本文へスキップ

神奈川LD等学習障害児・者親の会 にじの会  nizinokai

プロフィールprofile

にじの会について


にじの会とは

「にじの会」は、LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、高機能自閉症・アスペルガー症候群などの発達障害児・者、およびその周辺の「援助を必要とし、一人ひとりに適した教育・社会環境を特に必要とする子ども」を持つ親の会です。相談機関等で「発達障害」との診断を受けた方だけでなく、類似の悩みや問題を抱えた子を持つ保護者が集える場です。
神奈川県を主な活動範囲とし、1990年から活動をしています。

主な活動

年間行事(ウォーキング・サマーキャンプ・クリスマス会など)
・講演会、勉強会、進路勉強会の開催  
・地区懇親会(横浜・川崎、湘南、県央、横須賀・三浦、県西の
  各地区で実施、ほか不登校親の会、大学生等保護者の会)

・部会活動
・余暇グループ
・会報「にじのたより」の発行

・ホームページ開設(http://www.normanet.ne.jp~nizi/) 
 会員限定ブログ開設

・行政活動 (関係部局等との情報交換、会議への参加協力など)
・NPO法人全国LD親の会に加盟(情報交換、協力連携など)

部会活動  教育部会
 就労部会
余暇グループの紹介

*ひまわり      
*ゲームクラブ  

*フリーダム   
*にじ鉄      

地区懇親会等
横浜・川崎地区、県央地区、横須賀三浦地区、湘南地区、県西地区、
不登校親の会、大学生等保護者の会
2016年度会員の状況 正会員 262名、賛助会員 7名 計269名
正会員内訳  
横浜市 144、川崎市 20、横須賀・三浦地区16、 湘南地区27、
県央地区28、県西地区 18、その他 9

子どもの分布 未就学児 10、小学生 69、中学生 54、高校生 52、 18歳以上 105




FAQ
よくあるご質問

Q:LDでないと、駄目ですか?
A:LDでなくても大丈夫です。にじの会は、「LD等発達障害児・者など、一人ひとりに適した教育・社会環境を特に必要とする子ども」を持つ親の会です。LDだけでなく、ADHD、高機能自閉症、アスペルガー症候群のお子さん、広汎性発達障害と診断されたり、発達性協調運動障害を伴うお子さんもいます。知能レベルも高いお子さんから軽度精神遅滞のお子さんまで幅広く参加しています。

Q.:診断を受けていないのですが、入れますか?
A.:診断を受けていない方も入会いただけます。「はっきりとした診断がでない」、「(本人・家族間で)診断を受ける準備ができていない」という方もいます。

Q:兄弟で発達に偏りがあり登録したいのですが、年会費は子ども一人あたり5000円ですか?
A:いいえ。年会費5000円は、一世帯あたりの金額です。
 (1月以降入会の方の当該年度分の年会費は3000円)

Q:発達障害ではない、きょうだい児も活動に参加できますか?
A:キャンプやクリスマス会などの全体行事は参加できます。グループ活動でも、参加可能なものもあります。社会人講座は、当事者と保護者のみの参加となります。

Q:子どもだけで活動に参加できますか?
A:原則的に親子での参加をお願いしています。安全に関して、お子さんのことは保護者に責任を持っていただきます。

Q:子どもは活動に参加しないと思います。親のみの参加でも良いですか?
A:そのような方も多くいます。まずは保護者が学んだり、話をすることで不安を和らげたり、理解を深めることができると良いと思います。

Q:父親も参加可でしょうか?
A:もちろん大歓迎です。講演会や勉強会は、祖父母の方もご参加いただけます。

Q: 役員になるなど、何か役割を持たされるのでしょうか?
A: 強制することはありません。活動は、すべて会員で作りあげていくものです。お子さんの様子や家庭の状況を見ながら、できるときに、できるお手伝いをお願いします。役員や行事の担当をすることで、「友だちができた」「情報を得られて勉強になった」という声がよく聞かれます。

Q:活動場所はどの辺りが多いですか?
A:横浜駅や桜木町駅周辺が多いです。居住地が川崎・横須賀・秦野など広域に渡っているので、比較的皆なが集まりやすい場所で、全体行事を行なっています。
各地域で様々な活動ができると良いのですが、今のところ地区懇親会のみとなっています。

Q:お試しで参加できるものはありますか?
A:地区懇親会は、入会相談後であれば、入会検討中でも参加いただけます。

 横浜・川崎、湘南、県央、横須賀・三浦、県西の5地区で開催しています。
 日程に関しては、入会相談会時または、メールにてお問合せください。

にじの会


TEL