きこえなくても 安心して暮らしていける 地域社会をつくるために……

 私たち聴覚障がい者は、家庭・職場・教育・地域社会などあらゆる場面で、基本的人権を損なわれることなく、能力を充分に発揮して、社会参加できる環境を求めています。
 聴覚に障がいがあるなしにかかわらず、たくさんの仲間が、地域社会の中で、精神的にも、経済的にも、安心して暮らしていけるように、金沢市聴力障害者福祉協会(金沢市手話通訳・要約筆記派遣センター)では、社会への啓発活動や情報・コミュニケーション保障の整備に取り組んでいます。

当協会会員 山本睦子氏障害者自立更生等厚生労働大臣表彰を受賞

聴覚障害者の生活しやすい社会づくりに貢献した功績が認められました。
受賞を受けて金沢市長への表敬訪問をした際には「当事達が声をあげ少しずつ環境を変えることができた。皆様の力があったから」と山本氏は感謝の気持ちを手話で語りました。

サービスメニュー

手話通訳者・要約筆記者の派遣や奉仕員養成講座、生活訓練などを行っています。
会員向けに様々な事業を行っています。


金沢市内または近郊の聴覚に障がいがある仲間が集まり作業をしています。
手話サークル、要約筆記サークル、難聴者サークルなどが活動しています。


最新情報&更新情報

2017.1.13 字幕上映について新聞で紹介されました(毎日新聞) 

2017.1.13 映画「恋妻家宮本」「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー」字幕上映情報を追加しました 

2016.12.26 1月の生活訓練日程を掲載しました

2016.12.24 映画「本能寺ホテル」「ポッピンQ」字幕上映情報を追加しました

2016.12.21 映画「土竜の唄 香港狂騒曲」「仮面ライダー 平成ジェネレーションズ」字幕上映情報を追加しました

2016.12.16 1月11日のサロンろうあ・高齢者生活教室は事前申し込みが必要です

2016.12.5 手話・字幕付きイベントページを更新しました

2016.9.16 Skype(スカイプ)で金沢市役所に連絡できるようになりました



ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る

最新情報をつぶやいています


ページのトップへ戻る