議事項◎「これからの全日聾研大会の方向性について」以下の項目について協議を重ね平成22年度以降の大会の指針とする事が説明された。

議事に続いて、新役員を代表して四日市会長の挨拶があった。最後に秦副会長から閉会の言葉が述べられ、予定の15時30分に総会は無事終了した。


会報のトップへ戻る