当会について
TOPへ ・きょうだいの会とは
・主な活動(私達の活動)
・会員及び会費
・私達の主張 ・主な活動
・私達の主張
・きょうだい支援
・各支部の活動
・講師派遣
・アンケート協力
・各種研究
・事例集? ・こどもきょうだいキャンプ
・こどもきょうだいクリスマス
・京都松本さんの資料
・よくある事例集(パンフみたいな感じ?) ・よくある質問
・入会について
・本部所在地
・メール(会長直通)
・お問い合わせ専用フォーム
・ルール(宗教活動はダメとか)
・掲示板(Yahoo!とかgoogleとか使える?)
・ブログ ・関連サイトへのリンク


●私達の会は・・・・

 私達の会は、兄弟姉妹に障害者がいる人達を中心にした会です。
「障害を持つ兄弟姉妹(障害者)」の幸せをめざし、 「障害のないきょうだい」の様々な課題の解決に向け活動しています。

 1963(昭和38)年4月、東京で心身障害者をもつきょうだいが数人集まり、きょうだい会を作ろうと、朝日新聞の「読者の欄」に、次のように呼びかけました。
そして、この呼び掛けが、会の活動の基盤となっています。



この呼びかけに、全国から、いろいろな障害者をきょうだいにもつ人や、賛同者が集まり、結成大会及び第1回総会を東京都社会福祉会館において開催し、正式に「全国心身障害者をもつ兄弟姉妹の会」(1995年改称)として結成され、スタートしました。



☆会のあゆみ こちらもご覧下さい。



●会の組織
 
○本部は、支部等や直属会員の活動を支援するとともに、会員などからの専門的な相談にのっています。情報の収集や研究等を行いそれを会員に情報提供するとともに、国や社会への働きかけを行っています。機関誌「つくし」の発行も大事な活動です。
○支部は、会員同士の親睦や相談、学習活動などお中心に、各支部等が独自の活動をしています。本部との連携事業もあります。機関誌「つくし」は、本部から直接支部会員にお送りします
*支部では独自の会費があります。
●支部や各地域の活動
支部等・地域 主な
集会場所
例会などの状況 HP
北海道地域 札幌 不定期  
東北きょうだいの会

(東北地域)
仙台 6・9・12・3月の第3土曜日  
東京都支部

(首都圏地域)
東京 偶数月の第2土曜日
津久井やまゆり園
兄弟姉妹の会
神奈川
園内
偶数月の面会日  
愛知県支部

(東海地域) 
大府 隔月に例会
年に数回の子どもの
きょうだい支援活動。
京都障害者を持つ兄弟姉妹の会

(近畿地域)
京都 奇数月の第2土曜日

近畿地域は互いに参加OK
 
  大阪「障がい」のある兄弟姉妹とともに歩むきょうだいの会
(略称 大阪きょうだいの会)

(近畿地域)
大阪 奇数月の第4日曜日


近畿地域は互いに参加OK 
 
神戸・心身障害者を持つ
兄弟姉妹の会

(近畿地域)
神戸 偶数月の第2土曜日

近畿地域は互いに参加OK
 中国・四国地域 広島 不定期
九州地域  出水  不定期   

   色は支部は支部のある地域です。
   色は支部ではないが、集まりがある地域です。
 印の支部はホームページがあり、リンクしています。

●主な加盟団体

○全国社会福祉協議会 障害関係団体連絡協議会
○日本障害者協議会 (略称JD




●会員、および会費
会員の種類

会 費(年額)

直属会員 支部会員

 

正会員 6,000円 支部で定める

高校生までは、2,000

賛助会員 1口 5,000 支部で定める

個人 口以上 団体口以上



○正会員

 
きょうだいに障がいのある人がいる方、または会の趣旨に賛同しともに活動することを望む方。

*総会などでの議決権、機関誌の購読、例会・講演会などやメーリングリストへの参加など、会員としての全ての権利があります。例会や講演会などの参加費は、原則無料です。
*総会や例会で、遠方から参加する時に、交通費の補助がある場合があります。

○賛助会員
 
会の趣旨に賛同し、財政的援助をして下さる方。

*機関誌の購読、例会などへの参加ができます。
●機関紙「つくし」購読者
 

○機関誌「つくし」購読料(年4回発行) 年間 2,000


*会員ではありませんが、例会や会主催の研修会などに参加ができます。
(原則有料となります)

●会員ではない方

*例会や講演会等で、会員でなくとも参加できるものがあります。
(原則有料となっております)

*年に複数回参加される方には、会員になっていただくことをお願いする場合があります。