2.コミュニケーション


新潟県立新潟聾学校

庄山 高志

分科会では、(1)障害認識と自己評価、(2)伝えたい力の育成、(3)一人ひとりに応じたコミュニケーションについての3つの柱で行われました。

(1)については長岡校から「自立活動における生徒の実態把握について」というテーマで、自己評価表や自己評価反省記録などを用いて、生徒の短期目標を具体的に設定し評価することで、生活面だけでなくコミュニケーションに対する態度や意欲を育てていこうとする取り組みが、浜田校からは「豊かなコミュニケーションの広がりをめざして」というテーマのもと、合同自立活動での取り組みについて、ゲームや積み木を操作する活動を通して表情や身体表現も使いながら生徒自身が主体性を持ってコミュニケーションをする力を高める様子が報告されました。

次に(2)について、山形校から「社会自立できる生徒の育成」というテーマで、生徒の情報活用能力やコミュニケーションの発信・受信に関して段階を作成し目標設定をする、さらに、話し合いの中から成果や課題を考察し、それらをもとに情報活用能力やコミュニケーション能力を高めていく様子が報告されました。次に、名古屋校から「コミュニケーションの場を設定する」というテーマで、生徒が集団の中で人間関係をスムーズに築いて、コミュニケーションの力を高めていくために、話し合い活動や学年活動、掲示板を活用を実践したことや、その中で生徒が主体的に情報を活用する様子が紹介されました。午後の最初の協議では、(1)(2)を合わせ、『伝えたい力をどう育てるか』をテーマに討議が行われ、学校規模別に各校の取り組みが紹介されたり、意見交換がなされたりしました。

最後に(3)について、岡崎聾学校から、「コミュニケーションモード対応活動」ということで、幼稚部において、幼児の実態や保護者の要望をもとに、聴覚口話、手話、トータルモードの3つに分け、授業の中でそれぞれのモードを学習するのでなく、楽しみながら活動させていく取り組みが、そして三重聾学校から「たがいに理解しあうために」というテーマで、聴覚障害教職員への情報保障から始まり、全校に手話が導入されるようになった様子や、手話が広がる中で「日本語を獲得すること」をどう考えるかという議論の様子、自立活動の中での手話や聾文化の学習や教職員や保護者が手話を学ぶ様子等が紹介されました。

その後助言者の松下先生から、コミュニケーションモードの選択以前に、コミュニケーションを成立させる発信や受信などのチャンネル全般を考えて、コミュニケーションがどうなっているか考える必要があることや、日本語獲得と初期段階で具体的場面の中で外界を知ることとの関連性についてお話をいただきました。

そして最後に、手話の使い方ややコミュニケーションについての生徒の理解の仕方を含めたコミュニケーション全般の情報交換を行って、協議会は終了しました。