全 理 事 会 議 事 録


 平成15年10月 6日(月)午後1時30分より,横浜市立等聾学校に於いて,平成15年度第2回全日本聾教育研究会全理事会が催された。下記のような式次第で,会則により別府亮次会長が議長として議事を進行した。

【式次第】

《敬称略》

1.資 格 確 認  出席者名簿による確認 赤根 直樹

顧問、会長,副会長2名,監査1名、常任理事10名(欠席2名)  理事6名(欠席3名)

2.開 会 の 辞     副会長 今井 二郎

3.会 長 挨 拶     会 長 別府 亮次

4.大会開催校校長挨拶 実行委員長 田村 順一

5.議     事     議 長 別府 亮次

 *前回議事録の確認(会報第87号による)

(1)平成15年度第37回神奈川大会

・参加者数850名、集録申し込み550冊、発表件数91(報告)
・通級部と乳幼児相談・指導の分科会を今後固定化したい(神奈川としての考え)
 手続き上難しいと思うが、検討課題とする。(事務局意見)

(2)平成16年度以降の大会について

1.平成16年度第38回三重大会

・大会参加費について
会員外5500円を6000円にしてはどうか(来年度より会員の会費を値上げに伴い、これまでの1500円の差額を維持するために値上げしてはどうか)
・研究集録をCD−RM化するという考えもあるが,もう少し先の話と考えている。

2.平成17年度第39回大阪大会

・大会1日目(10月18日)の日程について

   指定授業及び学部舎研究会を行わない理由

4校で公開授業を行うため、移動に時間がかかり日程を組めなかった。
全日聾研究大会の主旨に反するので,もう一度持ち帰って検討してほしい。(事務局意見)

3.平成18年度第40回関東大会・第9回アジア太平洋地域聴覚障害問題会議

  (別紙掲載)

(3)各地区研究会の報告

   北海道地区・・・第14次研第1回北聴研室蘭大会開催。3日間

   東北地区・・・平成15年度六部研研究会を6校で開催。文集「かけはし」発行。

   関東地区・・・全日本聾教育研究大会を神奈川で開催。
           また,年度内に5つの研究会を開催。

   北陸地区・・・新潟校で9月に研究会を開催。 北陸4県6校から
           100名を越える参加があり有意義な研究会であった。

   東海地区・・・第41回東海地区聾教育研究大会を10月24日(金)に
           名古屋校で開催。

   近畿地区・・・基本問題研究会と12の部別・専門別研究会を開催。

   中国地区・・・中国・四国地区研究会徳島大会を開催。その他5研究会

   四国地区・・・中国・四国地区連合の研究会徳島大会を開催。

   九州地区・・・福岡校で第10回九州地区聴覚障害教育研究大会開催。

*詳しくはホームページの地区研の研修・研究会をご覧下さい。

(4)その他

  ・来年度の会費値上げに伴う予算案を次常任理事会で提案する事が確認された。

6.閉会の言葉 次期開催地区会長 松本 傳夫

 引き続き大会運営委員会、体育館において分科会担当者打合会がありました。打合会では助言者を中心に分科会ごとに細かい日程の打ち合わせが熱心に行われました。


会報のトップへ戻る