『ストーマ装具給付申請は3月31日まで』 区役所で手続きを 

 直近の行事予定 会報 横浜だより 平成30年1月号 新入会員のかたに 研修等の感想を お聞きしました  年間行事スケジュール 講演会・研修会・相談会
オストメイトの入浴に   ご理解を!! 厚生労働大臣へ要望 内閣府特命大臣へ要望 オストメイトの方々へ 公衆浴場への入浴には マナーを守りましょう 浴場事業者の方々へ オストメイトの入浴に ご理解をお願いします   若い会員 懇談会の報告
   病院ランキング コロストミー手術件数    病院ランキング ウロストミー手術件数  オストメイト用 トイレのいろいろ オストミートイレの    変遷
オストミー人口 新規 総数 オストメイト人口 地域別 オストメイト人口比率  オストメイトの健康法 顧問医 三浦先生年頭講話

目次ページへ(クリックしてください)
      
オストメイト <人工肛門・人工膀胱を持つ人> の皆さんへ

 横浜市オストミー協会 [公益社団法人日本オストミー協会横浜市支部] は人工肛門や人工膀胱を持つ人々
(オストメイト)だけで運営して いる公益法人です。  オストメイトの皆さんが安心して暮らせる社会を、また福祉
制度の充実を目指して国や自治体に働きかけているボランテァ活動団体(1969年設立)です。
 オストメイトの多くの皆さんはがんを克服し、術後の健康を取り戻しています。 協会の活動を通して術前と同じ
ような活動ができるような健康を維持されている方が多くおられます。 同憂者の皆さん、オストミー協会に加入し
、いろいろな難関を克服し、各自の健康を取り戻し一緒に健康を享受しましょう。
 また、オストメイト特有の不安を解消するために一体となって国や自治体と折衝しましょう。全国で約10,000名
の方が会員となっています。世界やアジアの国々のオストメイトとも交流しています



未入会のオストメイトの皆様へ

 東日本大震災では、会員の皆様の安否確認、装具等の配布確認などは、被災支部の役員さんの努力でなされ
ましたが、非会員の方々へのケアは個人情報保護法の壁があり、名簿等が入手できず実施することができませ
んでした。
 まだ入会されていないオストメイトの皆様は、是非会員になって、非常時の時も会員相互の共助によって助け
合いましょう.。 
また、協会では横浜市にストーマ装具の公的施設への個人備蓄の実現をお願いしておりますが、その推進に
ご協力して下さい。神奈川県下の多くの市や町では、個人備蓄が実施されつつありますが、川崎市は公的備蓄が
始まりました。
横浜市は、個人備蓄の実施計画が検討段階です。黒岩知事も県議会で賛同され、県下の市町村に個人備蓄の
推進を奨励すると回答をされています。  皆さんも声をあげて一緒に要望をしてください。


 皆様が、日常生活用具として給付を受けているストーマ装具は、昭和59年8月2日の身障法の改正に伴い、
補助制度が実現しました。 互療会(当協会の前身、昭和44年設立)が昭和46年以来、国や地方自治体に向け
て運動を起こして、13年間の言葉に言い尽くせない辛苦の活動の末に認められました。障害厚生年金も運動を
初めて6年目に認められました。このように、国や地方自治体へは忍耐強く陳情を続けることが必要です。
 未入会の皆様には、是非当協会に入会されて、私たちとご一緒にオストメイト福祉の充実にご尽力をお願いいた
します。


災害時のストーマ装具入手方法について
 
 平成27年台風18号等による大雨洪水災害や平成28年4月の熊本地震等災害が発生したとき、被災地域の
オストメイトで、ストーマ装具を持ち出すことができなかった方は、どのようにして装具を入手されたでしょうか。
 行政は突然の災害で、私たちの面倒を見てくれたでしょうか。
 多くの自治体は、医療機器販売業協会等と災害時の物資供給協定を締結していて、避難所等でストーマ装具を
配布してくださることになっていますが、緊急時の対応はほとんど不可能です。
 ストーマ装具を製造販売している会社で構成するストーマ用品ネットワーク連絡会では、災害救助法の適用がな
されている地域で、家屋などの被害によりストーマ装具を入手できない方を対象に、1ヶ月間内でストーマ装具を
無料で提供してくださることになっています。 今回の熊本地震では、緊急支援用ストーマ装具セットを配布して頂
きました。  受取方法は下記のとおりです。詳細は研修会や相談会等で情報を入手してください。
 しかし同連絡会は、あくまでボランティア活動の一環ですので、入手できない場合もあります。オストメイト同士の
相互助け合い(共助)も考えておく必要があります。 3.11以降、日本列島の地殻構造は活動期に入ったようで
地震学者も警告しております。
 避難所などで救援用のストーマ装具を頂いたときは、日頃使用している装具と異なるものが配布されると思って
下さい。  どのような装具でも使えるように、日頃から考えておいてください。予想される関東地震や東海地震等
巨大な地震に遭遇したときは、何もなくても身近なもので代用する応用力も求められます。まさにサバイバルの状
態に置かれるかもしれません。協会では、研修会や相談会で真剣に議論を重ねています。

  1.現在購入している販売店に連絡し、入手する。
  2.ストーマ外来を受診している病院から入手する。
  3.避難所から入手する。避難所から現在購入している販売店に連絡し取り寄せる。


 地震による災害時も同様ですが、特に自助が重要です。行政などの支援は最低1週間は受けられないことを
念頭に日頃から準備することが望まれます。非常持ち出し、比較的安全な場所に分散して保管しておく、近くの
親戚や知人宅に保管させて頂くなどの備えが大切です。私たちはストーマ装具がないと直ちに活動ができなくな
ります。


ワールドオストミーデイ(WOD) とは

 ワールドオストミーデイは、IOA(国際オストミー協会)が定めた、世界中のオストメイトがオストメイトの安寧を念じ、
健常者と肩を並べて、社会貢献していることをアッピールする日です。1993年10月に第1回が開催され、3年に
1回行われます。 一人で埋もれている全てのオストメイトに対して、ストーマケアを受けられる施設や、皮膚のカブ
レや臭の漏れのしない装具の存在を知らせる日でもあり、オストメイト達の健康を祝福する日でもあります。
 80か国以上のオストミー協会が、一斉に開催します。JOAでは、これまで障害者週間行事(毎年12月開催)を中
心に啓発活動をしてきましたが、今後、ワールドオストミーデイ(WOD)にも取り組んで行く予定です。


オストミー患者サロン ”あさひ”

 県立がんセンターでは、『患者サロンあさひ』が開設されています。 毎月第3金曜日は、オストミー協会のサポー
ターが担当しております。サロンの部屋は、がんセンター1階受付前の開放感のある明るいスペースです。会員・非
会員・家族・がんセンターの患者でない方、 どなたでも立ち寄って、ゆっくりお話ができます。協会の役員も詰めて
います。
 特に、がんセンターのある旭区の近くにお住まいの方は、是非お立ち寄りになり、サポーターと懇談されてはいか
がでしょうか。お気軽におしゃべりしましょう。


 オストメイトの公衆入浴施設における入浴拒否、再発防止に関する要望

 協会は、会長名で内閣府及び厚労省に要望書を提出を提出しました。 また、全国公衆浴場業生活衛生同業者
組合連合会、並びに全国旅館ホテル生活同業組合連合会にも協力を要請する要望書を提出しました。
 入浴拒否の問題は古くから散見され、新聞などにも報道されますが、ストーマ装具の品質が向上している現在、
問題がありません。 障害者差別の観点からも、関係者に対応をよろしくお願いします。


医療講演会 & ストーマ装具関連製品展示説明会 

 医療講演会とストーマ装具関連の展示説明会を開催します。

 会員でない方も入会を希望される方もどなたでも参加できます。ご家族もご一緒にご参加ください。
入会の受付も致しております
。 看護や介護、その他の関係者も参加できます。
毎年10月に開催する人工肛門に関する医療講演や人工膀胱に関する医療講演に併設して展示説明会を開催し
ます。 
また5月の総会後の医療公演や、7月の手術3年未満の方を対象にした初心者研修会の開催日にも展
示説明を、装具販売店が行います。
 会報やホームページで開催日を調べて、是非お越し下さい。会員、非会員を問いません。入場は無料です。

 
        
 
役員による当事者相談もお受けします。                                   

オストメイト健康教室・地区別相談会

地区別の相談・体験交流会が下記の日程で開催されました。ご家族、会員外の方も是非ご参加ください。

  4月15日(土)  9月19日(火)   南部地区    南・港南・磯子・金沢・市外の方
  4月18日(火)  9月 3日(日)   中・西部地区  旭・西・中・保土ヶ谷・栄・戸塚・泉・瀬谷・市外の方
  4月23日(日)  9月 9日(土)   北部地区    青葉・都筑・港北・鶴見・緑・神奈川・市外の方

   会場  桜木町  健康福祉センター (JR桜木町駅前  野毛側)  8階会議室
        受付開始      13:00
        開会         13:30
        閉会         16:30

  
小グループに分かれての体験懇談を行います。
  皮膚・排泄認定看護師(WOCN)による個別相談(希望者)を併設します。(希望者のみ)
    

 

日帰りバス研修旅行(27年3月)  終了しました

東京に、こんなところありました!!
 
42名の方が参加され、キリスト教やイスラム教の教会や東京大学構内、旧前田公爵邸の見学をしました。
途中バス車内では、おストメイトの抱える色々な問題を話し合い、お互いが啓発されました。 
参加された方の感想は会誌「横浜だより」5月号に掲載されます。

 椿山荘の隣に位置する東京カテドラル聖マリア教会の庭園にて。

1911年フランス人宣教師によって作られたフランス、ルルド地方のマッサビュール洞窟そっくりの洞窟。(聖マリアが現れたというルルドの泉)

大聖堂は丹下健三氏の設計によるとても近代的な御御堂です。


 

28年3月は、日ごろ行かない鎌倉スポットと江ノ島水族館を訪ねました。
平成28年  新春の集い (新年会)      報告 
29年1月8日(日) 「ロイヤルホテル横浜ガーデン」 横浜関内
今年は50名の方が参加され、山田会長の挨拶、顧問医の三浦先生の恒例の医療講話に続いて、ウエル
カムサポートセンターの桜井社長のお話があった後、乾杯で新年を祝し、和やかに新宴会がスタートしま
した。向後さんのフラダンスの披露、太極拳グループのコーラス、各テーブル代表のカラオケ、ビンゴ大会
などフランス料理に舌鼓を打ちながら楽しみました。









28年1月17日
(日)  「ホテルヨコハマガーデン」  横浜関内
今年は51名の参加がり、恒例の三浦顧問医先生の医療講話に続いて、アルケア社の長谷川さん(首都圏
西営業所)のお話がありました。山田支部長のけん玉実演、太極拳グループのコーラス、カラオケ、ビンゴ
などを食事をとりながら楽しみました。

昨年27年は会場を華やかな「ロイヤルホテルヨコハマ」で新宴会を開きました。 57名の方が参加されました。
顧問医の三浦先生の医療談話を拝聴したあと、宴会を始めました。会場が結婚式場で、華やかな雰囲気で、
新春らしい楽しい会でした。
テーブルごとの選抜カラオケ大会、ビンゴ大会、太極拳グループ(歌の練習もしている様です)のコーラスなどを
楽しみ、最後に全員で「花}を合唱し、散会しました。
       
 
 恒例の医療講話(三浦顧問医)  三味線と踊り(田中会員) 合唱(太極拳グループ) 
      

 がん予防の新しい10か条
三浦先生医療談話より抜粋
アクティブシニアの健康管理と抗加齢に有効な検査 
三浦先生医療談話より抜粋
  1.太らない(体重を理想に保つ)
  2.タバコを吸わない
  3.毎日運動をする(1日60分の速歩:1万歩)
  4.砂糖などカロリーの高い食物をさける
  5.大半を植物由来の食事をする
  6.肉を制限する(1日100gr)
  7.アルコールを制限する(1日1合、休肝日)
  8.塩分を制限する(1日6gr)
  9.健康サプルメントにたよらない
  10.母は母乳をのませ、子は母乳を飲む

 キャンサーサバイバーはこれらの条項を守りましょう
 1.血圧測定(脈圧、平均血圧)
  2.血清アルブミン値などの一般検査
  3.血清コレステロール値(血液老化度)
  4.身長、体重、骨密度などの身体検査
  5.頚動脈超音波検査(血管動脈硬化)
  7.脳ドック(無症候性脳梗塞、動脈瘤、脳萎縮)
  8.ホルモンバランス;男性、女性、甲状腺ホルモン

 
9.認知機能検査、MCI軽度認知障害の検査
  10.下肢筋力測定;下肢筋力計;健康創造室
  11.新しい検査;AICS AIMSなど 




当協会はオストメイトの福祉の改善のために活動しています(クリック)


平成22年4月1日より、横浜市のストーマ用装具の給付基準額が増額変更になりました。

コロストミー(人工肛門)用 10,000円/月
ウロストミー(人工膀胱)用 13,000円/月

9月と3月はストマ装具の交付の申請月です

最寄の区役所福祉保健センター(高齢障害支援課)で手続きをしましょう。


横浜市のストーマ用装具給付対象品目

身体障害者手帳を持つオストメイトには、横浜市の重度障害者(児)日常生活用具給付事業とし
ストーマ袋や上記記載の付属対象用品が交付基準金額の範囲以内で支給されます。
洗腸用具を選択される方は、対象品目が異なりますので、区役所にご相談ください。

  


オストミー(Ostomy)とは?
 オストミー(Ostomy)は、疾病や傷害などにより肛門や膀胱の正常な機能の喪失に伴い、体内排泄物を排出させるために腸管に人工的に設けた小孔のことを意味し、 この小孔を腹壁に導き、設けた開口部をストーマ(Stoma)と云います。     
オストミーには、結腸人工肛門(Colostomy)、回腸人工肛門(Ileostomy)、人工膀胱(Urostomy)があります。ストーマの造設手術を 受けた人は、便や尿の排泄を自律的に制御できないためストーマの上から特別な袋(Pouches)を貼りつけて排泄物を一時的に溜めるようにしています。

オストメイト(Ostomate)とは?
 このような手術を受け、ストーマを造設した人のことをオストメイトと云います。



height="35" [使用済みストーマ用装具の処分方法]
 * 分別収集の区分(横浜市)は『家庭ごみ』です
戻る
公益社団法人日本オストミー協会横浜市支部  横浜市オストミー協会