定期代議員総会議事録

 

 平成16年5月25日(火)、午後1時より、筑波大学附属聾学校歯科技工科棟会議室に於いて、平成16年度全日本聾教育研究会定期代議員総会が催された。総会の成立が確認された後、議長は、栃木聾学校の臼井栄美子先生、副議長に熊本聾学校の茶園浩司先生が選出された。総会の成立については、右表参照。代議員の出席については、「代議員名・会員数一覧」参照。午前中の全理事会で了承された各議事が理事より報告され、以下の報告の通り、定期代議員総会においてもすべて了承された。また三重県立聾学校の藤井常任理事より、前段で記載されているように三重大会の準備状況が口頭で報告された。

総会成立の確認

出 席 22

委 任 81

未回答 0


総 計 103


出席・委任状で3分の2を

超えましたので

総会は成立しました。

   
   総 会 次 第                       
   

1.開会の言葉(今井副会長)

2.会長挨拶

3.議長選出  −総会成立の確認−

4.議事

  1)平成16年度事業報告

  2)平成16年度決算報告(略)

  3)平成16年度会計監査報告(略)

  4)平成17年度役員の選出

  5)平成17年度事業計画

  6)シンボルマークについて

  7)平成17年度予算案審議(略)

  8)平成17年度以降の会場校

  9)その他

  

5.17年度新役員代表挨拶(秋谷会長)

6.閉会の言葉(長谷川副会長)

<議事について>

 (1)平成16年度事業報告 (2)平成16年度決算報告 (3)平成16年度会計監査報告 *当日は16年度会計監査 部立江東ろう学校 杉山 欣三先生に報告頂きました。 (4)平成17年度役員選出 (5)平成17年度事業計画 (6)シンボルマークについて (7)平成17年度予算案については、すべて承認された。

 *事業報告では三重大会について、大井常任理事より報告と謝辞が述べられた。

 (8)大阪大会については、大会事務局の中道理事より資料に基づき詳細に述べられた。

 (9)平成18年度のAPCD2006関東大会については今井副会長より説明があった。

 (10)シンボルマークは、常任理事会で承認された原案が承認された。

 (11)その他の所で、会長が各理事全員から抱負やご意見をいただくかたちで、今年度まとめねばならない、これからの研究会の在り方について次回大阪で協議を深めることを申し合わせた。

 議事に続いて、17年度役員を代表して秋谷会長の挨拶があった。最後に長谷川副会長から閉会の言葉が述べられ、予定の15時に総会は無事終了した。


会報のトップへ戻る