編集部   
                                                     更新日:2018/5/31



「新みみより」版下(見本)PDF版を掲示します。
原稿には 題名をお書きください。氏名にはフリガナを付けてください。 末尾に住所もお書きください。
 文字数は自由で結構です。関連の写真があればなお結構です。
 1段は18文字×23行です。表題は右記の通り4行ほど空けてください。

みみより誌版下(見本)2.pdf へのリンク


「新みみより」誌 平成30年5月号完成(通算613号) 5月15日発行
  【目次】
新年度を迎え 気持ちを新たに………………………遠藤 良明……2
編集長と副理事長を兼任………………………………宮田 和実……3
定期総会のご案内………………………………………事 務 局……4
平成二十九年度各部活動報告…………………………各 担 当……5
耳の日記念文化祭報告…………………………………事 務 局……11
三月例会報告……………………………………………事 業 部……12
参加者の感想                         渡邉 哲也……12
                                  梅原 智秋……13
                                  伊藤 綾子……13
新会員紹介………………………………………………石原 素子……14
                       新江 健哉……15
                       大音師直美……16
                       酒井 秀俊……17
                       中島ワカ子……18
残存聴力活用型人工内耳(EAS)…………………橋本 京子……19
空のバリアフリー………………………………………小島 茂樹……23
耳の老化を予防する……………………………………宮田はるみ……26
鯉さんの写真館…………………………………………木下 幸雄……29
地方会員の近況…………………………………………大久保紀次……30
御朱印集め(パート2)………………………………仁科 房子……32
『聾』学校は永遠なり…………………………………井上 タマ……33
ともみんのわがまま日記「静岡支部のこと」④……内野 偕美……34
近未来小説「みみより会があったころ」⑨…………宮田 和実……36
みみより通信………………………………………………………………38
みみより会へのお誘い・編集後記………………………………………40
 
 【表紙のことば】
この写真は、那須塩原市の桜沢渓谷にある「雷霆の滝」です。塩原十名瀑に数えられる名瀑です。塩原には百余りの滝があり、県内では、日光に次いで滝の多いことで知られています。塩原温泉ビジターセンターから八方ヶ原遊歩道を行くと桜沢とスッカン沢に分かれます。この一帯は、関東地方にありながら、手つかずの自然が残る秘境で、スッカンというのは、酢っ辛いがなまったものと言われていて、温泉などの湧き水の影響で酢っ辛く、魚も住めなかったと言われています。
また、その色がとても美しく、スッカンブルーと呼ばれています。
この時期は眩いばかりの新緑が美しく、秋には、紅葉が渓谷美を一層引き立たせます。
塩原の滝巡りには、それなりの装備が必要ですが、中には、サンダル履きでも行けるところもあり、私が塩原に引っ越してきたばかりのころ、難聴仲間と共に、この秘境をハイキングした時に撮影しました。
写真・文 宮田 和実





「新みみより」誌 平成30年3月号完成(通算612号) 3月15日発行
   【目 次】
一月例会報告……………………………………………事 業 部……2
「アリナミンと兄」「耳守神社」 ……………………楠田規充男……3
十月例会講演録「終活セミナー」(後編) …………徳永 明子……4

追悼特集
「追悼 杉田静山(春男)さん」……………………高寺 志郎……10
「杉田静山さんを偲ぶ」………………………………黒川美富子……11
「大川豊さんを偲ぶ」…………………………………片山 善衛……13
「三柱の御霊に」………………………………………大久保紀次……14
「大川豊さんのこと」…………………………………大原 恭子……17
「大川豊さんを偲ぶ」…………………………………加藤美英子……18
「須賀善子さんを偲んで」……………………………光岡ひろ江……19
「追悼 千葉登美雄様」………………………………掲示板より……20

中国山東省紀行…………………………………………鴻巣 健治……21
ネゲブ砂漠~イスラエルの旅(2)~………………小島 茂樹……24
御朱印集め………………………………………………坂口 賢一……26

「ガラスの箱」を発刊して……………………………小林てい子……28
「寒中お見舞い申し上げます」………………………井上 博子……29

みみより俳句会…………………………………………みみより俳人……30

ともみんのわがまま日記「静岡支部のこと」➂……内野 偕美……32

近未来小説「みみより会があったころ」➇…………宮田 和実……34

鯉さんの写真館…………………………………………木下 幸雄……36

みみより通信………………………………………………………………37

みみより会へのお誘い・編集後記………………………………………40

 
【表紙のことば】
この写真は、那須野が原公園にあるオランダ式風車です。
オランダでは、国土の海抜が低いため、農地などの排水のため、風車が数多く建てられました。
この他、様々な工業用動力として、風車は、世界各地に建てられ活躍してきました。動力が電気などに取って代わられたため、その数は格段に少なくなってしまいましたが、今でも、様々な目的で、風車が使われています。取り分け、風力発電に利用されていることは、皆様御存知のことと思います。廃棄物を出さないエネルギーとして、太陽光発電や地熱発電などと共に期待されています。私たちの祖先は、自然のエネルギーを上手に利用して、生活を豊かにしてきました。現在、半永久的に地球を汚染し続けるエネルギーに頼っている私たちは、こうした先人たちの知恵をもう一度見直す時期に来ているのではないでしょうか?
風車を見つめるこの子が大きくなった時、地球が汚染され続けていないことを願って、この写真を選びました。
写真 宮田はるみ
文 宮田 和実


3月号鯉さんの写真館の原稿をアップします。
 





「新みみより」誌 平成30年1月号完成(通算611号) 1月15日発行
   目次
年頭所感「健康寿命」…………………… …理事長 遠藤 良明……2
年頭の挨拶…………………………………副理事長 宮田 和実……3
                          副理事長 坂元八重子……3
                          地方理事 内野 偕美……4
                        コミ文化部長 大山 明美……4
                          コミ文化部 伊藤 久子……5
                           事務局長 宮田はるみ……5
                             会計部 岩間 清美……6
                              監事 宮川 勝彦……6
                              監事 下村 和也……7
散文詩 平成三十年 わが元旦………………………大久保紀次……12
九月例会講演録(後編)~AED講習会~…  ………高橋 郁弥……14
十一月例会バスツアー報告……………………………事 業 部……24
「羽衣の松伝説とは?」………………… ……………鈴木 克美……24
バスツアーの感想………………………………………坂口 賢一……25
                                坂元八重子……26
                                 米本 絹子……26
                                渡辺加代子……27
                                 児玉 和彦……28
                                 磯野 昌子……29
                                 岩田 紘一……30
十月例会報告……………………………………………事 業 部……37
十月例会講演録「終活セミナー」(前編)…………徳永 明子……37
「紅葉の会津を楽しむ」………………………………坂口 賢一……48
「パソコンサークルに通って」………………………清水智恵子……49
ともみんのわがまま日記「静岡支部のこと」②……内野 偕美……50
みみより通信………………………………………………………………52
一月例会へのお誘い………………………………………………………55
みみより会へのお誘い・編集後記………………………………………56

※近未来小説「みみより会があったころ」および鯉さんの写真館は、都合により休載とさせていただきます。
 
     【表紙のことば】
  函館郊外にある大沼国定公園、冬ともなると遠くシベリアから白鳥が飛来します。ここで、愛を育み、卵を産み、
 子育てをし て、春、子供と共に、また北へと旅立つのです。
  年頭に当たり、大きな志を抱く方もあるでしょう。新しいことを始めようと、決心する人もあると思います。しかし、
 平凡な日 常が大切だと、改めて感じるのは、歳を取ったせいなのでしょうか。
  夫婦の絆、家族の絆、そうした普段あまり気づかないものに改めて目を向けることも必要なのでは…。
  殊に、みみより会は、会員相互の強い絆によって、長い歴史を紡いできました。
  この写真は、小生がまだ若い頃、日本テレビの仕事で、カメラマンを兼ねて、函館を訪れたときに撮影したものです。
  オオハクチョウの求愛ダンスをフィルムに収めることのできたことは、ラッキーだったと思います。
  今年(平成三十年)が、皆様にとって、素晴らしい年でありますよう祈りながら、表紙のことばとさせて頂きます。
   写真・文 宮田 和実




 「新みみより」誌 11月号完成(通算610号)11月15日発行
  ログ等の取り扱いについて……………………………遠藤 良明……2

九月例会報告前編「減災について」…………………高橋 郁弥……4

講演「ろう者に通じる手話」後編……………………宮田 和実……14

新会員紹介コーナー①…………………………………佐々木紀子……19

新会員紹介コーナー②…………………………………宇賀神聡子……20

新会員紹介コーナー③…………………………………熊谷 正志……21

新会員紹介コーナー④…………………………………小島 茂樹……22

旅行記「カートと行く函館紀行」……………………渡辺加代子……25

歴史閑話「原稿用紙誕生秘話」………………………片山 善衛……27

音声認識アプリの今……………………………………宮田はるみ……29

追憶………………………………………………………関根智津子……31

野澤克哉先生へ…………………………………………藤井 徳治……32

ともみんのわがまま日記「静岡支部のこと」①……内野 偕美……34

鯉さんの写真館…………………………………………木下 幸雄……36

十二月例会案内…………………………………………事 業 部……37
みみより通信………………………………………………………………38
みみより会へのお誘い・編集後記………………………………………40

※近未来小説「みみより会があったころ」は、頁数の関係で、休載とさせていただきます。 

【表紙のことば】

「大洗漁港の夕陽」
十一月の大洗といえば、何といっても鮟鱇ですね。鮟鱇は体が柔らかく、まな板の上では捌き難いので、吊るし切りにすることで知られています。この時期、ホテルのロビーなどでは、この鮟鱇の吊るし切りをショーとして観光客に見せることで集客を図っています。
食事の時には、勿論、この鮟鱇の身や肝が鮟鱇鍋として登場します。
写真は、今が旬の鮟鱇が水揚げされる大洗漁港です。
隣の大洗港には、北海道の苫小牧とを結ぶフェリーのターミナルがあり、近隣から、車で北海道の旅を満喫したいという方に重宝されています。
秋の陽は釣瓶落としと言いますが、この時期は、夕食前にこの光景を眺めることができます。
日本の東海岸にあって、海面に映る夕陽を眺めることのできる、数少ない場所です。
写真 宮田はるみ
文 宮田 和実




 11月号 鯉さんの写真館の写真と原稿をアップします。
 

森の小道




 「新みみより」誌 9月号完成(通算609号)
   六月例会報告「紫陽花咲く豊島園へ」………………宮田はるみ……2
                       村上眞理子……3
                       大山 明美……4
                       三妻 邦子……5
七月例会報告「手話に親しもう!」…………………事 業 部……6
七月講演会に参加して…………………………………小原 佳江……6
講演「ろう者に通じる手話」…………………………宮田 和実……7
新監事紹介「葉桜の緑が映える頃」…………………下村 和也……16
聴導犬紹介「聴導犬と豊かな暮らし!」……………事 業 部……20
投稿「私の盗難記」……………………………………片山 善衛……22
新会員紹介コーナー……………………………………佐藤  緑……24
鯉さんの写真館…………………………………………木下 幸雄……25
ともみんのわがまま日記「野澤克哉さんのこと」➄……内野 偕美……26
近未来小説「みみより会があったころ」➆…………宮田 和実……28
みみより通信………………………………………………………………30
九月例会へのお誘い……………………………………事 業 部……32
十月例会へのお誘い……………………………………事 業 部……33
十一月例会へのお誘い…………………………………事 業 部……34
みみより会へのお誘い・編集後記………………………………………36
 【表紙のことば】

「熊本城天守閣」
九月と言えば、震災の日(九月一日)があります。御存知、関東大震災のあった日ですが、近年は、東日本大震災や熊本地震など、地震による大きな爪痕が日本列島各地に残されています。地震というのは、どんなに大きな地震でも、長くて数分、短いものは一分以内です。しかし、その後、地震によって引き起こされた様々な現象が、大きな被害を我々に突き付けるのです。それはあたかも、人類に対する警告や報復のようにも感じられます。熊本地震から早一年四ヶ月余り、熊本城では、屋根瓦が落ち、石垣が大きく崩れました。現在、修復工事が急ピッチで行われています。一日も早く、写真の姿を取り戻してほしいと、今回はこの写真を選びました。熊本城だけでなく、水害も含めて災害によって失ったものの全てが元通りの姿を取り戻して欲しいという願いを込めて。

写真 宮田はるみ
文 宮田 和実


 9月号 鯉さんの写真館の写真をアップします。
   
 



 「新みみより」誌 7月号完成(通算608号)

   平成29年度定期総会を終えて
総会御礼……………………………理事長 遠藤 良明……2

新役員挨拶…………………………副理事長 宮田 和実……3
                     副理事長 坂元八重子……3
                  コミ部文化部長 大山 明美……4
                    コミ部文化部 伊藤 久子……4
                      地方理事 内野 偕美……4
                    監     事 宮川 勝彦……4
                    監     事 下村 和也……4
                      事務局長 宮田はるみ……5

総会報告…………………………………………事 業 部……6
一年に一度の便り~一言伝言板~…… ……会員の皆様……16
テニス合宿報告…………………………………宮川 勝彦……19
                            宮田はるみ……20

クルーズ体験記………………………………坂元八重子……22
追憶「ちゃぶ台」………………………………片山 善衛……24
鯉さんの写真館………………………………木下 幸雄……26
7月例会へのお誘い…………………  ………事 業 部……27
近未来小説「みみより会があったころ」? …宮田 和実……28

みみより通信……………………………………………………30
みみより会へのお誘い・編集後…………………… …………32

※「ともみんのわがまま日記」は、都合によりお休みさせて頂きます。
 
 


7月号 鯉さんの写真館の写真をアップします。

 

 浅草寺のほおずき市 四万六千日


 
    「新みみより」誌 5月号完成(通算607号)

  平成28年度を振り返って・・・理事長 遠藤 良明
総会案内                  ・・・事業部

平成28年度各部活動報告・・・宮田 はるみ・大山 明美・伊藤 久子
 編集部           ・・・宮田 和実・坂元 八重子・加藤 美英子
 静岡支部              ・・・内野 偕美
 茶道部                ・・・遠藤 良明
 俳句会・山の会          ・・・岡本 昇蔵
 テニス愛好会          ・・・関根 智津子
 手話コーラス「クローバー」    ・・・大山 明美
 パソコンサークル「ピノキオ」  ・・・宮田 はるみ

2月例会報告               ・・・事業部
3月例会報告               ・・・事業部
 「遊子とは?」          ・・・大久保 紀次

鯉さんの写真館            ・・・木下 幸雄
地中海旅行記             ・・・鴻巣 健治
新会員紹介              ・・・内藤 勝彦・濱川 節子

ともみんのわがまま日記「野澤克哉さんのこと④」・・・内野 偕美
近未来小説「みみより会があったころ」      ・・・宮田 和実

みみより通信
みみより会へのお誘い・編集後記

 

5月号 鯉さんの写真館の写真をアップします。



「久しぶりに登山しました」



    「新みみより」誌 3月号完成(通算606号)

   
みみより会よ、あなたは優しくて強かった・・・鈴木克美
一月例会報告・みみより会告知・・・・・・・・・・・事業部
十二月例会報告「熱川一泊忘年会」報告・・・事業部
楽しかった二日間・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岡田厚子
十一月例会「聞こえの支援機器展」報告・・・・事業部
プレゼンテーション・・・自立コム・・・水谷裕
             福島ヒヤリングセンター・・・菅野純一
             日本コクレア・・・遠山紀子
             オーティコン補聴器・・・杉崎きみの
追悼特集
  追悼文・・・・掲示板から・・・・・・・・・・・
  追悼寄稿(二重枠で記載)
  「あきら君、お疲れ様 ありがとう!」・・・・・遠藤勇一
  「ご冥福をお祈りいたします」・・・・・・・・・・・・大川豊
  「市川明さんを悼む」・・・・・・・・・・・・・・・・・・中里牧人
  「今、どこで何をされていますか?」・・・・・・佐藤緑
  「追悼、思い出の皆さまへ」・・・・・・・・・・・・・内野偕美
  
  追悼文・・・掲示板から・・・・・・・・・・・・
  追悼寄稿(二重枠で記載)
  「安き眠りにつきたまえ」・・・・・・・・・・・・・・・大久保紀次
  「趣味に生きる」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岡本昇蔵
  「追憶」               ・・・・・・・・片山善衛
鯉さんの写真館・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木下幸雄
ともみんのわがまま日記「野澤克哉さんのこと」③・・・・内野偕美
新会員紹介・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤上憲良
近未来小説「みみより会があったころ」・・・・・・宮田和実

みみより通信・・・・・・
みみより会へのお誘い・編集後記・・・


3月号 鯉さんの写真館の写真をアップします。

  

「みみよりゴルフクラブの思い出」



    「新みみより」誌 新春1月号完成(通算605号)

   主な記事
新年の挨拶……………………………… …理事長 遠藤 良明……2
各サークルの「今年の抱負」
  山の会・ハイキングの会……………………………岡本 昇蔵……4
  テニス愛好会…………………………………………宮川 勝彦……5
    パソコンサークル・ピノキオ………………………宮田はるみ……5
    手話コーラス・クローバー…………………………高橋 潤子……6
理事「今年の抱負」
           内野 偕美・大山 明美・伊藤 久子・宮田 和実……7
七月例会講演録(後編)
~これからの聴覚障害者福祉に思いを寄せて~
          聴覚障害者情報文化センター施設長 森 せい子……13
八月例会講演録
       映画「スタートライン」完成記念講演録………今村 彩子……21
十月例会報告…………………………………事業部 宮田はるみ……36
      「再発見?行田市を訪ねて」……………………島田 律子……36
       「わくわく古代ロマンの里を行く!行田市」…渡辺 和子……38
山ガール山ボーイ陣馬山登山…………………………伊藤 薫子……39
鯉さんの写真館…………………………………………木下 幸雄……40
新入会員紹介……………………………………………岩田 紘一……41
投稿コーナー
     「もしかして特許もの?」………………………大久保紀次……42
    「苦い追憶」………………………………………片山 善衛……45
     「通販と私」………………………………………杉山  茂……47
       「ちょっと知らせたくて」………………………井上 博子……48
    「近況報告」………………………………………吉羽正比古……49
ともみんのわがまま日記 「野澤克哉さんのこと」②……内野 偕美……50
    近未来小説「みみより会があったころ」第三話……宮田 和実……52
 みみより通信………………………………………………………………54
  みみより会へのお誘い・編集後記………………………………………57



1月号鯉さんの写真館の写真をアップします。



「夫婦二人で元旦の祝宴」


多くの方々から、年賀名刺のご依頼をいただきました。この場を借りまして御礼申し上げます。

年賀名刺広告のご依頼

 平成29年1月号に毎年恒例の年賀名刺広告を掲載いたします。一昨年の掲載者には10月中にご依頼
 案内を郵送いたします。他、会員および冊子贈呈先には11月号とともにご依頼案内を郵送いたしますので、
是非、お申込みください。
原稿締め切りは11月15日です
 案内を掲載いたします。
年賀名刺広告29年度3.pdf へのリンク
平成29年1月『新みみより』新年号年賀名刺広告申込書3.pdf へのリンク

『新みみより』誌の年賀名刺広告は編集部で版下を作成しています。手書き原稿も受付いたしますが、
文字などは編集部にお任せください。できるだけ、原稿は校正不要のパソコンデーターでお願い申し上げます
みみより誌の趣旨にご賛同いただきました方々は、どなたでも掲載いたします。


    「新みみより」誌 11月号完成(通算604号)

    主な記事

わたぼうし音楽祭受賞報告
~未来へつなげ~………………………………………大山 明美……2
七月例会講演録
聴覚障害者情報提供施設とは?
~これからの聴覚障害者福祉に思いを寄せて~
聴覚障害者情報文化センター施設長           森 せい子……5
映画「スタート・ライン」で
小さな勇気をもらう……………………          池内 伸自……14
九月例会報告「バーベキュー納涼会」……事業部   宮田はるみ……16

九月例会参加者の感想             
渡辺加代子……16 
赤塚千鶴子……18 
田添 明子……18  
塚本 茂子……20                                       
関根智津子……21

第5回全国文字通訳研究会関東地区集会参加報告…宮田はるみ……22
ともみんのわがまま日記「野澤克哉さんのこと」 ………内野 偕美……24
一言伝言板………………………………………………会員の皆様……26
みみより通信………………………………………………………………30
十一月例会案内……………………………………………………………33
十二月例会案内……………………………………………………………34
みみより会へのお誘い・編集後記…………………………………………36

《おことわり》
「鯉さんの写真館」、近未来小説「みみより会があったころ」は、それぞれ著者の都合によりお休みします。楽しみにしていた皆様、申し訳ありません。

 


  「新みみより」誌 9月号完成(通算603号)

9月号鯉さんの写真館の写真をアップします。

題して 「お台場夕景」

 

 
   主な記事
 五月総会講演会~聴障人生を振り返って~
 「聞こえる世界から聞こえない世界へ」
     (特非)全国文字通訳研究会      理事長 長谷川 洋……2
六月例会報告……………………………………………岡本 昇蔵……5
                                  岩田 紘一……6

   六月例会案内「三鷹・井之頭公園」界隈散策………佐藤 和夫……7
   七月例会報告・ちょっとだけ手話講座①……………事 業 部……11
   八月例会報告・ちょっとだけ手話講座②……………事 業 部……12

今村彩子監督と私………………………………………宮田 和実……13
 茶道部・クローバー交流会……………………………岡田 厚子……15
                                 光岡ひろ江……16
みみより俳句………………………… 上越市 加藤美英子・…18
                        静岡市 杉山  茂……18
                        郡山市 森谷 秀幸……18
                        高崎市 角田 俊子……18
                        静岡市 内野 偕美……19
                        横浜市 岡本 昇蔵……19
                        解 説 岡本 昇蔵……19
ともみんのわがまま日記………………………………内野 偕美……20
近未来小説「みみより会があったころ」②……・・・……宮田 和実……22
新会員紹介………………………………………………坂口 賢一……24
鯉さんの写真館…………………………………………木下 幸雄……26
平成二十八年五月総会報告(後編)………・・…………事 務 局……27
みみより通信………………………………………………………………32
みみより会へのお誘い・編集後記……………………。…………………35
※九月例会チラシと十月例会チラシは折り込みとしました。 
 

 「新みみより」誌 7月号完成(通算602号)

7月号「鯉さんの写真館」の画像をアップします。

 

三社祭 昔も今も江戸の華

  主な記事
みみより会創立六十周年記念・みみより誌600号達成記念
式典および祝賀会特集
記念大会のお礼と総会報告………………理事長 遠藤 良明
新会計担当挨拶………………………会計部 

  特集記事
理事長挨拶…………………………………理事長 遠藤 良明
  お祝いメッセージ
全国中途失聴・難聴者団体「新光会」会長 …………
みみより会員 ……………………………………………
静岡支部長 ……………………………………………
一言伝言板……………………………………………………………

  参加者からの感想
前厚生労働省自立支援振興室長 ………………………
みみより会員 ・大会スタッフ…

平成二十八年三月例会報告…………………………………事業部……
平成二十八年五月総会報告…………………………………事業部……
テニス合宿顛末記………………………………………
思い出・・・2016初夏……………………………
鯉さんの写真館…………………………………………
六〇一号を終えて………………………………………
新会員紹介「みみより会に参加して」………………
七月例会のお知らせ………………………………………………………
八月例会のお知らせ………………………………………………………
十月例会のお知らせ………………………………………………………
みみより通信………………………………………………………………
みみより会へのお誘い・編集後記………………………………………

 「新みみより」誌 創刊号完成(通算601号)

創刊号「鯉さんの写真館」の画像をアップします。

 

題して「明日、咲くんだね」
  主な記事

創刊号に寄せて・・・・・・・・・遠藤良明理事長
新みみより誌について・・・宮田和実新編集長 
例会報告(11月~2月)・・・宮田はるみ事業部長
みみより会サークル・グループ紹介
①茶道部
②個人的山サークル
③みみより俳句会
④テニス愛好会
⑤手話コーラス「クローバー」
⑥パソコンサークル「ピノキオ」
⑦人工内耳で音楽を楽しもう会
鯉さんの写真館
ともみん交遊録①
だれでも投稿コーナー
新会員紹介①②
近未来小説「みみより会があったころ」
みみより通信
総会のお知らせ
6月例会のお知らせ
みみより会へのお誘い・編集後記

入会ご希望の方は入会案内のページをご参照ください

発行月・・・5月・7月・9月・11月・1月・3月(年間6冊)
(今年度は創刊年のため、4月創刊号を発行し5月は
休刊です)
お問い合わせは右記までお願いします。
      
600号までのバックナンバー
希望の方は、編集部まで
お問合せ下さい。






FAX:03-3897-7875

mimiyorikai_officeあ
       yahoo.co.jp

(「あ」は「@」に変えて送信)



      

「健康とは、病気ではないことではなく、自分のやりたいことが自由にできる状態の
ことである」(ナイチンゲール)
 全ての『みみより会員』が、いつまでも、健康で、豊かで、幸せを実感できる
毎日でありますように祈りながら、この会誌を作り続けたいと思います。
                                       編集長
 宮田和実


平成28年3月編集会議の様子

     
 試行錯誤の連続  UDトークを駆使して会議 どうやってまとめる? 
写真提供:鯉さん、ありがとうございます。

編集部ご紹介

編集長  宮田 和実

部員  内野楷美 ・ 大山明美 ・ 宮田はるみ ・ 木下幸雄 ・ 田添明子 ・ 井上博子
 加藤美英子
及び、ピノキオパソコンサークル会員


          新みみより誌への投稿のお願い

いつもお世話になっております。みみより会編集部です。新みみより誌に寄稿をお願いします。題材は自由で結構ですが、下記のようなコーナーもございます。ご参考にされてご寄稿願います。

① 新入会員紹介コーナー
② だれでも投稿コーナー
③ 趣味について
④ 旅行記
⑤ 俳句・和歌・短歌・ポエム
⑥ 私の体験談
⑦ 写真・風景画・書道
⑧あなたの奥に自慢
⑨故郷の祭り  などなど・・


文字数    500文字~1000文字程度でお願いいたします。(長文も可能)
締め切り   奇数月の月末(7月末・9月末・11月末など)
原稿形式  パソコンワード原稿又は、手書きの原稿をFAXで送ってください。原稿用紙が必要な方は事前にFAXで
        お知らせください。お送りいたします。

送り先は下記編集部(宮田)迄お願いします。
       FAX:03-3897-7875


ご不明な点がございましたら、お気軽に編集部までお問い合わせください。

 


 編集部員募集

「新みみより」誌は、あなたが作る!冊子です。聴力障害者の明るい生活のための知恵を
是非、「新みみより」誌に寄稿してください。
そして、あなたも編集部員になって、情報提供者になってください。

お待ちしております。 編集部一同


 11月号(通算604号)編集会議報告

10月1日(土)午前11時から「新みみより」11月号の編集会議を開きました。
平成29年度の企画として、地方会員の活性化ということで、企画を相談しました。
どしどし、地方会員からの原稿を広く募集いたします。詳細は11月号でお知らせいたします。
日常の会員の生活をピックアップして掲載したいと考えています。
是非、どなた様もご寄稿くださるようお待ちしております。



 7月号(通算602号)編集会議報告

5月7日(土)午前都障害者福祉会館にて、第6回編集会議を開きました。7月号は4月に開催された記念大会の特集号に
なります。40ページを予定して当日の写真や祝辞、お祝いメッセージも掲載。またスタッフの大会後記も掲載いたします。

また、「新みみより」誌では今後、例会時に一言メモを配布してだれでも寄稿できるようにしたいと考えています。
そして、地方会員の近況も毎号はがきを通じてお知らせいただけるよう工夫したいと思っています。
是非、どなた様も寄稿してくださるようお待ちしております。