総会のご案内            会長 平野晴雄


 総会のご案内をさせて頂く時節がまいりました。桜の季節ですが、まだまだ寒さの厳しい日のある今日このごろですが、皆様には、お変わりなく、お元気でお過ごしのこととお喜び申し上げます。
 (社)全国脊髄損傷者連合会岐阜県支部・岐阜県脊髄損傷者協会として、4月新年度より、設立8年目を、迎えることが出来きますのも、会員ご家族の皆様のご支援ご協力のお蔭様と役員一同お礼を申し上げます。1年も過ぎれば早いもので、やり残したことがあれもこれもと思い起こされますが、理想と現実は、ほど遠く今年こそはと後悔を乗り越えて、実現に向かって心をあらたにしているところです。
 全脊連岐阜県支部の今後の目標は以下の事柄と考えています、
  1  岐阜県支部会員のサポート
     (脊損ニュース・車いす瓦版・情報・各種親睦会・相談など)
  2  会員の増強 {ピアサポート}
     (全脊連岐阜県支部の会員を増強して、県・国への省庁交渉の一助
     とする)
  3  脊髄損傷者(障害者)の福祉施策[年金・医療・バリアフリー・の向上]
     (政権交代と不況による影響が及ばぬように全脊連の力を結集する
     こと)
  以上の目標を基本に皆様のご協力・ご支援、をお願いします。役員の方々の助力を得て今後も続けて行きたいと願っています。皆様のご多幸とご健康をお祈りします。

   日   時   平成22年4月11日 (日) 会議 10時〜14時予定
   場   所   羽島市桑原町午南1041
            かんぽの宿羽島  二階会議室  
                       (昼食・飲物は支部で用意します)

  案内状(はがき委任状)を同封させて頂きますので、お手数ですが準備の都合がありますので、出席・欠席をご記入のうえ3月31日までに返信ください。なお恐縮ですが、ご欠席の場合は、当日の総会議事(決算報告・監査報告・活動報告・事業計画案及び予算案)等の決議委任状とさせて頂きます。



ボーリグ大会に参加して


 お天気に恵まれた3月14日(日)に岐阜市のイオンのマーサ21内のマーサボールで脊損協会主催の初めてのボーリング大会が開催されました。私は40前のボーリングブームの健常な若いころ以来、脊損になって久しぶりのボーリングでした。
 ボールがレーンをころがる音、ピンを跳ね飛ばす音が、なつかしく少し興奮しました。車いすをロックして、腕のひとふりで、実際にボールを
 投げてみて、ボールに勢いがないことがわかりました。ピンがフラリフラリと倒れるのを見て少しがっかりしましたが、自分だけではありませんでした。みんなフラリフラリでした。それがかえって楽しくなりました。昼食を皆で食べながらスコワー表を見ながら皆ニコニコ笑って、いつかまたやろうと声をかけあいました。今回出席出来なかった人も是非次回には楽しんで下さい。仲間で同じ時間を過ごすことは、命の洗濯になりますよ。
 脊損協会のメンバーには歩行可能な人・車いす使用者ですが立って、つたい歩きの出来る人・頚椎損傷で手指に障害があり車いす操作が困難な人・下肢完全麻痺で車いす常用者の脊髄・腰椎損傷者の人・脊損以外で病気の後遺症で車いす使用者の人と、さまざまの理由から車いす生活を余儀なく暮らしていますが、参加して楽しめるのは、とっても幸せなことだと、日ごろのゆうつな気分や麻痺部分の痛みを一時忘れることが出来ました。


全国脊髄損傷者連合会岐阜県支部・岐阜県脊髄損傷者協会
本文へジャンプ
活動報
 
前後の記事
  
 ・17号記事 
 ・18号記事