定期代議員総会議事録

 

 平成16年5月25日(火)、午後1時より、筑波大学附属聾学校歯科技工科棟会議室に於いて、平成16年度全日本聾教育研究会定期代議員総会が催された。

 総会の成立が確認された後、議長は、栃木聾学校の臼井栄美子先生、副議長に熊本聾学校の茶園浩司先生が選出された。総会の成立については、右表参照。代議員の出席については、「代議員名・会員数一覧」参照。午前中の全理事会で了承された各議事が理事より報告され、以下の報告の通り、定期代議員総会においてもすべて了承された。また三重県立聾学校の藤井常任理事より、前段で記載されているように三重大会の準備状況が口頭で報告された。

総会成立の確認

出 席 20

委 任 83

未回答 0


総 計 103


出席・委任状で3分の2を
超えましたので
総会は成立しました。

   
   総 会 次 第                       
   

1.開会の言葉(長谷川副会長)

2.会長挨拶

3.議長選出  −総会成立の確認−

4.議事

  1)平成15年度事業報告

  2)平成15年度決算報告(略)

  3)平成15年度会計監査報告(略)

  4)平成16年度役員の選出

  5)平成16年度事業計画

  6)会則の改正について

  7)平成16年度予算案審議(略)

  8)平成17年度以降の会場校

5.16年度新役員代表挨拶(秋谷会長)

6.閉会の言葉(松本副会長)

 (1)平成15年度事業報告  (2)平成15年度決算報告  (3)平成15年度会計監査報告
 (4)平成16年度役員選出  (5)平成16年度事業計画  (6)会則の改正について
 (7)平成16年度予算案については、すべて承認された。

*事業報告では神奈川大会事務局長・実行委員長より報告と謝辞が述べられた。

 G三重大会については、大会事務局の藤井理事より資料に基づき詳細に述べられた。

 H平成17年度の大阪大会については中道事務局次長より資料に基づきに述べられた。

 I平成18年度のAPCD2006関東大会については今井副会長より説明があった。

 J会則の改正については、常任理事会で承認された本誌13頁の原案が承認された。

 J本年度からの会費値上げについては、14年度全理事会・常任理事会において十分に協議し、アンケート結果(値上げやむを得ない75%以上)をふまえて、会長より・研究大会主管地区研・学校への支援の強化・繰越金のマイナス転換への対策・研究会独自の事業に対する備え等の説明があり、15年度1年間の期間を経て、今年度会費より500円値上げして1,500円に変更することが改めて確認された。この結果16年度よりの研究費・研究大会費の増額が見込まれ、大会経費の50%位になる予算案が組まれたことが事務局より報告された。

議事に続いて、3年間会長を務められた別府会長の挨拶に続き新役員を代表して秋谷新会長の挨拶があった。最後に松本副会長から閉会の言葉が述べられ、予定の15時前に総会は無事終了した。


会報のトップへ戻る