本文へスキップ

神奈川LD等発達障害児・者親の会 にじの会 nijinokai 

にじの会で、親も子も、居場所を作りませんか

何だか育てにくい。
ほかの子どもと、行動や学び方が少し違うような気がする。

クラスで友だちができない。
私もママ友の中で何となく居心地が悪くて。

家族の理解も、なかなか得られないし。
このままの子育てのやり方でいいのかしら。

こんな悩みを持つ保護者の方々、是非、入会相談においで下さい。

あなたと、子どもの居場所が見つかるかもしれません

「にじの会」は、「援助を必要とし、一人ひとりに適した教育・社会環境を特に必要とする発達障害児・者」を持つ親の会です。

1990年に設立し、主に神奈川県で活動しています。 診断の有無に関わらず、類似の悩みや問題を抱えた親たちが集い、様々な活動を行っています。NPO法人全国LD親の会」に加盟、連携もとっています。



お知らせtopics

神奈川LD等発達障害児・者親の会「にじの会」2018年度講演会
「学校に行きづらい、生きづらい子ども達へ」
〜思春期前後の子ども達とのかかわり方について〜

学校へ行きたくない…と一度も思うことなく、大人になった方はいないのではないでしょうか。
今、自分の子どもに「学校に行きたくない」と言われたらどうしますか。子どもの気持ちに寄り添いながら、その言葉の背景にあるものに目を向ける必要があります。今年度の講演会は、星槎教育研究所の三森睦子先生をお迎えし、先生の豊かな指導経験の中から見えてきたものを、先生ご自身の体験も交えつつ、温かな眼差しで子ども達とのかかわり方についてお話いただきます。

講 師:三森 睦子先生 
(●星槎教育研究所 専務理事 ●星槎大学専任講師 ●特別支援教育士 ●臨床発達心理士) 
【プロフィール】
早稲田大学第一文学部(家族社会学専攻)卒業。民間教育機関、星槎国際高等学校神奈川学習センター長、星槎グループ運営企画本部を経て、現職。

日時:2018107 () 13001530(開場12:30〜)
会場:横浜市二俣川地域ケアプラザ 6階多目的ホール 

定 員:80名(先着順、会員優先)
参加費:1000(「にじの会」会員は無料)
にじの会会員の先行受け付けは717日より開始しています
問合せ先:nijikanagawa1990@aol.jpまで
注意事項
申し込み後、自動返信をいたします。返信が届かない場合はnijikanagawa1990@aol.jpまでご連絡くださいお子様の同席はご遠慮願います。候などの事情で、やむを得ず開催を中止する場合は、当会ホームページhttp://www.normanet.ne.jp/~nizi/ でお知らせいたします。
後援:神奈川県教育委員会(予定)横浜市教育委員会 NP0法人全国LD親の会 主催:神奈川LD等発達障害児・者親の会「にじの会」

92日から28日までに下記の方法でお申込みください
*携帯・スマホ右のQRコードから
*パソコンhttps://fs223.formasp.jp/d494/form1/  

2018年度は「小学生・中学生・高校生・18歳以上の4グループ制にして親子活動・親向けプログラムを企画します。

にじの会2018年5
月以降の主な予定です。
様々なイベントの情報が載っています。
にじの会に参加したら子どもも保護者も居場所探しができます

新着情報news

2018年4月から2019年3月
  入会相談会を行います。(詳細はスケジュールを)
2019年1月
  講演会を行う予定です。
2015年10月1日
  サイトをリニューアルオープンしました。

copyright©20XX nizinokai all rights reserved.