視覚障害者が障害を意識せず暮らすことが出来る社会の実現を目指します。

東京都盲人福祉協会
ここから本文

活動報告

平成29年7月15日〜29年9月14日までの活動報告


7月16日
都盲福祉センターで開かれた、日盲連関東ブロック職業部会委員会に笹原常任理事が出席し、諸案件について協議した。
7月18日
新宿住友ビルで開かれた、東京都障害者差別解消支援地域協議会に佐々木副会長が出席し、諸案件について協議した。
7月20日
都盲福祉センターで正副会長会を開催し、各担当ポストについて決定した。
7月23日
都盲福祉センターで城東ブロック三療研修会を開催、講師に大浦慈観氏を招聘し研修した。
7月23日
東京サイクリング協会のご協力の下、パレスサイクリングコースでタンデムを楽しむ集いを開催、参加者は真夏の暑さにも負けずペダルをこいだ。
7月24日
組織部では都盲福祉センターで会合を開き、東京都眼科医会への協力依頼について協議した。
7月28日
都庁会議室で平成30年度東京都予算ならびに諸施策について、東京都の各部局との協議を行った。詳細については前筆のとおり。
7月30日
品川区旗の台の品川区立心身障害者福祉会館で城南ブロック三療研修会を開催、講師に吉川惠士氏を招聘し研修した。
8月5日
調布市総合福祉センターで多摩ブロック三療研修会を開催、講師に後藤治久氏を招聘し研修した。
8月6日
シルバー部会では都盲老連との共催により、港区の障害者福祉会館で納涼民謡の集いを開催、有意義な1日を過ごした。
8月20日
台東区の松が谷福祉会館で中央ブロック三療研修会を開催、講師に吉川惠士氏を招聘し研修した。
8月21日
新宿住友ビルで開かれた、東京都障害者差別解消支援地域協議会に佐々木副会長が出席し、諸案件について協議した。
8月22日
練馬区立練馬文化センターで練馬区視覚障害者福祉協会創立55周年記念第49回東京都盲人福祉大会実行委員会を開催、詳細について協議した。
8月25日
シルバー部会では都盲福祉センターで、プレクストーク講習会を開催、機器の操作等について研修した。
8月26、27日
鹿児島市の勤労者交流センターで開かれた第63回全国盲青年研修大会に大胡田青年部会長他、部会員が参加し、当面する諸問題について協議するとともに研修した。
8月27日
北区赤羽会館で城北ブロック三療研修会を開催、講師に大浦慈観氏を招聘し研修した。
8月30日
東京体育館で開かれた、オリンピック・パラリンピックに向けた現地視察会に笹川会長が出席し、問題点をチェックするとともにその後の会合で今後の方針等について協議した。
解説】同調査会で都の方針として会場には点、線ブロックや音声案内を整備しないことが明らかになった。本会では、同大会について最初から視覚障害者単独で参加することを困難とみて、「介護者同伴とする」ことを原則とし、都に要求してきた。これまでは同大会についてハード面、ソフト面を別々に審議してきたが、今後は同時に検討する方向となった。

9月2日
都盲福祉センター研修室で東マ会・都盲協中央三療研修会を開催、講師に星虎男、藤井亮輔の両氏を招聘し研修した。
9月5日から7日
群馬県高崎市のホテルメトロポリタン高崎で開かれた、第63回全国盲女性研修大会に愛沢女性部会長はじめ部会員多数が参加し、大会を盛り上げるとともに各分科会で大いに活躍した。
9月6日
都庁会議室で開かれた、推進協専門部会に笹川会長が出席し、就労問題を中心に協議した。
9月8日
鉄道弘済会館で開かれた、関東地区朗読奉仕者感謝の集いに笹川、吉田の正副会長が出席し、被表彰者に対し日ごろのご尽力に敬意と感謝の意を表した。
9月12日
日盲連、都盲協合同全国大会実行委員会を都盲福祉センター研修室で開催し、役割分担等について協議した。
9月13日
霞ヶ関の東京地方裁判所で開かれた、平成医療学園訴訟問題で、笹原常任理事以下、会員有志が傍聴に参加し、裁判の成り行きを見守った。
9月14日
都庁会議室で開かれた、放置自転車クリーンキャンペーン推進委員会に川村文化レクリエーション部長が出席し、同キャンペーンの進め方等について協議した。

Copyright © 2012.Tomoukyou. All Rights Reserved.