全国脊髄損傷者連合会 山形県支部 脊損山形

ホーム>>プロジェクト活動>>活動方針
 

活動方針

全面青色プロジェクト

 山形県で障害者用駐車場が青色に塗るように県条例が改訂されたのが平成17年の2月。

 我々車椅子を常用し運転している人達が、ゼブラ部分に駐車され困った経験が多かったことから、県に対しては全面青色で要望していました。

 しかし、当初発表された『望ましい基準』には、PDFのような青色と青色の間にゼブラが入ったものでした(図1左側)。 

 我々は猛烈に抗議している最中、案の定、それも県庁正面玄関前にある青色駐車のゼブラ部分に駐車されているのを目撃しました(写真1)

(写真1)


 その後、マスコミや県議会に働きかけ、8月には全面青色のマニュアルに改正され、県のHPに掲載(図1)され、現在に至っています。(現在のHPは右側のみです)

 車椅子を常用している運転者も、助手席に車椅子の方を載せている方もドアを全開しなければならないので3.5m幅は必要ですが、それぞれ工夫して駐車します。

 ゼブラ部分は一見配慮されているように見えますが、駐車場の幅を広くとるだけでなく、上記の写真のように不正駐車されやすいのです。

 全面青色は全国各地でみられるようになりましたが、今年度の連合会総会が開催された沖縄県のショッピングセンターの障害者駐車場が青色に塗装されたのを見た時、感激しました。

 その後、仲根支部長より青色の塗装手順の問い合わせがあり、車いすマークの型枠を送ったので、沖縄県の障害者マークの駐車場が、より一層青色になる事を期待します。

 平成29年のプロジェクト活動も中学生と一緒に、塗り直しからスタートしました。

 青色塗装と利用証制度の効果で、一般の方たちの不正駐車は極めて少なくはなりましたが、ゼロではありません。

障害者の社会参加をより一層進める為にも、今後も活動を継続します。

(図1)

 PDFは平成27年度に発行したパンフレットと障害者駐車場問題と国交省の考えです。

国交省パンフレット    障害者駐車場の問題点

 

全面青色これまでの経過

 

ピアサポートプロジェクト

『病気やケガで、身体が不自由になると
           日常生活には心配事が沢山あります。』

 そんな方たちをサポートする【ピアサポート事業】

 山形県支部発足から44年目。その間、お亡くなりになったり、個々の事情で退会された会員もおりましたが、会員の友愛訪問、ピアサポート活動と共に、22年度から2病院で開設した相談会の成果もあって、当支部には毎年新入会員があります。

 相談された方がすべて会員になるわけではありませんが、途中障害を負った方々にとって「経験している方々の話で勇気付けられました!」の声が励みになっています。

 今年度も引き続き2病院で継続致しているので、このHPを見た方で相談したい方は気軽に御出で下さい。

 

★ 相談室開設病院

1  日本海総合病院 1階 医療相談室(エントラスホール入口右側 )
    住所 酒田市あきほ町30番地  TEL 0234-26-2001
    原則 奇数月(5,7,9,11,1,3月)第3火曜日 11:30~13:30

2  鶴岡協立リハビリテーション病院 1階 外来待合ホール内 及び相談室
    住所 鶴岡市下山添字神明前38 TEL 0235-78-7511
    原則 偶数月(4,6,8,10,12,2月)第2火曜日 12:30~14:30

★ 相談内容

 ・車いすの生活はどうなるの? 
 ・家での生活はどうなるの? 
 ・車いすの選び方、福祉用具にはどんなものがあるの? 
 ・住宅改修はどうすればいいの? 
 ・車には乗れるの? 
 ・補助金制度はどうなっている? 
 ・同じ障害人たちの会合や、情報交換の場はあるの? 
 ・就学、就職、結婚は?

等々 気軽にお話しませんか!?

(相談員の都合により、変更されることがありますので、各病院の掲示板で確認頂くか、小林(080-1801-7670)まで連絡下さい)