デイジー録音図書

新入図書紹介

デイジー録音図書は、デイジー録音図書専用再生機(プレクストーク)でご利用下さい。

1 人間臨終考  森 達也  9時間3分
  歴史人物の死に際から、それを取り巻く社会を痛烈に風刺。死刑、付和雷同の国民性、想像力なき善意…硬直する日本社会に斬り込む新感覚日本現代論。

2 ラクする作り置き  スガ  4時間28分
  週末3時間で作って平日ラクする、作り置き生活のテクニックを紹介。基本のレシピからおもてなしレシピまで、段取り・手順とともに紹介する。

3 最後の医者は桜を見上げて君を想う  二宮 敦人  11時間38分
  あなたの余命は半年です−。死を肯定する医者・桐子は患者にそう告げた。だが、副院長・福原は生を諦めない。対立する2人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは? 究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか?

4 鼠、嘘つきは役人の始まり  赤川 次郎  5時間10分
  江戸の闇夜を闊歩する、粋でいなせな盗賊・鼠小僧次郎吉。最近、巷で話題なのは名与力〈鬼の万治郎〉だが、その正体は、盗人よりもなお悪い…? 

5 ダイエット物語…ただし猫  新井 素子  7時間31分
  夫だけでなく、なんと愛猫までも糖尿病予備軍と診断されて…。猫と夫のダイエット、それに介護も加わって、奮闘する妻・陽子さんを描く。

6 五島のクジラとり物語 有川湾を舞台にして  辻 唯之  9時間22分
  五島列島・有川湾をめぐって繰り広げられた「クジラとり」の歴史。江戸時代に起きた福江領・有川浦と富江領・魚目浦の漁場をめぐる争い、有川組の盛衰の一部始終−。日本人と身近だったクジラとりの歴史を掘り起こす。

7 カッシアの物語 3  アリー・コンディ著 高橋 啓, 石飛 千尋 訳  13時間54分
  自由な選択を求める旅路の果てに、カッシア、カイ、そしてザンダーは何を手に入れ、何を失ったのか? ソサエティの正体、反乱軍の最終目的、赤い錠剤に隠された秘密…。すべての謎が結びつく完結編。

8 みんな酒場で大きくなった  太田 和彦  4時間49分
  通もうなる名店を舞台に、人生のあんなことやこんなことを角野卓造・川上弘美・東海林さだお・椎名誠・大沢在昌・成田一徹という豪華メンバーと太田和彦が語り尽くす。

9 コンテクスト・オブ・ザ・デッド  羽田 圭介  13時間35分
  編集者の須賀は作家と渋谷で打ち合わせ中、スクランブル交差点で女の子を襲うゾンビを目撃する。各地で変質暴動者=ゾンビの出現が相次ぐ中、火葬されたはずの文豪たちまで甦り始め…。

10 失敗から学ぶ薬を使う時の12のルール  斎藤 百枝美, 宮本 法子  2時間19分
  薬の使用について、実際にあった、思いもよらない困った失敗事例を採り上げて、薬の正しい使い方のルールを説明。事例に対応する、薬を使う時の約束も紹介する。

11 ヴェーユ  冨原 眞弓  6時間12分
  フランスの哲学者ヴェーユは、哲学・宗教・政治など広大な領域に及ぶテーマを探求し続けた。彼女の思想的立場を、その生涯を辿りながら解き明かす。

12 玄奘(げんじょう)  三友 量順(みとも りょうじゅん)  6時間44分
  「三蔵法師」の呼び名で知られる玄奘三蔵。彼が訳した「般若心経」は今日にも親しまれている。彼の生涯とその事蹟を仏教文化の流れの中で紹介する。

13 コルベ  川下 勝  7時間49分
  アウシュヴィッツで他者のために命をなげうち、餓死監房にくだったコルベ神父。日本でも宣教師として過ごしたことのある彼の言葉を辿り、その姿に迫る。      14 津田梅子  古木 宜志子  8時間38分
  女子留学生として岩倉使節団と共に渡米した津田梅子。「自分で思考できる女性」を育てるという理念を掲げ、活動した彼女の生涯と思想を紹介する。

15 ペスタロッチ  長尾 十三二(とみじ), 福田 弘 共著  6時間49分
  ルソーの影響のもとで思想を形成したペスタロッチは、社会的弱者の為に生きるという青年期の理想を終生求め続けた。教育者である彼の生涯と思想を描く。

16 ラヴォアジエ  中川 鶴太郎  7時間12分
  近代化学の古典的基礎を確立し、その基本構造を構築した化学者ラヴォアジエ。18世紀フランスの歴史と文化のなかで生きた彼の生涯を描く。

17 タゴール  丹羽 京子  7時間51分
  1913年にノーベル文学賞を受賞したインドの詩人タゴールは、以来、世界的な詩人として高く評価された。彼の生涯と作品を追い、その今日的な意味を問う。

18 シュトルム  宮内 芳明  6時間34分
  市民生活の幸福を描くことから出発した写実主義の作家であり、優れた叙情詩で有名な詩人でもあるシュトルム。彼の生涯と作品を紹介する。


以上