車椅子ツインバスケットボールについて

日本で生まれたスポーツ

車椅子ツインバスケットボールは、下肢だけでなく、上肢にも障害を持つ重度障害者でもバスケットが出来るように考案されたスポーツです。これまで車椅子バスケットボールをやりたいと思っていても、ボールが正規のゴール(高さ3.05メートル)にシュートしても届かないとか、その早い動きについて行けないとか言った理由で参加できなかった人がたくさんいます。そういった人たちにとってこの車椅子ツインバスケットボールは、まさに画期的なスポーツの誕生となりました。

ツインバスケットボールの『ツイン』って?

バスケット

正規のゴールの他に、もう一つ低いのゴール(高さ1.20メートル)があるためにツインバスケットボールといいます。正規のゴールまでボールが届かない選手がこの低いゴールを使用します。またその周囲には3.6メートルの円(フリースロー・サークル)があり、低いゴールにシュートする選手を円外シューターと円内シューターに区別しています。正規のゴールにシュートをする選手は上シューターと呼んでいます。

大まかなルール

車椅子ツインバスケットのルールは基本的に、通常のバスケットと同じです。が、重度障害者でも参加できるようにと、ツインバスケ独自のルールがいくつかありますのでそれを紹介したいと思います。

ゴール、ボール

通常のゴール(3.05m)と、フリースローサークル中心に低いゴール(1.2m)を設置します。ボールはゴム製の5号球を使用します。

プレイヤーとチームの持ち点

プレイヤーには1.0点〜4.5点の間で持ち点というのがあり、障害が軽い人ほど持ち点は高くなっています。これによりショット方法が区分されヘッドバンドの有無や色で分けています。また、コートでプレイする5人の持ち点が11.5点を超えてはいけないことになっています。これは障害の重いプレイヤーの参加を原則にした規則です。

ショット区分 持ち点 ヘアバンド色
上ゴール(3.05m) 上シューター 3.0〜4.5 無し
下ゴール(1.2m) 円外シューター 1.5〜3.0
円内シューター 1.0〜2.0

ドリブルについて

車椅子バスケにはダブルドリブルはありません。しかしトラベリングのヴァイオレーションはあります。ボールを保持したまま、車椅子のタイヤを3回以上漕ぐとヴァイオレーションになります。赤色のヘアバンドの選手(円内プレイヤー)は、障害が重いのでボールを床に弾ますドリブルができません。その代わりのドリブル方法として、ボールを胸の高さまで持ち上げる動作がドリブルとなっています。