本文へスキップ

神奈川LD等発達障害児・者親の会 にじの会  nizinokai

活動報告report

にじの会活動内容(講演会、勉強会等)

 講演会
発達障害の啓発活動として、一般の方も参加できる大きな講演会を毎年開催しています。(会員は無料)
テーマ・講師は、会員のニーズを取り入れながら決めています。
2014年度、 2015年度  梅田真理先生
 (国立特別支援教育総合研究所 教育情報部 総括研究員)当時の役職です


2016年度、2017年度 高木 一江先生
  (社会福祉法人青い鳥 横浜市中部地域療育センター所長 医学博士)
総会・勉強会

毎年4月に行われる総会では、会員限定の勉強会も行っています。身近なテーマ、講師と近い距離で、じっくりとお話を聞き、学びを深める機会となっています。

 進学進路情報会 
 毎年7月頃に開催しています。進路選択は親にとっても本人にとってもとても大事なもの。一足先を行く先輩会員の皆さんにご協力いただき、学校に関する情報や進路を考えるコツを共有します。

にじの会活動内容(親子・ボラさんと一緒の全体行事)

活動報告写真

ディキャンプ・ウォーキング
毎年5月、新しい会員を迎えて交流する機会として、野外でのバーベキューやウォーキングなどをしています。子どもたちはゲームなどを、ボランティアさんといっしょにし、充実した1日を過ごします。

サマーキャンプ
夏休みの2日間、子どもたちは親から少し離れて、ボランティアさん・グループの仲間と野外炊事やキャンプファイヤー、オリエンテーリングなどを楽しみます。親は食事作りなどの作業、懇親会を通して親睦を深めます。お父さんたちも、薪割りに、火起こしに、力仕事に大活躍!お母さんは、食事の準備をしながら女子会にも大忙しです。

クリスマス会
にじの会最大のビッグイベント!
前半は歌やダンスのパフォーマンス披露に、サンタさんからのプレゼント。後半は各余暇グループがお店を出し、交代で売り子になったり買い物をして楽しみます。お店の売り買いはお金を使い、利益はアルバイト代として支払われます。


にじの会活動内容(部会)

活動報告写真


(1)就労支援部会
「働く事」は社会との繋がりを深め、親の保護から独立し自立した豊かな生活を送るために大事な意味があります。 しかし、就労への移行には大きな試練がつきまといます。
幼いころから就労を意識した家庭での備えや支援者ネットワークの構築、社会資源、雇用制度、社会への啓発など「就労」に必要なことについて、親が考え学び活動する部会です。

(2)教育部会
学齢期のお子さん、保護者の方々のニーズに併せて活動を行なっています。
何に困っているのか?そしてどんなサポートが欲しいのか?
各々の支援体制を見直したり、保護者・本人の声を親の会を通して支援策に繋げていけるよう、定例会などで話し合っています。また、講師の先生をお招きして勉強会や 講習会も行なっています。
活動を通してより良い学校生活を親子で作り上げていきましょう。



にじの会活動内容(余暇グループ、地区)

活動報告写真

(1)余暇グループ活動

*ひまわり      
平成6年4月以降生まれの女子とその母で、外出や女子会を企画・活動しながら、長く続けられる仲間作りを目指しています。

*ゲームクラブ  
大画面のTVゲーム・携帯ゲーム・カードゲームを通して、年齢を超えての仲間作りや子ども同士のコミュニケーションをはかります。親同士の交流も盛んです

*フリーダム   
中・高生男子のグループです。それぞれの個性を大切に、月一度カラオケやボウリングなど楽しく活動しています。

にじ鉄      
鉄道好きな仲間が集まって、いっしょに外出など活動します。小学生から高校生まで幅広い年齢の子どもが参加しています。


(2)地区活動
県内の5地区と2つの会で、気軽に参加できる懇親会を定期的に開催しています。お茶を飲みながら、ランチを食べながら、情報交換したり楽しくおしゃべりしています。

横浜・川崎地区懇親会
横須賀・三浦地区懇親会
湘南地区懇親会
県央地区懇親会

県西地区懇親会
大学生等保護者の会
不登校親の会


にじの会


TEL