きょうだい自身の結婚
                     ・こどもきょうだいキャンプ
・こどもきょうだいクリスマス
・京都松本さんの資料
・よくある事例集(パンフみたいな感じ?)

 

 シリーズ第1回目  結婚について

  第1回目は、NHKドラマ「抱きしめたい」に寄せられた同番組ホームページの感想からみたきょうだいの結婚観について述べたいと思います。

 全投稿数260通のうち、きょうだいの意見として46通、義理のきょうだいの意見として1通を集計しました。きょうだいからの意見を多い順に並べると、@未来子と自分の状況(同じ35件・違う1件)、Aドラマに対する感想等(肯定29件・疑問否定各1件)、B結婚について(消極的18件・積極的9件)、C兄弟姉妹のことを人に話せるか(消極的14件・積極的8件)、D自分の人生について(積極的14件・消極的7件)となりました。
 このうち、Bのきょうだいの結婚についての意見を紹介します。


〔消極的・否定的〕18件

○ 今まで障害者と接したこともない相手に、自分と同じ運命を背負わせるのは荷が重過ぎるし、迷惑はかけたくはない。その人は本当に結婚してくれるのだろうか、相手の家族は障害を持つ兄弟姉妹のことをどう思うか、理解してもらえるのか、結婚しても兄弟姉妹の面倒を見れるのか、自分は健常の子を生めるのか、自分の子は兄弟姉妹をどんな風に見るのか等悩みは多い。両親の苦労を見ているので、恋愛・結婚には消極的・臆病になってしまう。(7)

○ 相手方、または相手方の家族の理解が得られなかった。現在、反対されている。(3)

○ 結婚は簡単にはできないと思う。(2)

○ いい人がいたらすぐに結婚したいが、兄弟姉妹のことを考えると理想が高くなってしまう。(1)

○ 兄弟姉妹のことで結婚をためらっていた時期があった。夫には全てを話してあったが、子供が生まれるときに「障害は大丈夫か」と何度も聞かれ、辛い思いをした。(1)

○ 兄弟姉妹のことに関係なく、結婚はしたくない。(1)

○ 結婚はしているが、障害を持つ子供が生まれた場合を考えると、いまだに子供を作る勇気が持てない。(1)

○ 自分の兄弟姉妹は「障害者」ではなく「私の兄弟」として見ているが、他の障害者を「障害者」として見ているので、障害者を見て引いてしまう人の気持ちも分かる。普段一緒に生活をしていないとなかなか慣れることはできない。(1)

○ 幼い頃、この子は結婚できないかもしれないと言われた。(1)



〔積極的・肯定的〕9件

○ 兄弟姉妹を受け入れてくれない人とは結婚できない。相手には兄弟姉妹を受け入れてほしい。(5)

○ 結婚するときは兄弟姉妹の存在がネックになると心配したが、その必要はなかった。(1)

○ 夫に兄弟姉妹のことを伝えるには勇気が必要だったが、今は障害のある兄弟姉妹がいるということはそんなに特別のことだとは思えない。(1)

○ 多くのきょうだいが幸せな結婚をしていることを知り、安心した。(1)

○ 私の姉はとてもすばらしい人と結婚した。(1)



〔義理のきょうだいから〕1件

○ 今まで知らなかった障害を理解すること、家族として受け入れること等、きょうだいと結婚する方もすごく大変である。結婚するまでに、私も私の家族も、大変な心の苦労があった。結婚してからも、心身ともに楽ではない現実もある。

☆障害者のきょうだいに関する(意識・実態)調査報告(概要)(平成9年)は、こちら をご覧ください。
    *この中に、「結婚」に関する記事があります。



↑このページのトップへ