京都市東部障がい者地域生活支援センターらくとうのホーム

らくとうの事業内容

ホーム ≫ 事業内容

らくとうでは次の目標を置いて事業に取り組んでいきます。


  1. 相談
  2. 情報提供
  3. 福祉サービス利用援助
  4. 居宅支援の利用に係るケアプランの作成
  5. 居住サポート事業
  6. 地域支援ネットワーク会議と居宅支援事業者等研修会の開催
  7. 手話サポートシステム整備事業
  8. 点訳システム整備事業
  9. 「らくとう」の独自事業
  10. 啓発・広報活動

相談支援

障がいのある人の地域における生活支援を充実するため、小さなことから大きなことまで 生活に関する様々な相談に応じる総合相談窓口を設置し、 総合的な相談・生活支援・情報提供をします。どうぞお気軽にご相談下さい。 相談受付は、来所・電話・FAX・手紙・E-mailにて対応します。必要に応じて訪問による相談も行っています。


情報提供

情報提供を行うため、関係機関との密接な連絡体制を整備して、次のような支援を行っています。

このページのトップへ

福祉サービス利用援助

在宅福祉サービス及び保健医療サービス等を利用したいけれど、どんなサービスがあるのか?どうすればいいのか? サービス提供事業者等の情報提供や利用申請の援助を行います。


居宅支援の利用に係るケアプランの作成

ケアプランの作成は、全身性障がい者、知的障がい者(児)、重症心身障がい者(児)のうち、 福祉事務所長がケアプランの作成を必要と認め、ケアプランの作成について、本人が同意した方を対象としています。 ケアプランの作成にあたっては、障がい者ケアマネジメント手法を活用しています。


居住サポート事業

施設や病院などから賃貸契約による一般住宅への入居を希望しているが、保証人がいない等の理由により、入居が困難な知的障がい者、 精神障がい者に対し、入居に必要な調整などの支援を行い、家主などへの相談・助言を通じて障がい者の地域生活を支援します。


地域支援ネットワーク会議と居宅支援事業者等研修会の開催

担当地域における障がい者(児)及びその家族等のニーズを把握するために、 障がい者(児)施設職員、居宅介護事業所サービス提供責任者等をもって構成する地域支援ネットワーク会議を開催します。 居宅支援事業者等の支援技術の向上を図るため、居宅支援事業者等研修会を開催します。 居宅介護事業所の皆様や利用者の方々のご意見を伺いながら、実施方法や研修内容などを検討していきます。

このページのトップへ

手話サポートシステム整備事業
(ITを活用した障害者相談窓口のユニバーサルデザイン化推進事業)

聴覚障害のある方の初期相談等に速やかに対応できる体制を確保するため、テレビ電話を活用した手話サポートシステムを導入しています。 「らくとう」と市役所(障害保健福祉課)及び京都市聴覚言語障害センターとの間を光ファイバーで結び、 「らくとう」に相談が入ったときに市役所(不在時は聴言センター)に配置されている手話通訳者がテレビ電話を介して、 「らくとう」の相談員と相談者の会話について手話通訳を行うシステムです。


点訳システム整備事業
(ITを活用した障害者相談窓口のユニバーサルデザイン化推進事業)

視覚障害のある方に対して配布される文書への点訳版の添付を促進するため、点訳システム(点訳ソフト及び点字プリンター)を導入しています。 「Word」や「一太郎」等のテキストファイルを点訳ソフトで変換し、点字プリンターでプリントします。(有料) 地域住民やサービス事業者等が、地域の自治会の回覧や契約書、重要事項説明書等の点訳版作成にご活用ください。


「らくとう」の独自事業…サークル運営

平成21年度を持ちましてパソコンサークルと料理サークルの運営を終了いたしました。長い間のご協力ありがとうございました。


啓発・広報活動

このページのトップへ

Copyright(C) 2006-toubu.rakutou. All Rights Reserved.