全国脊髄損傷者連合会岐阜県支部・岐阜県脊髄損傷者協会
本文へジャンプ
活動報

新年のご挨拶    
                 会長 平野晴雄


明けましておめでとう御座います。寒さの厳しい今日このごろですが、皆様にはお元気で新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
 (社)全国脊髄損傷者連合会岐阜県支部・岐阜県脊髄損傷者協会として、設立7年目を、迎えることが出来ましたことは、会員、ご家族の皆様のご支援ご協力のお蔭様と役員一同お礼を申し上げます。1年も過ぎれば早いもので、やり残したことがあれもこれもと思い起こされますが、理想と現実は、ほど遠く今年こそはと後悔を乗り越えて、実現に向かって心をあらたにしているところです。
 私はまた一年排尿・排便・キズが出来ないようにと脊髄損傷という、障害と共に暮すのも、運命と受け入れていますが、やっかいです。皆様のご多幸とご健康をお祈りします。

全脊連岐阜県支部の今後の目標は以下の事柄と考えています、
1  脊髄損傷者(障害者)の年金・医療・バリアフリー・の向上
   (政権交代と不況による影響が及ばぬように全脊連の力を結集すること)
2  会員の増強 {ピアサポート}
   (全脊連岐阜県支部の会員を増強して省庁交渉の一助とする)
3  岐阜県支部会員のサポート
   (脊損ニュースによる情報・各種親睦会・相談など)
以上の目標を基本に役員の方々の助力と皆様のご協力・ご支援、をお願いします。


お知らせ
ボーリング大会を開催します。車いすでも楽しめます.ご家族でおでかけください。
日  時  3月14日 (日)  10時より 
場  所  岐阜市正木ジャスコ (マーサ21) マーサボール



社団法人 全国脊髄損傷者連合会
結成50周年記念 国際シンポジゥム11月1日(日)参加報告書 
                                          
                     副会長 早矢仕幸男

 早朝4時半、玉井副支部長宅で彼を乗せて羽島ICより名神高速吹田JCT〜近畿道〜阪和道の堺ICで出て、国際障害者交流センター{ビッグアイ}(大阪府堺市南茶山台1丁8−1)着が8:30約3時間半の行程、これは文明の進化の高速道路とナビがあるから行ける。
 受付を済ませ10時より記念式典、大阪脊損会長 辻 一氏・全脊連理事長 妻屋 明氏の歓迎挨拶・来賓の大阪府知事代理(福祉部長 高木哲夫様)大阪市市長代理(障害者施策部長 落合賢司様)堺市市長代理(福祉推進部長 稲岡一様)より祝辞が有りました。
 次に、講演に移り日本の脊髄損傷者がおかれている状況と題して連合会活動50年の歩みを 妻屋理事長がデスカッションしながら講演、設立当初の箱根療養所の脊損者車椅子の様子から年金受給制度・療養から在宅への移り替わり・バリアフリー制度・重度医療制度・無年金障害者問題・車いす宿泊ガイドブック・高速道路割引制度・携帯電話割引等を連合会が運動し勝ち取った成果だと示され、歴代会長の功績なども披露された。
 大阪脊損の辻会長は自身をモデルに、脊損ライフとピアサポート活動を講演された。
 午後はアクセスインターナショナルKK社長山崎康宏氏司会のシンポジウム・テーマは各国の状況と活動報告

韓国
 活動始めて20年、2004年4月・韓国脊髄障碍人協会創立、2006年・社団法人認可、以後各国のリハビリテーションセンター訪問研修、2007年・脊髄障害者実態調査では130,000名おり毎年約2,000人発生、入院治療期間約31ヶ月、脊損センター建立要望など現在までの活動報告。

台湾
 活動し始めて約15年、電子立国であるこの国はパソコン技術習得し再就職率向上。

フイリピン
 脊髄損傷者の性についてと、人口受精の高額費用問題で日本の公的補助状況聴取。

ニュウジーランド
 美人の脊損者Claire Freeman 講演。この国は、脊髄損傷受傷後2週間でカウンセラーにより告知し脊損後のライフワークを進める必要をと、再就職にパソコン指導が確立されている、事故受傷には国の福祉が確立し年金、医療、車、住宅手当が補われているが、その代わり税金も33%の高額。

 以上を約100名参加のシンポジゥムで各国の参加者が通訳を挟み発表。

 6時から交流懇親会が始まり、妻屋会長、辻大阪支部長の開会慰労の挨拶の後、韓国籍損会長の3氏による乾杯でビュッフェパーテーになり約2時間の懇親で食事とアルコールが入り会話が弾み楽しく時が過ぎ、後半には大阪支部と連合会、各国参加者による記念品交換会が有り大いに盛り上がり盛大な懇親会になりました。



滋賀県支部創立30周年記念大会  
                  副会長 玉井亨


滋賀県支部さんが創立30年ということでこのたび記念大会を開催されました。
 30年にもなるのかとびっくりしました。
 敬意を表したいと思います。
 
 日  時   2009年12月5日
 会  場  北ビワコホテル(長浜市)
 10時より記念式典が始まり各界の方々の祝辞・功労者表彰式とつづき昼食をす
 ませて午後は記念講演・講師は京都外語大学のジェフ・バーグランドさん氏はテレビ・ラジオなどでよく知られていますのでご存知の方もいらっしゃると思います。演題は「いろんな出会いを共に楽しむ」と題して軽妙な話術で楽しい講演でした
 滋賀県支部長の四塚の歓迎の挨拶・中は功労者として表彰をうける前支部長の岡本さん下は会場風景です。
 私達岐阜県支部は、創立6年ですが、
中部労災病院を、中心とした患者親睦会から中部脊損協会・全脊連中部支部の岐阜県地域支部の当時より数えれば、もう30年以上になります。
 このさきは会員の皆様と共に、世の中低迷の中、政治の改革期に障害者の施策がなおざりにされないように、岐阜県支部も全脊連各支部の、皆さんと力を合わせて、先輩方の指導を受けて続けていききたいと思います

 
前後の記事
  
 ・17号記事