身体障がい者パソコンサポーター
養成・派遣事業運営要領

I 事業の目的
 身体障がい者パソコンサポーター(以下「サポーター」という。)は、身体障がい者が
パソコン操作しやすい環境を整え、デジタル・デバイド(情報格差)を解消し、就労機会
の拡大及びコミュニケーションの支援を行うため、パソコンの環境設定や周辺機器の接続
設定及び技術指導等を行い、身体障がい者の情報機器の活用を促進することを目的とする。

II 実施主体
 岩手県とする。
 なお、本事業は委託事業として実施し、本事業受託者は「岩手県立視聴覚障がい者情報
センター」(以下「センター」という。)の管理運営業務の受託者と密接に協力・連携し、
センター管理運営業務受託者の管理のもと事業を実施するものとする。

1 身体障がい者パソコンサポーター養成等事業

(1) 養成対象者
 身体障がい者のパソコンの活用をサポートするサポーターを目指す者で、センター所長が
適当と認めた者とする。

(2) 実施方法
 カリキュラムは、障がい者福祉の基礎知識及びパソコン操作の一般教養及び障がい別のガ
イドヘルプ方法等により実施する。
@講習会の実施地区及び回数は、毎年度当初において所長が知事と協議して定めるものと
 する。
A所長は、毎年度、次の各号に掲げる事項を記載した講習会の開催要項を策定、関係機関
 に連絡するものとする。
  ア 目的
  イ 主催者
  ウ 受講資格
  エ 会場、日程及び講習内容
  オ 受講申込期間及び申込先
  カ その他必要な事項

(3) 受講申込み
 サポーター養成講習を受けようとする者は、身体障がい者パソコンサポーター養成講習受
講申込書(様式1)を所長に提出するものとする。

(4) 受講者及び受講修了者名簿
 所長は、講習会を修了したときは、サポーター養成講習受講者及び受講修了者名簿(様式2)
を作成し、知事に提出するものとする。

(5) 身体障がい者パソコンサポーターの登録
@所長は、講習を修了した者に対して、本人からの登録申込書(様式3)の提出により身
 体障がい者パソコンサポーター登録台帳(様式4、以下「登録台帳」という。)に登録す
 る。
A所長は、前記@により登録されたサポーターに対し、身体障がい者パソコンサポーター
 登録票(様式5、以下「登録証」という。)を交付するものとする。
Bサポーターは、登録台帳の記載事項に変更があった時は、所長に届け出なければならない。
Cサポーターは活動ができなくなった場合は、登録証を所長に返還しなければならない。
 所長は、登録証の返還を受けた時は登録台帳から登録を抹消するものとする。

(6) 身体障がい者パソコンサポーターの守秘義務
@サポーターとして登録する者は、この要領を遵守しなければならない。
Aサポーターは常に平等の立場で接し、活動上知り得た個人の情報や秘密をいかなる理由
 があっても他に漏らしてはならない。また、サポーターの身分を喪失した後も同様とする。
Bサポーターはいかなる理由があっても、サポートを受ける身体障がい者やその家族に一
 切の金品を請求または預かることをしてはならない。

(7) 身体障がい者サポーターの協力内容
 サポーターは、岩手県、市町村等からの依頼による身体障がい者等に対する広報活動、文化
活動等に協力するものとする。

2 身体障がい者パソコンサポーター派遣事業

(1) 身体障がい者パソコンサポートの対象
 パソコンサポーターがサポートする対象者は、岩手県内に居住する視覚障がい又は肢体不
自由の障がいを持つ身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定による身
体障害者手帳の交付を受けた者で、サポーターの派遣を希望する者とする。

(2) 派遣手続き
@利用者がサポーターの派遣を利用するときは、所長に利用登録申込書(様式6)を提出
 しなければならない。
A所長は申込書を審査し、身体障がい者パソコンサポーター派遣決定(不承認)通知書
 (様式7)により、速やかに通知する。
B派遣するサポーター及び派遣時間等については、所長が登録者と調整のうえ決定する。

(3) サポートの方法
@サポーターは、利用者の自宅で技術指導を行うものとする。
Aサポーターは、パソコンサポーターコーディネーターを通じてサポート活動を行うもの
 とし、利用者の自宅で行う訪問サポートの場合は、原則として2人1組、1回につき2.5時間
 以内とする。

(4) 活動報告
@サポーターはサポート活動を行った場合、7日以内に身体障がい者パソコンサポーター活動
 報告書(様式8)により、活動内容を報告するものとする。
Aサポート中にトラブルが発生した場合は、速やかに岩手県立視聴覚障がい者情報センター
 (以下「センター」という。)へ連絡するものとする。

(5) 派遣手当て等
 身体障がい者パソコンサポーター活動報告書(様式8)に基づき、適正にサポーター派遣
業務が行われたことを確認した時は、別表に定める基準により手当等を支給するものとする。

(6) その他のサポート
 サポーターは、センター及びサポーターの自宅等においてもサポート活動を行うものと
し、サポート活動を行った場合は、身体障がい者パソコンサポーター活動報告書(様式8)
により、活動内容を報告するものとする。

(7) 保険の加入
 事業受託者は、パソコンサポーターの活動中における偶然な事故による傷害等に対応する
ボランティア等保険に加入する。

(8) 派遣状況台帳の整備
 所長は、サポーターの派遣決定等の状況を記した身体障がい者パソコンサポーター派遣状
況台帳(様式9)に所要事項を記載し、毎年度末に知事に提出しなければならない。

別表(2の(5)関係)
項目基準金額
手当サポーター派遣業務の実施場所で
サポートに要した時間
30分未満
1時間まで
1時間以上1時間30分未満
1時間30分以上2時間未満
2時間以上
500円
1,000円
1,500円
2,000円
2,500円
交通費自宅からパソコンサポーター派遣
業務の実施場所までの往復に要し
た経費
公共交通機関を利用した場合実費
自家用車を使用した場合1キロ当たり37円

施行年月日 平成28(2016)年4月1日

トップページへ戻る