「要約筆記」ってなんだろう?

☆☆要約筆記とは☆☆

耳の不自由な人に、話しの内容を文字にして伝える方法です。

耳の不自由な人のなかで中途失聴者・難聴者と呼ばれる人たちは言葉の習得が出来ている人が多く、文字によるコミュニケーションが可能です。

そのため、、話し手と聞き手(中途失聴者・難聴者)の間にたち、話の内容を文字にして伝えることが必要になります。

話し手の意図を正しく伝えること、また、話し言葉は書き言葉の何倍も速いので要約して伝えていくことが大切になります。その上に、文字は読み手にとって読みやすい字であることも必要です。

以上のことをまとめて要約筆記の三原則「速く・正しく・読みやすく」といっています。



☆☆要約筆記の方法☆☆

♪♪ノートテイクによる方法♪♪

聞こえない人のそばで紙に書いて伝える方法です。病院・相談・参観日などの場で使います。








♪♪OHCによる方法♪♪

透明なシートにマジックペンで書いてスクリーンに映し出します。一度に大勢の人に伝えること が出来ます。講演会や会議などで使います。







♪♪パソコンによる方法♪♪

パソコンを数台、LANでつなぎ、プロジェクターでスクリーンに投影します。

文字が均等で読みやすく、大きさも好みで設定できます。情報量が多いこともメリットです。

講演会や会議、また、個人的な依頼の場でも、ノートテイクのように使います。






表紙に戻る