第1種及び第2種社会福祉事業並びに公益を目的とする事業を行う社会福祉法人です。

社会福祉法人 秋田県身体障害者福祉協会
 Akita Prefecture handicapped Welfare Association
お電話でのお問合せ
018−864−2780
ファックスでのお問合せ
018−864−2781

ホーム 法人の事業 お知らせ 会報「身障秋田」 市町村協会 ダウンロード

 法人の事業(平成30年度)


 T 基本方針


 障害者差別解消法の施行により、障害のある人への差別をなくし障害のある人もない人も共に生きる社会を目指すことで、障害は社会のあり方との関係で生じるという社会モデルの考え方が徐々に浸透してきている。障害者が真に共生を実感できる社会となるには、多くの方々の理解と具体的な行動の積み重ねが必要であり、障害があることで気づくことや、その気づきを大切に育てていくことのできる社会が共に生きる社会へとつながっていく。


 我々が目指す社会は、すべての人の人権や尊厳が守られ、自己選択と自己決定による自立した暮らしの実現と、障害に対する社会的障壁が取り除かれた共生社会である。障害を理由とした差別の禁止と合理的配慮の提供が当たり前のこととして受け入れられ、それを定着させることが今後の課題であり、障害者差別解消法を根づかせ成長させることが我々障害者団体としての役割の一つであると認識しながら、これからの活動につなげていくことが重要である。


 当法人は、この基本方針を踏まえ、平成30年度において障害者支援施設の経営をはじめとした以下の事業を実施することによって、障害者の権利実現と尊厳を推進するとともに、更なる活動の強化と充実を図る。



( 事業推進の重点目標 )


1 障害者支援施設秋田ワークセンターを利用する方々に、日常生活の介護や就労のための支援を行うことにより、自立と社会参加の促進を図る。


2 障害者の地域生活を支援することを目的に、共同生活援助(短期入所併設)事業所「コミュニティライフサポート谷内佐渡ホーム」の運営に取り組む。


3 障害者の自立更生の環境づくりに努めるとともに、社会参加の促進を図る。


4 市町村身体障害者協会の組織強化と活動の活性化を図り、地域福祉の推進に貢献する。


5 サービス管理責任者等の人材育成事業を推進し、障害者福祉の充実に寄与する。


6 身体障害者及び知的障害者並びに精神障害者を統合した事業の推進を図る。


7 社会福祉法改正の趣旨に基づき、社会福祉法人としての責務の重要性を踏まえながら地域の福祉課題に取り組む。





 U 運営計画


 当法人の運営のため、次の会議等を開催する。

 1 正副会長会議 年5回

 2 評議員会 年2回

 3 理事会 年5回

 4 監査 年1回

 5 負担金検討委員会 年5回





 V 事業計画


  1 障害者支援施設秋田ワークセンターの経営


 「障害者の尊厳と社会参加」を基本理念に、「個人の尊厳に基づく自立支援」の確立と「障害者自らが創る自由でいきいきとした生活空間の創造」実現に向けて、利用者の立場に沿った充実した個別支援計画に基づく障害福祉サービスの提供を行う。





  2 秋田ワークセンター相談支援事業所の経営


 利用者がより豊かで満ち足りた生活を送れるよう利用者の要望やその有する能力及び適性に応じるとともに、利用者の心身の状況や置かれている環境等に配慮し、充実した障害福祉サービスを受けられるようきめ細やかな相談支援を行う。





  3 共同生活援助(短期入所併設)事業所コミュニティライフサポート谷内佐渡ホームの経営


 身体障害者及び知的障害者の地域生活を支援し、障害者が地域で安心して暮らすことができる拠点の場として共同生活援助事業所を開設し、障害福祉サービスの提供を行う。





  4 社会参加の促進及び地域福祉の充実を図るための事業


(1)市町村身体障害者協会長・事務担当者会議の開催


 県協会の主要事業の説明や市町村協会の活動についての情報交換等を行う。

 
・6月・北秋田市、秋田市、横手市





(2)会報「身障秋田」の発行


 全会員や関係各位に事業計画や予算・決算、主要な事業等の情報提供を行う。

 ・年2回発行






(3)その他の事業


 @身体障害者ジパング倶楽部に関する事務

 A秋田県障害者スポーツ協会が実施する事業への協力





  5 受託事業の実施


(1)障害者県地域生活支援事業

 @日常生活支援

  ア オストメイト社会適応訓練事業


 ストマ用装具を装着している方々に、装具の使用等について正しい知識を付与するとともに、社会生活に必要な基本事項について相談に応ずることにより、社会復帰を推進する。

 ・日本オストミー協会秋田県支部とタイアップし、県内4か所で社会適応訓練を開催





  イ 音声機能障害者発声訓練、指導者養成事業


 喉頭を摘出し、音声機能を喪失した方々に、発声訓練を行うとともに、発声訓練に携わる指導者を養成する。

 ・喉頭摘出者福祉団体秋笛会とタイアップし、県内3か所で週1回発声訓練を実施するとともに、指導者講習会へ指導者を派遣






 A社会参加支援

  ア 秋田県障害者社会参加推進センター運営事業


 障害の有無にかかわらず、誰もが家庭や地域で明るく暮らせる社会づくりに向けて、諸種の社会参加促進施策を実施し、地域における社会参加を推進する。

 ・推進協議会の開催


 ・「秋田県障害者社会参加推進センター」ホームページの運営

 ・「障害者110番」の設置・運営
 障害者の権利擁護にかかる相談等に対応するため相談窓口を常設し、内容に応じて弁護士等による相談チームを編成し専門相談を行うほか、必要に応じて専門機関に依頼し、障害者が抱える問題を解決することにより障害者の福祉の増進を図る。
 (月曜日から金曜日の9時から16時まで、時間外は留守電・FAX対応、偶数月第3火曜日の13時から15時まで弁護士相談)






  イ 車いす使用者のためのレクリエーション開催事業


 車いす常用者の体力増強、交流や余暇利用等に資することを目的に、各種のレクリエーション活動を行う。

 ・秋田県車いす連合会とタイアップし、3事業実施






  ウ 軽スポーツレクリエーション開催事業


 障害を持つ方々の社会参加と健康維持増進及びボランティア等との連携の輪を広げることにより、低迷化しつつある障害者の地域活動の活性化を図る。

 ・9月に秋田市で、卓球バレーとフライングディスクを競技種目に開催






 B心のバリアフリー推進事業

  ア 視覚障害者に関わる啓発・普及事業


 視覚に障害のある方々への正しい知識や障害に対する理解を深めるため、各種の事業を行う。

 ・秋田県視覚障害者福祉協会とタイアップし、あんま・鍼・灸の奉仕活動を実施






 C特別促進事業

  ア 車いす生活者社会生活行動訓練事業


 車いす生活者で外出することが困難な方々や外出する機会が得られない方々にその場を設け、併せて車いす操作等の訓練や指導を行うことにより、車いす生活者の社会参加を促進する。

 ・秋田県車いす連合会とタイアップし、県北・県南各地区1回訓練指導を開催






  イ 筋ジス者機能訓練事業


 筋ジストロフィー症の方々に、社会生活上必要な知識の習得や意見、情報等の交換の場を設ける。

 ・秋田県筋ジスの会とタイアップし、訪問診査を開催





  ウ 身体障害者更生相談事業


 身体障害者更生相談員を設置し、各種相談に応じ適切な助言指導を行うことにより、身体障害者福祉の増進を図る。

 ・相談窓口を常設






  エ 身体障害者福祉活動推進事業


 身体障害者のための障害者県地域生活支援事業を企画、推進する福祉活動推進員を設置する。





  オ 秋田県身体障害者福祉大会開催事業


 身体障害者及び関係者が一堂に会し障害者福祉への県民意識の高揚を図るとともに、併せて功労者の表彰を行うことにより、身体障害者福祉の向上と住みよい地域社会づくりに寄与することを目的に開催する。

 
・7月・県立武道館





(2)第18回心いきいき芸術・文化祭開催事業


 障害者が芸術・文化活動への参加を通して、障害者本人の生き甲斐や自信を創出し、障害者の自立と社会参加を促進するとともに、障害に対する県民の理解と認識を深めることを目的として開催する。

 ・11月に秋田拠点センターアルヴェにおいて、美術工芸作品の展示やパフォーマンスステージほか実施






(3)サービス管理責任者(児童発達支援管理責任者)研修事業


 障害者総合支援法の適切かつ円滑な運営に資するため、サービスの質の確保に必要な知識や技能を有するサービス管理責任者等を養成するための研修を実施するとともに、研修に携わる講師等を養成する。

 ・指導者養成研修へ講師派遣(3日間・6名・9月・埼玉県)

 ・相談・サビ管・児発管共通講義(2日間・10月・秋田市)

 ・サビ管・児発管共通講義(1日間・10月・秋田市)

 ・分野別講義及び演習(1分野2日間で5分野・10〜12月・秋田市)






(4)障害者差別解消法理解促進事業


 障害者差別解消法における「不当な差別的取扱の禁止」や「合理的配慮の提供」、ヘルプマーク・ヘルプカードといった「心のバリアフリー」の取組を広く県民に理解してもらうことで、障害のある方等が社会参加しやすい環境づくりの促進を図る。

 ・11月に秋田拠点センターアルヴェにおいて、障害者差別解消法に関する講演会や障害疑似体験会を開催











 W 過去に実施した事業


(1)秋田県身体障害者体育大会開催事業(県受託事業)


 身体障害者がスポーツを通じて、体力の維持増強を図るとともに、障害者に対する県民の理解と認識を深め、自立と社会参加の促進に寄与することを目的として、平成14年まで40年にわたって開催した大会です。現在は、3障害合同の秋田県障害者スポーツ大会として秋田県障害者スポーツ協会が実施しています。

体育大会1 体育大会2 体育大会3





(2)秋田県身体障害者ゲートボール大会開催事業(共同募金助成事業)


 身体障害者の健康維持と増進に努め相互の親睦と融和を図り、積極的な自立生活と社会参加を促進するとともに、県民の障害者に対する理解と認識を深めることを目的に、平成14年から3年間秋田県共同募金会の助成事業として実施しました。

ゲートボール大会1 ゲートボール大会2 ゲートボール大会3





(3)障害を乗り越えたアーティストによる演奏会開催事業


 平成21年7月に秋田県民会館において韓国のピアニスト「イ・ヒア」さんによるピアノコンサートを行いました。コンサート中盤で「イ・ヒア」さんのお母さんによる講演が行われたほか、フィナーレは、障害者施設を利用されている方々と「イ・ヒア」さんが共演し、会場からは盛大な拍手が送られました。

演奏会1 演奏会2 演奏会3





(4)社会福祉法人化20周年記念事業


 平成22年に開催した第29回秋田県身体障害者福祉大会を社会福祉法人化20周年記念大会として開催。バリアフリーコンサルタントでエッセイストの鈴木ひとみさんから「命をくれたキス」と題して講演いただきました。

記念事業1 記念事業2 記念事業3





(5)海外視察研修事業


 平成21年はソウル、平成23年にはハワイにおいて、現地の障害者団体と交流を行いました。

視察研修1 視察研修2 視察研修3





(6)手話通訳者派遣事業(県受託事業)


 コミュニケーションの円滑化を支援するため、聴覚に障害のある方々等の申し出により手話通訳者を派遣しました。





(7)要約筆記者(奉仕員)派遣事業(県受託事業)


 派遣依頼により、中途失聴者や難聴者と障害を持たない者との意思伝達の仲介機能を果たすことにより、障害者の社会参加を図りました。





(8)聴覚障害者・児日常生活支援事業(県受託事業)


 コミュニケーションの手段に著しい障害を有する方々に、社会生活上必要な知識の習得や、意見、情報等の交換の場を設けました。





(9)手話通訳者設置事業(県受託事業)


 当法人に手話通訳を設置し、聴覚障害者関連事業を円滑に実施しました。





(10)字幕入りビデオライブラリー事業(県受託事業)


 テレビ番組、映画等に字幕、手話を挿入したビデオカセットライブラリーの貸し出しを行うことで、聴力に障害のある方々の知識、教養の向上を図りました。





(11)要約筆記者養成ステップアップ研修事業(県受託事業)


 手話習得の困難な中途失聴者や難聴者の意思伝達手段である要約筆記に携わる要約筆記奉仕員を対象とした、要約筆記者へのステップアップ研修会を実施しました。





(12)手話通訳者市町村派遣事業(市町村受託事業)


 聴覚に障害のある方々等(音声又は言語機能障害者を含む)のコミュニケーションの円滑化に資するため、市町村からの受託により手話通訳者を派遣しました。





(13)要約筆記者(奉仕員)市町村派遣事業(市町村受託事業)


 聴覚に障害のある方々等(音声又は言語機能障害者を含む)のコミュニケーションの円滑化に資するため、市町村からの受託により要約筆記奉仕員を派遣しました。



※上記(6)から(13)までの聴覚障害児・者関連事業は、平成29年度から秋田県聴覚障害者支援センターにおいて引き続き実施されています。





(14)指定居宅介護事業者情報提供事業


 重度身体障害者が都道府県や指定都市間を移動する場合に、目的地で必要となるガイドヘルパーを確保できるよう、指定居宅介護事業所に関する情報を提供し、移動支援の充実を図りました。

 (平成29年度まで実施。)










ホームに戻る |このページのトップに戻る








法人の概要 | 情報公開 | 関係リンク | アクセス | 個人情報保護 | お問合せ

Copyright (c) Akita Prefecture handicapped Welfare Association All Right Reserved.