全理事会議事録

 平成12年5月23日(火),午前10時30分より12時,錦糸町アルカ13に於いて,平成12年度全日本聾教育研究会全理事会が催された。
 全理事会は,会長挨拶(小澤先生)の後,事務局(赤根)により,理事・常任理事の確認が行われた(出席者は役員一覧参照)。 
会則により会長の小澤先生が議長として議事を進行した。
 出席者による自己紹介の後,以下の7つの議事が扱われ,すべて原案了承された。また3つの報告がなされた。

全理事会

1)平成11年度事業報告

2)平成11年度決算報告

3)平成11年度監査報告

4)平成12年度役員選出
○監査については,東京都聾学校長会より1名,近畿地区の聾学校長会より1名お願いすることが確認された。

5)平成12年度事業計画

6)平成12年度予算案

7)平成11年度2月の常任理事会よりの提案
○全日本聾教育研究会のホームページを開設して、会員により多くの情報を提供し、将来的には会報等も掲載して経費の節約を図り、会員の減少に対処する提案が事務局よりされていた。
・本理事会では、開設の時期・会員側の端末の及率・ランニングコストの面など話し合われた。本年度より準備を進め、平成13年仮開設−平成15年本開設が承認された。
事務局へ一任、という形がよいのではないかと会長はまとめた。

8)平成12年度以降の会場校
○福島大会の運営について
・従来と変わった点は、口頭発表と紙面発表を試みる点で、若干スタイル異なるが、発表総数には影響のないように配慮しながら準備を進めて、9月に発表者に通知されるとのことです。実行委員長からは、「参加者には荷物にならない、すぐ現場で役に立つものを持ち帰っていただくように」を心がけ準備を進めているとつけ加えられた。
○福井大会の開催要項案が報告された。
○北海道大会の基本構想が報告された。
○神奈川大会の基本構想案が報告された。

 最後に事務局(赤根)より連絡のあと、正午に会は終えられた。


会報へ戻る