2018年  保健だより  1月号

低温やけどに気をつけよう

●低温やけどとは?

 低温やけどとは、カイロや湯たんぽなどの体温より少し高めの温度(4450℃)のものが肌に長時間触れ続けることによって起きるやけどです。皮膚の奥深くでじっくりと進行します。見た目にはわかりにくかったり、痛みを感じにくいこともあり、軽症と思いがちです。皮下組織が壊れてしまった場合には、手術が必要になったり、感染症に罹りやすいので、普通のやけどよりも治りにくく重症化することがあります。高齢者や乳児、感覚障害のある人などは低温やけどを起こしやすいので、より注意が必要です。


●低温やけどの予防法

1、湯たんぽや電気あんかは寝るときに取り出す

 湯たんぽや電気あんかが足に触れたまま眠ってしまい、翌朝、水ぶくれが出来てしまうことが多いようです。湯たんぽや電気あんかを専用のカバーや厚手のタオルで包んでも、就寝中に使うと低温やけどになる恐れがあります。湯たんぽや電気あんかは布団を温める目的で寝る前に布団に入れておき、寝るときには布団から出しましょう。

2、使い捨てカイロの正しい使い方を守る

こたつの中や暖房器具の近くではカイロの温度が急激に高くなるため使用しないようにしましょう。

貼るタイプの使い捨てカイロは必ず服の上に貼り、同じ箇所に長時間当てないようにしましょう。

また、カイロを使用したまま眠らない、カイロを上からサポーターやガードルなどで圧迫しないなど、正しい使い方を守り、低温やけどを防ぎましょう。


●低温やけどになった時は

 低温やけどになった時は軽症と思っても自己判断せず、必ず医療機関を受診しましょう。低温やけどは民間療法や自己判断ではなかなか治りにくく、重症化したり、感染症に罹ったりしてしまうこともあるため、医師に判断を仰ぎ、適切な治療を受けましょう。


トップページにもどる