京都市東部障がい者地域生活支援センターらくとうのホーム

ホーム ≫ 障害者地域生活支援センターって

障害者地域生活支援センターとは

障がいのある方が、住み慣れた地域で自立して生活できるように支援する事業所です。

障害者地域生活支援センターのしごと

京都市内に居住する障害のある人に対し、ライフステージに応じて、 在宅福祉サービスの利用援助、社会資源の活用や社会生活力を高めるための支援、当事者相談、 生活相談及び各種情報の提供等を総合的に行い、障害のある人やその家族の地域における生活を支援します。
それにより障がいのある人の自立と社会参加の促進を図ることを目的とします。
また、各センターを中核に関係機関とネットワークを構築し、障害のある方とその家族を地域ぐるみで支援します。
詳細の事業内容は各支援センターにより、違いもあります。 相談時間についてもセンターにより違うところもありますので、各支援センターで詳しくお問い合わせください。

障害者地域生活支援センターのエリア

京都市では障害保健福祉圏域として、市内を5カ所に区分しています。
北部エリアが北区・左京区
中部エリアが上京区・中京区・下京区・南区
東部エリアが東山区・山科区・伏見区醍醐支所
西部が右京区・西京区・西京区洛西支所
南部エリアが伏見区・伏見区醍醐支所を範囲としています。

京都市のエリア地図

障害者地域生活支援センターの対象と設置

各エリアにそれぞれ身体障がいと知的障がいのある方を対象にした支援センター、精神障がいのある方を対象にした支援センター、身体・知的・精神に障がいのあるすべての人を対象にした支援センターが合わせて3か所設置されており、市内に合計15ヶ所の支援センターが設置されています。

Copyright(C) 2006-toubu.rakutou. All Rights Reserved.