ホーム

「テレビが聞けるラジオ」バージョンアップのご案内

ワンセグ対応ラジオ「テレビが聞けるラジオ TRKO-01B」がバージョンアップしました。

バージョンアップ内容

(1)ワイドFM(FM保管放送)への対応

1.AM放送がFM放送(ステレオ放送)でクリアに聞けます
2.ビルやマンションでも受信しやすくなります
3.難聴地域や災害に強くなります

ワイドFM(FM保管放送とは

AM放送のラジオ番組をFM放送で聞く事が出来るサービスです。
これにより、今までAM放送が入りにくかった地域(特にビルの多い地域や混信の多い地域)でもFM放送でAM放送が聴けるようになります。また、FM放送の送信所は高台に設置されていることが多く、津波などの影響を受けにくくなります。
2015年6月現在は4地域で実施されていますが、今後全国各地で順次開局が予定されています。

2015年6月現在実施している放送局
秋田放送、北日本放送(富山県)、南海放送(愛媛県)、南日本放送(鹿児島県)

2015年秋頃実施予定の放送局
ニッポン放送、文化放送、TBSラジオ、東海ラジオ、中部日本放送、山口放送など

(2)誤操作防止ロック機能を追加

お客様からのご要望にお応えし、ロック機能をつけました。
本体右横にある4つのボタンの一番上と一番下を同時長押しすることにより、ロック機能が作動します。ボタンを押し間違えてラジオのプリセット選局がマニュアル選局になることはありません。
ロック機能が作動していても、状況確認ボタンとテレビを選局しているときの主音声・副音声の切り替えボタンは作動しますので安心です。

備考

すでに商品をお持ちの方は、メーカーにてバージョンアップが受けられます。詳しくはお問い合わせください。
今後、日本盲人会連合用具購買所にて販売する「テレビが聞ける」ラジオ TRKO−01Bは、すでにバージョンアップが行なわれた物となります。