(6)全日本聾教育研究会全国大会の今後の在り方

(1)「全国大会の今後の在り方について」検討の経緯

○平成22年度第2回全理事会(平成22年10月12日実施)

○平成22年度常任理事会(平成23年2月18日実施)

○平成23年度第1回全理事会(平成23年5月19日実施)

(2)全国大会の今後の在り方について」決定・確認・検討事項(要点のみ)

○全国大会開催の意義

○開催期日・期間

○全国大会担当の主管地区・主管校

年度 北海道 東北 関東 北陸 東海 近畿 中国・四国 九州
45 23       長岡        
46 24             高知  
47 25         愛知      
48 26           兵庫    
49 27               佐賀
50 28     附属          
51 29              
52 30              
53 31              
54 32              
55 33              
56 34              
57 35              
58 36              
59 37              
60 38              

○参加費・資料代

○内容・日程

○アトラクション

○研究協議分科会助言者等の報償費

○情報保障

○全国ろう学校PTA連合会との連携

○研究発表質向上の方策

○全国聾学校長会との連携

以上の決定事項を基本として、主管地区・主管校、理事会等と協議しながら、実施できるところから進めていくこととする。


会報のトップへ戻る

全日聾研のトップへ戻る