14.進路指導・職業教育


福島県立聾学校

香取 重治

本分科会では『生徒の将来の夢や希望をかなえ、社会でたくましく生きる力を育て、身につけさせるための進路指導、職業教育について考えよう』というテーマで午前2本、午後1本の研究発表が行われ、それに基づく討議が行われた。その後、参加校の状況について情報交換がなされ、最後に指定討論者の加藤進一先生から指導助言をいただいた。

研究発表は、山形校の樋口先生より「高等部の普通科改編後における進路先の変化と現在の進路指導における課題」、技短の伊藤先生より「デザイン教育としての活動と就職後の実際について」、葛飾校の守屋、高橋先生より「東京都立葛飾ろう学校職業6系の現状と課題」と題して行われた。その中で共通して言えることは、 一つ目は、生徒一人一人に応じた進路指導をどのように行っていくか。全国的に聾学校の生徒数が減少しているなかで、学科改編を行い職業科から普通科へ、また、職業科を統廃合している。その中で学ぶ生徒の教育課程をどのように位置づけていくか。そして、これからは生徒や保護者のニーズを把握し弾力的に教育課程を運用し進路指導を行う必要性がある。

二つ目は、職業意識をどう育てていくか。情報交換のなかでもあったが多くの学校で現場実習、職場体験実習、インターンシップなどの就労体験を行っている。その中でいろいろな目的をもって行うわけだが、それが、つまり自分(生徒)の生き方、あり方の指導につながっていかなければならない。

最後に、指定討論者の加藤先生より全体を通して指導助言いただいたことを紹介する。

一つ目は、校内での情報提供の重要性。進路指導部でもっている情報を提供し、職員の共通理解を図り、進路について学校全体で取り組めるように意識改革を行う。

二つ目は、学校と企業の相違点。企業のものの見方、考え方は違う。その中で学校は良い点は取り入れながら、生徒に身につけさせていく必要がある。

三つ目は、地域との連携。学校で行っていることが地域とどう関わりを持っているのか。また、役立っているのか。生徒に意識させていく必要がある。

四つ目は、人材の確保。聾学校の教育を支えているのは誰なのか、もう一度考えて欲しい。それはつまり自分達自身(教員)ではないか。そのために専門性を磨き教養を身につけていく必要がある。