New!! 平成31年度 研修会年間予定表
New!! 介護者研修の案内を掲載しました  

New!! 航空旅客運賃の障害者割引の適用範囲が改正され、身体障害者手帳1種、2種保持者は介護者1名を割引 
ew!! にいまるよんまる『若い世代交流会』を紹介しています
ew!! 『ストーマ装具給付申請月は3月と9月です』 区役所へ(9月は手帳と印鑑、マイナンバーを持参)

新着情報

 「若いオストメイト交流会 in 横浜」 が 3月10日(日)に開催されました。
 6月8日(土)東京、国立オリンピック記念青少年総合センターで開催された第31回全国大会に
 
おいても「全国若いオストメイト交流会」が開催されました。装具メーカーや販売店によるストーマ
 装具類の展示会
も開催されました。
 交流会にご興味のある方、若いオストメイトと交流してみたい方は事務局にお問い合わせください。
 なお、
にいまるよんまる 若いオストメイト交流会の詳細は、下欄の7段2列目をクリックして
 ください。または、左のページ案内の「
20/40 若いオストメイト」のページをご覧ください。

目次ページへ(クリックしてください)

行事予定 平成31年度 2019新年会 新会員の方の 研修会の感想 会報新年号 
 オストメイトの入浴 行政への要望書  オストメイトの入浴  公衆浴場 ルール  オストメイトの入浴 事業者様へのお願い  航空運賃割引 障害者適用拡大 
  病院ランキング 人工肛門手術件数   病院ランキング 人工膀胱手術件数  オストミートイレ いろいろの種類  オストミートイレ トイレの変遷
 オストメイトの人口   全国統計  オストメイトの人口  地域別統計  オストメイトの人口  全国の人口比率  ストーマ用バッグ  ごみ出し方法
 オストメイト 福祉の手引  日常生活用具 ストーマ用装具  横浜 日生具 給付事業解説  
ピアサポート 研修会報告      
  現役世代 懇親会の報告  にいまるよんまる 若い世代交流会 にいまるよんまる 交流会参加申込  
  介護職研修 実施報告30-1   介護職ストーマ  研修会30年度2  介護職研修 実施報告30-2   
       

 オストメイト <人工肛門・人工膀胱を持つ人> の皆さんへ
横浜市オストミー協会 [公益社団法人日本オストミー協会横浜市支部] は人工肛門や人工膀胱を
持つ人々(オストメイト)だけで運営して いる公益法人です。
 オストメイトの皆さんが安心して暮らせる社会を、また福祉制度の充実を目指して国や自治体に働き
かけているボランテァ活動団体(1969年設立)です。
 オストメイトの多くの皆さんはがんを克服し、術後の健康を取り戻しています。協会の活動を通して術前と
同じような活動ができるような健康を維持されている方が多くおられます。
 同憂者の皆さん、オストミー協会に加入し、いろいろな難関を克服し、各自の健康を取り戻し一緒に健康を
享受しましょう。
 また、オストメイト特有の不安を解消するために一体となって国や自治体と折衝しましょう。全国で約10,000名
の方が会員となっています。世界やアジアの国々のオストメイトとも交流しています。



未入会のオストメイトの皆様へ

 東日本大震災では、会員の皆様の安否確認、装具等の配布確認などは、被災支部の役員さんの努力で
なされましたが、非会員の方々へのケアは個人情報保護法の壁があり、名簿等が入手できず実施することが
できませんでした。
 まだ入会されていないオストメイトの皆様は、是非会員になって、非常時の時も会員相互の共助によって助け
合いましょう.。 また、協会では横浜市にストーマ装具の公的施設への個人備蓄の実現をお願いしておりますが、
その推進にご協力してください。
 神奈川県下の多くの市や町では、個人備蓄が実施されつつありますが、横浜市と川崎市は個人備蓄実施は
進展していません
。皆さんも声をあげて要望をしてください。

 皆様が日常生活用具として給付を受けているストーマ装具は、昭和59年8月2日の身障法の改正に伴い、
補助制度が実現しました。互療会(当協会の前身、昭和44年設立)が昭和46年以来、国や地方自治体に
向けて運動を起こして、13年間の言葉に言い尽くせない辛苦の活動の末に認められました。障害厚生年金も
運動を初めて6年目に認められました。このように、国や地方自治体へは忍耐強く陳情を続けることが必要です。
 未入会の皆様には、是非当協会に入会されて、私たちとご一緒にオストメイト福祉の充実にご尽力をお願い
いたします。

災害時のストーマ装具入手方法について
 
 平成27年台風18号等による大雨洪水災害が発生し、9月10日に茨城県の鬼怒川、小貝川流域の市町に
災害救助法が、また11日には栃木県、12日には宮城県の甚大な被害が出ている地域に災害救助法の適用が
決定されました。被災地域のオストメイトで、ストーマ装具を持ち出すことができなかった方は、どのようにして
装具を入手されたでしょうか。行政は突然の災害で、私たちの面倒を見てくれたでしょうか。
 多くの自治体は、医療機器販売業協会等と災害時の物資供給協定を締結していて、避難所等でストーマ装具を
配布してくださることになっていますが、緊急時の対応はほとんど不可能です。
ストーマ装具を製造販売している会社で構成するストーマ用品ネットワーク連絡会では、災害救助法の適用が
なされている地域で、家屋などの被害によりストーマ装具を入手できない方を対象に、1ヶ月間内でストーマ装具を
無料で提供してくださることになっています。
受取方法は下記のとおりです。詳細は研修会や相談会等で情報を入手してください。しかし同連絡会は、あくまで
ボランティア活動の一環ですので、入手できない場合もあります。オストメイト同士の相互助け合い(共助)も考えて
おく必要があります。

  1.現在購入している販売店に連絡し、入手する。
  2.ストーマ外来を受診している病院から入手する。
  3.避難所から入手する。避難所から現在購入している販売店に連絡し取り寄せる。

 地震による災害時も同様ですが、特に自助が重要です。行政などの支援は最低1週間は受けられないことを
念頭に日頃から準備することが望まれます。非常持ち出し、比較的安全な場所に保管しておく、近くの親戚や
知人宅に保管させて頂くなど備えが大切です。私たちはストーマ装具がないと直ちに活動ができなくなります。、


 オストメイトの公衆入浴施設における入浴拒否、再発防止に関する要望
 

協会は、会長名で内閣府及び厚労省に要望書を提出を提出しました。 また、全国公衆浴場業
生活衛生同業者組合連合会、並びに全国旅館ホテル生活同業組合連合会にも協力を要請
する要望書を提出しました。 入浴拒否の問題は古くから散見され、新聞などにも報道されま
すが、ストーマ装具の品質が向上している現在、問題がありません。障害者差別の観点からも、
関係者に対応をお願いします。


医療講演会 & ストーマ装具関連製品展示説明会

毎年5月、7月、10月に、医療講演会や初心者研修会とストーマ用装具の展示説明会が開催されます。

 会員でない方も入会を希望される方もどなたでも参加できます。ご家族もご一緒にご参加ください。
 入会の受付も致しております


 
5月  総会(午前)と医療講演会(午後)が開催され、展示会が併設されます。
  7月  初心者(術後3年までの方)対象の医療講演・相談会開催され、展示会が併設されます。
 10月  消化器系及び泌尿器系の医療講演が開催され、各々展示会が併設されます。

 併設される展示会は、年間行事スケジュール(このHPにも掲載)、会報などで案内しています。
  ストーマ装具展示会には、装具メーカ、販売店、オストミー関連品販売業者等が出品します。

                                           
オストメイト健康教室・地区別相談会

 毎年4月と9月に、各3回開催しております。実施日は年間スケジュールをご参照ください。

 地区別に相談・体験交流会を開催しますので、ご家族、会員外の方も是非ご参加ください。
  ストーマ外来を担当されている看護師さんのお話や相談受付もあります。
  当事者同士でなければ、話し合えないことをお互いに話し合い、お知恵拝借にも活用しています。

     中・西部地区  旭・西・中・保土ヶ谷・栄・戸塚・泉・瀬谷・市外の方
     南部地区    南・港南・磯子・金沢・市外の方
     北部地区    青葉・都筑・港北・鶴見・緑・神奈川・市外の方

  会場は、桜木町にある健康福祉センターで開催しています。 (JR桜木町駅前  野毛側) 8階会議室
        受付開始      13:00
        開会         13:30
        閉会         16:30

  
グループ体験懇談 と 皮膚・排泄認定看護師(WOCN)による個別相談(希望者)    

    
20/40 若いオストメイトの会             
現役世代(55歳以下)の方を対象とした若いオストメイトの会を開催しています。 
30名程度の参加者があり、横浜市外や神奈川県外からも多くの方が参加されています。
若い方が多くの悩みを持ち、また同世代の相談相手を求めておられます。
参加者からは、話したりなかった、色々なお話が聞けて参考になった、若いオストメイトに出会えて
良かった、全国各地で開催して欲しい等の感想うが寄せられました。
WOC認定看護師(ストーマ外来を担当されている)さんからお話やアドバイスを頂いております。   
  詳細は会誌「横浜だより」やこのHPに掲載されます。
日帰りバス研修旅行  一泊バス研修旅行

毎年、春と秋に研修旅行を実施しています。ストーマ装具の使用方法や入浴法等、当事者の仲間と
一緒に行動をして、お互いにノウハウを取得し、また懇親を深め、助けあいを行っています。
開催時期などの案内は、会報をご覧になるか、1月ごろ、または9月ごろ事務局へ問い合わせてください。
通常は3月(日帰り研修)と11月(一拍研修)に実施しています。
新春の集い (新年会)      報告 
毎年1月中旬に
新年会を開き、お互いの健康を祝福しています。
顧問医の三浦先生の医療談話を拝聴したあと、宴会の始まりとなります。
テーブルごとの選抜カラオケ大会、ビンゴ大会、太極拳グループ(歌の練習もしている様です)のコーラスなどを
余興を楽しみ、最後に全員で合唱し、閉会します。写真と表は一例です。
       
 
 恒例の医療講話(三浦顧問医)  三味線と踊り(田中会員) 合唱(太極拳グループ) 
      

 がん予防の新しい10か条
三浦先生医療談話より抜粋
アクティブシニアの健康管理と抗加齢に有効な検査 
三浦先生医療談話より抜粋
  1.太らない(体重を理想に保つ)
  2.タバコを吸わない
  3.毎日運動をする(1日60分の速歩:1万歩)
  4.砂糖などカロリーの高い食物をさける
  5.大半を植物由来の食事をする
  6.肉を制限する(1日100gr)
  7.アルコールを制限する(1日1合、休肝日)
  8.塩分を制限する(1日6gr)
  9.健康サプルメントにたよらない
  10.母は母乳をのませ、子は母乳を飲む

 キャンサーサバイバーはこれらの条項を守りましょう
 1.血圧測定(脈圧、平均血圧)
  2.血清アルブミン値などの一般検査
  3.血清コレステロール値(血液老化度)
  4.身長、体重、骨密度などの身体検査
  5.頚動脈超音波検査(血管動脈硬化)
  7.脳ドック(無症候性脳梗塞、動脈瘤、脳萎縮)
  8.ホルモンバランス;男性、女性、甲状腺ホルモン

 
9.認知機能検査、MCI軽度認知障害の検査
  10.下肢筋力測定;下肢筋力計;健康創造室
  11.新しい検査;AICS AIMSなど 




当協会はオストメイトの福祉の改善のために活動しています(クリック)


平成22年4月1日より、横浜市のストーマ用装具の給付基準額が増額変更になりました。

コロストミー(人工肛門)用 10,000円/月
ウロストミー(人工膀胱)用 13,000円/月

9月と3月はストマ装具の交付の申請月です

最寄の区役所福祉保健センター(高齢障害支援課)で手続きをしましょう。


横浜市のストーマ用装具給付対象品目

身体障害者手帳を持つオストメイトには、横浜市の重度障害者(児)日常生活用具給付事業とし
ストーマ袋や上記記載の付属対象用品が交付基準金額の範囲以内で支給されます。
洗腸用具を選択される方は、対象品目が異なりますので、区役所にご相談ください。


  


オストミー(Ostomy)とは?
 オストミー(Ostomy)は、疾病や傷害などにより肛門や膀胱の正常な機能の喪失に伴い、体内排泄物を排出させるために腸管に人工的に設けた小孔のことを意味し、 この小孔を腹壁に導き、設けた開口部をストーマ(Stoma)と云います。     
オストミーには、結腸人工肛門(Colostomy)、回腸人工肛門(Ileostomy)、人工膀胱(Urostomy)があります。ストーマの造設手術を 受けた人は、便や尿の排泄を自律的に制御できないためストーマの上から特別な袋(Pouches)を貼りつけて排泄物を一時的に溜めるようにしています。

オストメイト(Ostomate)とは?
 このような手術を受け、ストーマを造設した人のことをオストメイトと称します。



height="35" [使用済みストーマ用装具の処分方法]
 * 分別収集の区分(横浜市)は『燃やすごみ』です
戻る
公益社団法人日本オストミー協会横浜市支部  横浜市オストミー協会