社会福祉法人  
全国重症心身障害児(者)を守る会  
 
Social Welfare Foundations,
Nationwide Association for Children (Persons) with Severe Physical and Intellectual Disabilities
 
     
補助事業

平成25年度公益財団法人JKA補助事業
 
 
本会は公益財団法人JKAの補助により実施した「平成25年度障害のある人が幸せに暮らせる社会を創る活動補助事業」が平成26年3月2日に完了いたしました。
厚く御礼申し上げ、ここにご報告申し上げます。
 
巡回療育相談
 
事業の目的:
在宅で生活する重症心身障害児(者)と保護者の診療・相談に応じ、適切な指導を行い、心身の成長・精神衛生の向上を図る。
事業内容:
医師・看護師・専門指導員(保育士・児童指導員・理学療法士・作業療法士等)・地元の行政関係者・特別支援学校の教員・相談支援専門員及び本部(東京)から派遣したケースワーカー等で相談班を編成し、在宅で生活をする重症心身障害児(者)とその家族の診療や療育相談に応じる。障害・病気・療育のことだけではなく、日常生活上の悩みなど幅広い相談に対応できるよう様々な職種で相談班を構成する。また障害福祉制度に関する正しい情報の提供や地域で実際に活用できる福祉サービスを紹介するなど障害児(者)及び家族の生活がより豊かになるよう支援する。
また地域で活動している障害児(者)の保護者も相談班に加えることで専門家とは違う親の立場からの助言も行う。
障害者本人の重度化や保護者の高齢化により、外出が困難な家庭も増えており、当相談会では地域での会場形式か家庭訪問形式をとっている。
成果:
@長く巡回療育相談を実施している島根県ではその活動が認められ、全国で初めて「重症心身障がい児(者)相談員制度」が島根県庁により創設され、島根県支部の役員がその業務委託を受けた。
A福島県では、巡回療育相談会をきっかけに支部内で初めての在宅会員の入会があった。これにより福島県内での在宅者に対する活動が活発化することが期待される。
B長年巡回療育相談を実施している支部では、在宅の保護者同士のネットワークができ、重症児(者)受け入れ施設の増設を訴え運動をしたことで来年度以降近隣施設での受け入れが始まることとなった。
参加者の感想:
@主治医には聞きづらいことや率直な意見を聞くことができ良かったです。助言いただいた内容を自分の中で整理し有効だと思うことを実践していきたいです。
A初めての医師や理学療法士の先生に診ていただいて見識を広めることができたように思います。
B時間を気にすることなく納得のいくまで話をすることができて良かったです。様々な質問に対応していただき満足しています。参加して非常に良かったです。
Cこのような巡回相談が定期的にあるとありがたいと思います。親身に話を聞いていただき感謝しています。

25年度の実施地は、福島県、島根県、愛媛県、奈良県、熊本県で次のとおり実施した。

 
  事業の概要
@ 福島県 平成25年11月9日〜10日  詳細はこちら
  相談班の編成   医師1名 専門指導員10名        
11月 9日 コパン・クラージュ             会場5名
10日 いわき市 訪問3名
A 島根県 平成25年11月13日〜14日 詳細はこちら  
  相談班の編成   医師1名 看護師1名 専門指導員8名   
11月13日 松江医療センター 会場1名
松江市 訪問1名
14日 CSいずも 会場2名
出雲市 訪問1名
B 愛媛県 平成25年12月22日〜23日  詳細はこちら
  相談班の編成   医師2名 専門指導員5名           
12月22日 県立中央病院         会場1名
内子町・松山市 訪問3名
23日 新居浜市・西条市・今治市 訪問4名
C 奈良県 平成26年2月6日〜7日     詳細はこちら
  相談班の編成   医師1名 看護師1名 専門指導員9名   
2月 6日 宇陀市 訪問3名
7日 奈良市 訪問1名
D 熊本県 平成26年3月2日         詳細はこちら
  相談班の編成   医師1名 看護師1名 専門指導員7名   
3月 2日 宇城市 訪問2名
3日 くまもと江津湖療育医療センター 会場2名
集団指導
 
事業の目的:
家庭内に引きこもりがちな重症心身障害児(者)と保護者に対し、専門スタッフ(医師・看護師・保育士・児童指導員・理学療法士・作業療法士等)及びボランティアがともに1泊2日の集団指導療育キャンプを行い、地域で生きる力と将来への希望を獲得する。
事業内容:
在宅で生活をする重症心身障害児(者)と保護者に対して1泊2日の集団指導療育キャンプを行う。医療的に重い重症心身障害児(者)も安心して参加できるよう医師・看護師・専門指導員(保育士・児童指導員・理学療法士・作業療法士等)等専門スタッフを多めに配置する。
温泉入浴・花火・キャンプファイヤー・音楽鑑賞・遊園地・温泉街散策・ボランティアとの長時間にわたる交流等普段の生活では体験が難しい様々なプログラムの体験の機会を与え、障害児(者)の社会性を広げ、新たな成長を期待する。
保護者に対しては、介護中心の日常生活から離れてのリフレッシュや他の参加者との交流、意見・情報交換の機会、また専門家による講習会を実施することで障害福祉制度に関する正しい知識の習得や日常生活に役立つ情報を学習する機会を与える。
学生や地域の一般の方、施設職員、行政関係者等広くボランティアを呼びかけ、講習会や交流を通して重症心身障害の特性や在宅生活で抱える問題や悩みなど理解していただくよう努める。事前に活動内容の指導や車椅子介助・入浴介助・衣類着脱の講習会を実施しボランティアの不安をとりのぞき技術面での向上を図る。
成果:
@従前から関わりのある医師の紹介により若い医師が集団指導に参加し、初めて重症心身障害児(者)と触れ合い、その特性や病気などを理解していただくケースがある。集団指導をきっかけに今後重症心身障害児(者)を診てくれる医師が増え、支援の輪が広がることが期待される。
A集団指導でホテルやレストランを利用することで、障害の度合いに応じた食事形態(刻み食・ペースト食・経管栄養等)への理解やストレッチャータイプなど様々な形式の車椅子への対応など、従業員や他の一般客に重症心身障害児(者)を理解していただく良い機会となる。
B集団指導に参加した高校生ボランティアが卒業後医療・福祉関係の学校へ進学したり施設に就職する例が多くある。集団指導の継続により今後も重症心身障害児(者)に関わってくれる若い力が増えていくことが期待される。
C県の障害福祉担当課の職員がボランティアとして参加してくださり(今年度は3支部)、直接保護者の話を聞いてもらう機会を設けることができた。役所での面談とは違うアットホームな雰囲気の中で日頃の悩みや不安や要望を訴え、在宅生活の現状や親の会活動のことなど親身に聞いていただき重症心身障害児(者)に対して理解を深めてもらった。
同時に親は障害福祉制度やサービス利用について最新の情報を得ることができ、とても有意義なものとなった。

25年度の実施地は、栃木県、徳島県、群馬県、岡山県、愛知県、高知県、千葉県で次のとおり実施した。
 
  事業の概要
@ 栃木県   詳細はこちら
実施期日   平成25年7月27日〜28日
実施場所 東照宮晃陽苑=i栃木県日光市)
参 加 者
64名   保護者等   20名   障害児(者)   10名
医師等スタッフ 15名 ボランティア 19名
A 徳島県   詳細はこちら   
実施期日   平成25年8月8日〜9日
実施場所 南淡路ロイヤルホテル(兵庫県あわじ市)
参 加 者
39名   保護者   15名   障害児(者) 12名
医師等スタッフ 9名 ボランティア 3名
B 群馬県  詳細はこちら
実施期日   平成25年8月24日〜25日
実施場所 湯沢ニューオータニホテル(新潟県南魚沼郡)
参 加 者
44名   保護者   12名   障害児(者)    8名
医師等スタッフ 12名 ボランティア 12名
C 岡山県   詳細はこちら
実施期日   平成25年8月24日〜25日
実施場所 旭川児童院 通園センター(岡山県岡山市)
参 加 者
57名   保護者   7名   障害児(者)   7名
医師等スタッフ 24名 ボランティア 19名
D 愛知県   詳細はこちら
実施期日   平成25年10月19日〜20日
実施場所 かんぽの宿 恵那(岐阜県恵那市)
参 加 者
14名   保護者    2名   障害児(者)    4名
医師等スタッフ 7名 ボランティア 1名
E 高知県   詳細はこちら
実施期日   平成25年10月26日〜27日
実施場所 ホテルレオマの森(香川県丸亀市)
参 加 者
34名   保護者等   9名   障害児(者)    8名
医師等スタッフ  9名 ボランティア 8名
F 千葉県   詳細はこちら
実施期日   平成26年2月1日〜2日
実施場所 犬吠埼ホテル(千葉県銚子市)
参 加 者
33名   保護者   12名   障害児(者)   11名
医師等スタッフ 9名 ボランティア 1名
 
 
 
 
  社会福祉法人 全国重症心身障害児(者)を守る会
 
〒154−0005
東京都世田谷区三宿2−30−9 (地図
TEL:03−3413−6781
FAX:03−3413−6919
 
  このページのトップへ▲  
Copyright (C) 社会福祉法人全国重症心身障害児(者)を守る会 All rights reserved. - 無断転載を禁じます -