社団法人全国脊髄損傷者連合会岡山県支部 会則

第1章                総 則

〔名  称〕

第1条 本会は「全国脊髄損傷者連合会岡山県支部」と称す

〔構  成〕

第2条 本支部は、岡山県及び近県在住の脊髄損傷等重度身体障害者及び本支部の目的、趣旨に賛同参加した者で構成する

〔目  的〕

第3条 本支部は、脊髄損傷者及び重度身体障害者が相互に助け合い励まし合自立・社会参加の促進、脊損連合会本部の活動計画に協力参加し自らの生活向上に努め会員相互の親睦を図る事を目的とする

〔活 業〕

第4条 本支部は前条の目的を達成するため必要な活動や事業を行う

   〔機  関〕

 第5条 本支部の活動及び事業を決定・実行・監督するための機関として、総会、役員会を置く

   〔所 地〕

  第6条 本支部の所在地は支部長住所とする

第2章                会 員

   〔会  員〕

  第7条 会員は本支部の目的、活動に賛同して入会する者とする

   〔会  費〕

  第8条 会員は支部総会で定めた会費を年会費として納入しなければ成らない、但し次の会員は会費免除の対象とする

1,                   本部会費免除の無年金者の会員

    〔会費の不返還〕

 第9条  既納の会費は返還しない。

    〔会員の資格喪失〕

第10条 会員が次の各号に該当するときはその資格を喪失する。

1 死亡したとき

2 退会したとき。但し、退会後復会を希望する者は所定の申し込み、により入会できる

3 会費未納のとき。会費未納者で会費納入の請求があってもこれにおうじない者

第3章                役 員

    〔役員の種別と定数〕

第11条 本支部は次の役員を置く

      支      長 1  副 長         長 1

               記 1           財務 副部長 1

 第1渉外部長 1   第2渉外部長 1   長 1 

 体   長 1   長      長 1

  員 数名 会 査 

     〔役員の選任〕

 第12条 支部役員は支部会員の中から選任し、支部総会の承認により、その任につく但し、欠員の補充については役員会での承認とする。

     〔役員任期〕

   第13条 役員任期は2ヶ年とする。但し、再任を妨げない

     1.補欠により再任された役員の任期は前任者の残任期間とする

     〔役員の任務〕

第14条  各役員は次の各項の役務を遂行する

1 支部長は支部を代表し、会員を統括し会務を司る

2 副支部長は支部長を補佐し支部長不在の時はこれを代行する

3 書記長及び書記は会の事務処理にあたる。

4 財務部長は支部会費の出納管理及び財務管理の責に任ず

5 財務副部長は財務部長を補佐し、財務部長不在の時はこれを代行する

6 第一渉外部長は労災関係の情報収集、相談に当たる

7 第二渉外部長は一般福祉の情報収集、相談に当たる

8 頚損部長は頚損者の情報収集、相談に当たる

9 体育部長は支部体育活動の統括に当たる

10 文化部長は支部文化活動の統括に当たる

11 婦人部長は婦人会員各位間の情報収集、相談に応じる

12 地区委員は一般会員からの意見収集し一般会員との接点する

13 会計監査は、支部会計を監査する

第4章                総 会

   〔総会の機能〕

第15条 総会は、本支部の最高決議機関として次の事を審議する

1.                          予算及び決算の承認

2.                          事業又は活動方針

3.                          役員の選出選任

4.                          会則の変更

5.                          その他、支部運営に関する重要事項

〔総会の種別〕

第16条 総会は通常総会と臨時総会の二種類とする

〔総会の開催〕

第17条 総会の開催時期

1.通常総会は毎年4月の開催する

 2.臨時総会は次の各項に該当する場合に開催する

    ア 役員会で必要と認めた場合

   イ 支部会員の三分の二以上から請求がある時

〔総会の招集〕

第18条 総会は支部長が招集する

ア 支部長が通常総会を招集する場合は事前に、日時・場所を会員各位に通達し開催する

イ 支部長は前条2項 ア・イ の規定より要請があった場合すみやかに臨時総会を招集する

第5章                役員会

       〔役員会の機能〕

第19条 支部役員会は支部最高執行機関として、次の事項を協議する

       1 総会に付議すべき事項

       2 総会に付議された事項

       3 総会で決議された事項の執行に関する具体策

       4 その他、支部運営に関し必要な事項

      〔役員会の招集〕

第20条  役員会は支部長並びに役員が必要と認めたとき。

  〔役員会の議長〕

第21条  役員会の議長は支部長が当たる

第6章                会 計

      〔会費の納入〕

 第22条 会員は年度始めに年度分として全納しなければならない。

      〔費用の支弁〕

 第23条 支部の経費は次の収入を持って行う。

       1 会費  2 寄付金 3 補助金 4 その他の収入

      〔特別会計〕

 第24条 本支部に特別会計を設ける事ができる。

         特別な事業等で参加費及び補助金で運営する事業

      〔会計年度〕

 第25条 本支部の、事業年度は、毎年四月一日から翌年三月三十一日までとする

第7章                書類及び帳簿

      〔書類及び帳簿〕

    第26条 本支部は次の書類及び帳簿を備えておく

         1 会  則        2 会 簿

         3 総会議事録       4 役員会議事録

         5 金銭出納帳       6 金銭証明書類

       〔会員の移動報告〕

    第27条 会員の移動がある時は支部長が本部へ報告し、支部の名簿の修正行う

付 則

    〔修正及び細則の設定〕

  第28条 この会則施行について、会則の修正や細部の設定の必要が生じた場合総会を経て、修正、設定する事ができる

    〔支部会費及び本部会費の額〕

  第29条 平成13年4月現在

      1 支部会費は、労災受傷会員は年額5.000円 労災外受傷会員は年額4.000

      2 本部会費は1名月額300円を支部より支払う事とする

     〔会則の施行日〕

第30条 この会則は平成13年4月の支部総会で全面改正し平成十三年五月一日から施行する

第31条 この会は、昭和35年岡山労災病院の僚友会とし発足

     昭和49年度より全国脊髄損傷者連合会岡山県支部と

     なり現在に至る

全国脊髄損傷者連合会岡山県支部の歩み

役員任期は1期2年

前進は昭和35年発足、岡山労災病院脊損病棟僚友会である

岡山県支部発足

昭和53年5月20日   初代1期   支 長 青木 嘉太志

昭和54年               副支部長 山下 政美 

昭和55年〜56年    2代1期   支 長 白井 重徳

                    副支部長

昭和57〜58年     3代1期   支 長 安達 利明

                    副支部長

昭和59〜平成1年    4代3期   支 長 珍行 美貴夫

                    副支部長

平成2年〜3年      5代1期   支 長 白井 重徳

                    副支部長

平成4〜7年       6代2期   支 長 上森 武

                    副支部長

平成8〜17年       7代5期   支 長 珍行 美貴夫

                    副支部長 藤原 克敏

                    副支部長 藤原 福雄 

平成18〜 年          8代        支 部 長  小林 良幸  

                    副支部長 金沢 実 

                    副支部長 藤原 福雄 

 

平成184月現在役員

支部長

小林 良幸

地区委員(津山)

難波 史郎

副支部長

藤原 福雄

地区委員(美作)

妹尾 幹夫

副支部長

金沢 実

地区委員(岡山)

山根 勇

書記長

白井 重徳

地区委員(岡山)

 

書記

高畠 長彗 

地区委員(岡山)

 

財務部長

岡本 茂

地区委員(真庭)

 

財務副部長

茶谷 喜久雄 

地区委員(倉敷)

狩野 和一

第一渉外部長

青木 嘉太志

地区委員(美作)

伊藤 俊夫 

第二渉外部長

赤堀 竜吉

地区委員(新見 )

高畠 長彗 

頸損部長

斉藤 厚

地区委員( )

 

体育部長

福田 一夫 

地区委員( )

 

文化部長

 

地区委員( )

 

婦人部長

今村 清子 

地区委員( )

 

会計監査

坂本 吉平

上森 武

 

TOP