11.算 数 ・ 数 学

栃木県立聾学校 竹村 修一

 本分科会においては「一人一人に問題を解く課程の大切さを意識づけ、意欲的に問題に取り組む力を伸ばすための指導内容・方法について考えよう」というテーマをもとに3本の研究発表がなされました。また、座長の最首先生から適切なご指導、ご助言をいただきつつ、各校の実状を基にした意見交換が行われました。
 宮城県立聾学校からは、「インターネットを活用した数学共同学習」についての発表がなされました。学習集団の少人数化や固定化などの問題を抱えた特殊教育諸学校同士が、メーリングリストを利用した数学の共同学習を行ったところ、課題解決のための検討結果を意見交換することで、自分の考え方の妥当性や有効性、他の生徒の考え方との関連性などを検討でき、自己評価に繋がった。以上ことから、インターネットを活用した共同学習は、生徒の多様な考えを引き出し、コミュニケーション活動を支援することができ、生徒の主体的な学習活動を構成するのに有効であるという報告がなされました。
 筑波技術短期大学からは、「数学の学習における動的教材の活用とその効果」についての発表がなされました。抽象的かつ形式的な内容を扱う数学科の学習指導では、構造的意味の伝達が重要であるが、送り手が付加する構造的意味は必ずしも受け手が解釈する構造的意味と一致せず、困難性が伴うことがある。これを克服するための1つの手だてとして動的教材をC言語によって作成し、活用したところ、共通の問題場面を想定し、意味のある話し合い活動を進めることができ、コミュニケーションを深める1つのきっかけを与えらとの報告がなされました。
 秋田県立聾学校からは、「数学的な考え方を身に付け、問題解決に取り組もうとする児童生徒をめざして」というタイトルの発表がなされました。算数・数学の学習を進める上での困難点はどこにあるのかを探るため、児童生徒の問題の思考過程を分析し、個々の生徒にあった支援活動を検討したところ、「個にあった支援」、「イメージ化」、「筋道を立てて考える力」、「主体的に考える力」という4つの観点からの支援活動が有効であり、今後は教科間のつながりや担当者間の連携、コンピュータ活用や内面的行動面を伸ばす指導方法の検討を進めることが課題になるであろうという報告がなされました。
 分科会の最後に、最首先生から、@かけ算九九が必要な場面を作っていくこと、 A学力差に応じた指導法を十分に検討すること、B図、絵、グラフなどを書かせ、文章題の全体を想像させること、C確認テストをできるだけやらせ、間違えのパターンを認識させることなどが重要あるとのまとめがなされました。 
 今回の分科会での発表や意見を参考にして、今後の実践に生かしたいと思いました。